2020年05月28日

住設機器の耐久性 ガス設備

P1150278.JPG新築後入居してから20年が経過しました。
この20年間で住設機器のなにが壊れ、
何が壊れなかったのかをまとめてみました。

別荘地なのでガスはプロパン(LPガス)です。
プロパンガス設備も不具合を起こすことも
壊れることなく20年が経過しました。

ガスの利用はキッチンのみです。
ボンベからコンロまでのガス管は
ステンレス製なので経年劣化の心配は不要です。

ガスボンベやメーターは貸与品であり
定期的に交換されるので維持管理の対処は不要です。

2018年に台風で2日間にわたる停電を経験しましたが
そういうときでもプロパンガスは支障なく使えます。
電力はレジャー用のエンジン発電機で乗り切りました。
posted by DIY建築士 at 16:54| Comment(0) | 暮らし工学研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。