2021年01月14日

建築士の講習で寒かった

P1370277.JPG建築士による不正トラブルが原因で
9年前に新たな義務が発生しました.
建築士定期講習というもので3年ごとです。

これは本来必要なかった講習会で
最後に試験があって1日潰れます。

受ける時期は1年間の中で自由になるのですが
今回受けたのが先月の12月で嫌な目にあいました。

それは会場となる教室の寒さ。
窓際だったのですが窓ガラスがシングルガラス。

座ってから程なくして下半身に冷気を感じ
長テーブルだったので少し窓際から離れる。
しかし効果はなく下半身が寒いまま終了まで耐えました。

今後の対策は受講する季節を変えること。

なお、久し振りに下半身の寒さを体験したことで
防寒について再考することにしました。

P1370275.JPG体脂肪率が10%前後なのでそもそも寒さに弱い。
10年以上前から涼しい季節はユニクロの
ヒートテックのタイツを使ってます。
最も安い最も薄いタイプです。

これまではこれで十分だと思ってましたが、
P1370276.JPG最も暖かい「超極暖ヒートテック」というものに
興味を持ち正月のセール価格で買ってみました。

使ってみたところ、厚手で重いけどそのぶん暖かい。
かなり暖かいかも。

これなら12月の講習会場でもいけるかも。
いや、寒い時期はもう行かない。
posted by DIY建築士 at 17:34| Comment(2) | 病気にならない生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
資格関係での定期講習義務付けられているものがたくさんありますよね、その業界団体の収入源ではと思ってしまいます。
私は、5年毎に1日(7時間程度)の義務講習ばっかりです。
特別に更新テストもなくただ受講だけとなると無意味だ。

受講テキストと確認テストを送ってきて、テストを提出する方がまだ、学習になるように思います。自由な時間に自宅でできるのに。
Posted by まっくんち at 2021年01月15日 06:27
まっくんちさん コメントありがとうございます。

講習の実態はモニターのビデオを見るだけで
その内容もテキストを読んでいるだけ。
質疑応答などは不可能なものです。
業界団体の収益事業になってますね。
Posted by DIY建築士 at 2021年01月15日 07:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。