2021年02月07日

楽天モバイルでゼロSIM?

P1330426.JPGデータ通信が月に500MBまでは無料利用できていた
ソニーの0SIM(ゼロシム)は昨年の8月で終了しました。

先日知ったのが楽天モバイルの新プランで
データ通信と音声通信が両方とも無料のプラン。

データ通信が1GBまでなら無料で
音声電話はアプリを使うことで国内通話は無料。
契約時の料金も解約時の料金も無料。
完全にゼロ円を実現したのか。

データ通信が1GBで十分ならば最安は間違いなし。
1GBを超えても3GBまで月額980円だから最安か?
契約しなければ損する状況?

これは楽天のボランティアかと思える状態ですが
YOUTUBEで調べてみると、楽天経済圏への新規加入者を
集める手段としての意味合いが強いらしく、
さらに楽天のポイント付与システムを改悪することで
楽天モバイルの損失に対処している模様。

いずれにしても、これを使うことにリスクはありません。

なお、データ通信が1GBを超える場合や居住エリアによっては
使用する基地局による速度や通信品質などのデメリットもあります。
「楽天モバイルの落とし穴」などでYOUTUBEを検索すれば
よくわかります。

わが家の場合は夫婦ともに、全ての落とし穴に該当することなく
使えそうなので申し込んでみました。

スマホ本体との特売セットもありますが既にスペアを
準備した現状では不要なのでSIM単体での申し込み。

なお月額無料なのは1人1枚までで2枚目からは月額980円です。
よって夫婦別々に申し込みです。

現在使用しているスマホは2枚のSIMを同時にセットできるので
従来通り使えるかを不安なく試すことができます。

なお、楽天モバイル自体の将来性がわからないので
いきなりメインのSIMとするのはやめたほうが無難です。
自身の使用圏内での使い勝手を試すことと楽天モバイルの
先行きが見えてからでないとリスクが残ります。

よって、このプランに乗り換えてスマホ通信料の無料化を
実行するのでなく、1台のスマホに2枚のSIMで併用したり
タブレット端末等のセカンドSIMの無料化を実現するような
補助的な利用にとどまる加入者が多い気がします。
posted by DIY建築士 at 16:21| Comment(2) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1円スマホ・1年無料のRakuten mini保有、当初は1年後解約予定でしたが、0円継続の予定です。低速高速モードや楽天エリア・パートナーエリアに関わらず、データ通信量の課金対象となるとのことなので、電話とSMS並びにお財布携帯限定利用とし、メインスマホには、HISモバイルのビタップラン180円で低速モードでの運用を考えています。

外出時は、もともと0SIM+fusion IP電話利用のメインスマホでしたので・・、税込198円で電話もSMS利用ができるようになるので、とてもありがたい。
Posted by まっくんち at 2021年02月08日 05:57
まっくんちさん コメントありがとうございます。

スマホの2台持ちをするなら、楽天モバイルの
月額無料はほんとうにありがたいですね。

HISモバイルのビタップラン180円で100MB超えた後に
低速モードで使うという最安の手段があるんですね。
これは知りませんでした。ありがとうございます。
Posted by DIY建築士 at 2021年02月08日 07:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。