2020年10月31日

デッキの防腐処理メンテ3回目

P1360859.JPG今日は今シーズン初めての氷点下。
最低気温がマイナス1.2℃まで下がりました。

今週はウッドデッキのメンテナンスをしました。
木材防腐剤をデッキ面と根太に噴霧処理です。

7年前に全面を貼り換えた床板の防腐処理で
ホウ酸による防腐処理は初回が貼り替え時で
3年後に2回目、今回がその4年後で3回目。

今回は処理前に、傷んでいた床板部分を
10枚ほど交換しました。(床板交換時の放置していた余剰材を使用)

P1360864.JPG腐朽部分の状態はキシラデコール塗装していたころと
変わらない程度かそれ以下の傷み具合だと思います。
完璧な腐朽防止とはなっていません。

噴霧器による防腐処理は床板貼り替え前に
刷毛塗りしていたキシラデコール塗装に比べると
負担は1/10以下という感じで、とにかく楽。
準備やかたずけを含めても2時間程度で終わります。

P1360862.JPG屋根に雨どいのない軒下部分は、屋根からの夜露で
毎日のように水浸しになるせいで、4年経過時で
写真のように藻なのか緑色になりましたが
ホウ酸処理後は三日でこの緑色は消えました。

次回も4年後に再処理する予定。

なお、今回は前回購入したボロンdeガードという
処理剤セットの余りがありましたが、ネットで調べると
Amazonでも入手しにくいようなので、次回からは
ホウ酸とポリエチレングリコールを別々に購入で検討。
posted by DIY建築士 at 15:23| Comment(0) | 革命的な木材防腐処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。