2019年07月11日

大量のニンニク

P1330816.JPG近所の方にニンニクをいただきました。
趣味で畑を借りて菜園をしている方で
えー、こんなにですかという量。

まだ泥だらけで水分が多いので、
まずは乾燥させなければいけません。

ネットで調べると2〜3週間干すらしい。
梅雨の季節なので日干しできる日は少なそう。

P1330818.JPGとりあえず初日は天日干しできましたが
梅雨の時期だからガレージでの乾燥です。

翌日ガレージに入るとガレージ内が
凄まじく、ニンニク臭くなってましたが
その臭気は1週間ほどで消えました。

その後、天気のいいときだけ
P1330820.JPG天日干しをしています。

少しは室内でも乾燥させようと
風通しのいいところを検討した結果、
レンジフードに吊るしました。

なんだかドラキュラよけのような見栄え。
P1330823.JPG照明をつけたら妙にライトアップ。

乾燥させる前のものを生ニンニクと
呼ぶそうで香りが非常に強いです。

せっかくなので、生ニンニクをスライスして
フライドガーリックを作ってみました。
IMG_20190628_175837.jpgやはり水分が多いだけあって10分ぐらい
揚げ続けてやっときつね色。

生にんにくで作ったフライドガーリックは
香りだけでなく辛味が強いです。
刺激成分が多いので摂取量に注意が必要です。
posted by DIY建築士 at 10:48| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

期日前投票でビックリ

P1330355.JPG町の議員選挙があり、投票日に行くのは
都合が合わないので、役場周辺に外出した際に
期日前投票を行いました。

今回は投票を予定している候補者も情報も
なにもないので投票所で選挙広報を見た上で
投票しようと考え、役場の投票窓口に直行。

受付に行くまでのアプローチには選挙公報も
掲示もないので受付で選挙公報はないのかと質問すると
どこからかドサッと持ってきて一部を手渡してくれました。
あとはエレベーターロビーの広報用の箱に入れてました。

各候補者の原稿を読むこと約10分、
投票したいと思える候補者はいませんでした。

そういう政策はやめてほしいという候補と
具体的な内容のない原稿の候補ばかり。

そういうことなので、投票はしますが白紙投票。

職員の4〜5名以外に誰もいない投票所。
全員の視線が集まる中、受付を済ませ、
投票用紙を受取り、そのまま投票箱へ投入。
白紙投票バレバレ。

部屋を出て階段を降り始めると、
後ろから追いかけてきた職員に言われました。
「投票用紙を投票箱に入れてください!」

えっ? 4〜5人いたのに投票箱に入れたのを
誰も見てなかったのか?
投票用紙を持って帰ったように全員が思ったのか?

「投票箱に入れましたよ。」
こう答えるしかありません。事実ですから。

何人も席を並べて同じ方向を向いていながら
投票行為を一人も見ていなかったという、
ルーズな選挙管理業務にビックリしました。

どこでもこんな感じなのだろうか。

そういえば、投票所の担当職員が全員遅刻して
投票できずに帰った人がいたというニュースを
見た記憶がありますが、それよりはマシかな。
posted by DIY建築士 at 19:16| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

大量の落ち葉

P1320500.JPG先週あたりから大量の落ち葉が
地面を覆うようになりました。

自宅の敷地内も全てが落ち葉で覆われた感じで、
砕石の通路部分もクルマも落ち葉だらけ。

P1320499.JPG風景として見ている分にはいいけど、
砕石の通路とかクルマの隙間とかは
いずれ清掃しなければなりません。

クルマは掃除しなくて済むようにしたいけど
クルマ用に屋根を作るのはメンテナンスと
P1320496.JPG強風対策が憂鬱になるし、ボディーカバーを
かけるのは面倒。

ガレージに車庫入れするのはもっと面倒。

結局、ベストの選択は放置ということか・・・。
posted by DIY建築士 at 17:53| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

今年の秋は暖秋?

