2020年04月12日

Audi正規販売店に行く

P1350462.JPG昨年中古で購入したAudi S3(2014)。
ついにディーラーに持ち込むことになりました。

故障ではありません。
サービスキャンペーンというコンピューターの
アップデート作業。
これはAudiジャパンの本社からのダイレクトメールで
作業はお近くの販売店でとありました。

サービスキャンペーンとあるけど、
これリコールに近いんじゃないかと思いました。

無料で実施するから車両を持ち込んでくださいって、
車両の登録所有者を割り出してまで通知を出すか?
それはリコールレベルでなければしないと思います。

ただしリコールとしない以上は緊急性は低いと判断。

お近くのといっても、最寄りのディーラーは
高速道路を使っても約40分かかります。

IMG_20200226_150047.jpgAudi販売店の近くを通る日程に合わせることに
したので、結局5か月が経過してから
予約を取り行ってきました。

作業を待っている間にしたのが、
次期購入車両のチェック。
特に重要だったのはQ5の車両サイズ再確認。

気になっていたのは乗り降り時の快適性です。
運転姿勢を調整するとシート高をかなりあげます。
その結果、クルマに乗るときは支障ないけど
降りるときに、地面が遠い・・・。
足がつま先しか届かない感じで、違和感。
奥さんなら、なおさら地面が遠くなる。

サイズの小さいQ3だとV6エンジンモデルがないし、
クワトロシステムもFFベースになってしまうけど、
それでもQ3のほうがいいかな。

ただしQ3もQ5も以前に試乗した奥さんの
意見によりノーマルではパワー不足で却下。
SシリーズのエンジンならOKとのこと。

ということで次期購入機種はRSQ3なのか。
2014年モデルなら2年後で200万円くらいになるかな。

IMG_20200226_152612.jpgと思っていたら、
奥さんがRS5の形がきれいで気に入ったと。
それ大きすぎるだろ。
450馬力で1400万円のプレートが・・・。

それだと、10年後で250万円くらいかな。

作業終了後、アップデートは何のためにしたのか
聞いてみたところ、接客担当者はきちんとした説明できず・・・。

適当に答えられる準備くらいしとけばいいのに。
強い興味はないのでいいけど。

といった確認をして帰ってきました。
posted by DIY建築士 at 14:58| Comment(0) | クルマのDIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。