2020年09月22日

天井スピーカーの黄ばみ

P1360491.JPG新築時に天井に設置したスピーカーも
築20年ということでメンテナンスを実施。

音質に劣化は全く感じませんが
外観に経年劣化が起きており
それはパネルの黄ばみです。

黄ばむと古くなった感が出ますね。
P1360493.JPG4箇所に取り付けていますが
2箇所のパネルの黄ばみが目立ちます。
最も気になるのは浴室のスピーカーで
室内に日差しが良く入るからだと思います。

よって、これは塗装をすることにしました。
パネルはちょっと少し回転させて外します。
BOSEのロゴのピンは裏側の留めを抜くと外れます。

艶消しホワイト色の缶スプレーで塗装してみました。
P1360492.JPG元々は白なので簡単に染まります。

1日間乾かして再取り付け。

白くなって新品に戻った感じ。
古ぼけた感がなくなってスッキリ。
posted by DIY建築士 at 14:28| Comment(2) | 維持管理のDIYや工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
浴室に天井スピーカーがあるだけでも驚きなのに、
それがBOSEとは、...流石ですね。
Posted by MooR at 2020年09月22日 17:02
MooRさん コメントありがとうございます。

新築時はいろいろとコストで悩みましたが
メリハリでスピーカーはBOSEを選び、
ユニットバス本体は最安価の30万円のモデルです。

20年くらいで浴室はリフォームするかなと
思ってましたが、劣化もなく不満もないので、
あと20年くらい持ちそうな気がしています。
Posted by DIY建築士 at 2020年09月22日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。