P1320463.JPG紅葉のピークの時期のようです。
今年の秋は暖かい感じがします。

例年では10月の半ばから床暖房をほぼ毎日
使っていましたが、今年は連日床暖房という
状態にはなっていません。

日中の日差しでリビングの室温が27℃程度まで上がるので
夕方から床暖房を入れなくても寝るまで20℃以上を維持。

朝方にタイマーで床暖房を入れるとしても5時から7時まで。
これは天気予報の翌朝の最低気温で判断しています。

現時点ではこのような利用状態なので
灯油の消費量が明らかに抑えられています。

記録を見ると灯油消費量は年間1400 L が過去最低でしたが、
今年は1300 L 台になるのがほぼ確定です。

昨年と一昨年は息子の受験勉強対策で床暖房を夕方から
朝まで連続運転していたため年間1500-1600 Lでした。

灯油の価格が上がってきているのでちょっと助かる。
posted by DIY建築士 at 09:19| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

玄関前にヘビがいた

P1320128.JPG玄関前でヘビを発見。
これは昨年末に取り逃がしたヘビに似ている。
しかも太くなっているような気がする。

ヘビとネズミがいた(2017年12月

今回は隠れにくい位置に移動したので
追跡して、とりあえず撮影してみた。

これは、毒蛇のヤマカガシなのか?
もし噛まれたらすぐに病院で血清を打ってもらう必要あり。
病院まではクルマで10分程度だけど自分で運転は危ないので
近隣のお宅に病院への送迎をお願いするのが最善か?
救急車を呼ぶと余計に時間がかかるし。

P1320134.JPGどうしようか考えました。
前回見つけたときはスコップで裁断しようかと思い
押さえつけたものの、穴にに逃げ込まれましたが
今回はいけるかもしれない。

でも、よく考えたら現在は小さな子供が
危険にさらされるわけでもないし、
前回見つけた直後にはネズミを駆除した形跡もある。

もしかしたら、ネズミにガレージで冬越しされるより
ヘビを放置したほうがいいかもと考え、逃がしました。

P1320133.JPGもし、ヤマカガシだとしても臆病なヘビなので
ちょっとやそっとで攻撃されることはなく
人の気配がしたら草むらに逃げてしまいます。

でもヘビに近づくとアドレナリンが出るような気が
するのは動物としてDNAの設計通りなのだろうか。
posted by DIY建築士 at 14:07| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

太陽熱で蜂の巣を駆除 その3

P1320056.JPG1か月半にわたり太陽光を当ててきた蜂の巣。
9月半ばの時点で駆除できてません。
まだ数匹いるので駆除できたとは言えません。
右の写真が今日現在の巣の状況です。

天候により毎日とはいきませんでしたが
晴れた日は最低でも1時間は反射光を当てていました。
それも2枚以上の鏡を使って自然界にはない日射。

IR_0181.jpgサーモカメラで蜂の巣の温度を
測定したら60℃以上になっていました。

しかし長くても15分ほどで反射光が
移動して加熱が止まってしまいます。

当初は15分毎に照射角度の調整をして
連続2時間程度の連続照射をしましたが
段々と面倒になり、延べで1日2時間程度の
P1310833.JPG間欠照射になっていました。

巣の拡大を抑止できたのかもしれませんが
蜂がいなくなったわけではないので
ハッキリとした効果はわかりません。

来年同じ事態になっても面倒なのでやりません。
posted by DIY建築士 at 16:28| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

台風21号による倒木

P1320035.JPG自宅の敷地では大きな被害は
ありませんでしたが、周辺で
処理が必要な倒木を確認しました。

近いところで2本ありました。

P1320037.JPG1本は自宅の前の土地で建築物のない土地。
しかし背の高いカラマツなので先端が
隣地の建築物に倒れ掛かっていました。

別荘なので居住者はいない様子。
とりあえず管理事務所に報告しておきました。
P1320040.JPG
もう1本は道路際で電線に倒れ掛かり接触。

これは昨日の朝、通勤途中の奥さんが
気付いたので中部電力に報告しました。

ここで切断やショートが起きると
わが家も停電に巻き込まれる可能性がありそう。
P1320041.JPG
中部電力が本日14時ころ確認に来ましたが
緊急性が低いとのことで数日後の処理になるらしい。

