2020年11月12日

ポータブル電源の保管場所

P1360853.JPG停電に対する準備はできたものの
ポータブル電源や太陽光パネルは
それなりの大きさがあるので
保管場所を検討しなければなりません。

定期的(2か月毎)なメンテナンスが
必要なので出し入れの利便性が必要です。

検討した結果、そこそこ重いので
最も利用するフロアである1階で
リビングルームにつながる和室の
押し入れの中段を保管場所にしました。

P1360856.JPGここなら立ったまま出し入れできるので
足腰にかかる負担が最低限になります。

なお、大型のリチウムバッテリーなので
万が一の自然発火や発煙などの異常が
起きる可能性も否定できません。

P1360855.JPGそれもこの大きさとなればエネルギー貯蔵量が
スマホなどとは比較にならないほど大きいので
事故となればその規模は非常に大きくなるはずです。

リスクがあるのは充電中に限られるとは思いますが、
念のため保管場所の上部に火災警報器を設置しました。
posted by DIY建築士 at 20:28| Comment(0) | DIYで災害に対する備え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。