気になるので、はやく倒木を撤去してほしい。

念のため、第2電源(12Vバッテリー)の満充電を実行。
posted by DIY建築士 at 14:51| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

台風21号通過

20180905.JPG昨日の台風はすごい風でカラマツの木が
倒れるのではという勢いで揺れていました。

今朝、周囲を見渡したところ、
倒木もなく被害はなさそう。
停電も起きませんでした。

P1320009.JPGしかし周囲全体に大きな枝や落ち葉が散乱。
後かたずけに時間がかかりそう。

とりあえず天気がいいので今日は洗濯。

今日の最低気温は15.8℃。
夏は終わったかもしれない。
posted by DIY建築士 at 11:24| Comment(2) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

かなり涼しい

P1310969.JPG昨日から気温が下がり、
昨日の最高気温は23.7℃。

そして最低気温が大きく下がり、
昨日の最低気温 10.1℃
本日の最低気温 11.9℃

朝晩はかなり涼しい。
最低室温が20℃を下回ります。
最高室温もエアコンなしで25℃以下。

デッキに出ると日なたが気持ちいい。

軒先のハチの巣に鏡の反射で日射攻撃を
まだ続けていますが最近は1日2時間程度。

状況は相変わらずで、巣に日射を当てると
蜂が出てきてざわつきます。

P1310862.JPG双眼鏡で見てみると、幼虫が暑がって
動いているようにも見えます。

そして蜂が巣に留まって羽ばたいて
冷却しているように見えます。
でも暑さに耐えかねてか10秒ほどで
巣から離脱し、また戻ってくるという感じ。

今後涼しくなっていく中で日射攻撃は
温めてやるという逆効果になるのか。

効果が不明なまま終わることになりそう。
posted by DIY建築士 at 13:24| Comment(2) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

太陽熱で蜂の巣を駆除 その2

P1310837.JPG屋根の軒先に作ったスズメバチの巣。

太陽光を当てて熱で駆除しようと
先日試してみましたが、蜂が
いなくなる様子がないまま1日が終了。

本日は照射出力を上げて攻撃してみました。
P1310835.JPG鏡を2枚にして太陽光2倍攻撃。

このあと1時間しても、いなくなる様子はなく
巣の周りで蜂が慌ただしく飛び回っています。
なんだか蜂が増えている気がする。

ではもう1枚の鏡を追加。
P1310833.JPG使わなくなり余っていた鏡を
使って太陽光3倍攻撃です。

これでどうなるか?

15分毎の反射角度合わせをするだけで
こっちが日射病になりそうな感じ。
posted by DIY建築士 at 18:29| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

太陽熱で蜂の巣を駆除

P1310791.JPG屋根の軒先にスズメバチの巣を発見。
北側で開閉できる窓はないため、
駆除するには、はしごで登っていくしかありません。

ただし高いところなので人が近づく可能性もなく
小さな子供もいないことだし危険性も低いので、
駆除の緊急性はありません。

そこで思いつきました。
P1310799.JPGミツバチの巣がスズメバチに襲われた時に
ミツバチがスズメバチを団子のように取り囲み
羽ばたいて体温を上げることでスズメバチを
駆除することを思い出しました。
熱に弱いのか?

であれば、太陽熱攻撃はどうだろう。
P1310804.JPG日の当たらないところに作り始めた巣に
太陽光を当てると蜂はどう反応するのか。

使うのはガレージにおきっぱなしに
なっていた浴室の交換した古い鏡。
少し磨いてスズメバチの巣に当ててみました。

P1310805.JPGしばらく様子を見ていましたが
いなくなる気配はなく、長期戦になりそう。

照射部分は15分ほどで外れてしまうので
15分おきに角度を修正しに行きます。
こんな時、声でタイマー起動のAmazonEchoは便利。

午前中から夕方まで10回以上は角度の修正をしているので
相当の日光を浴びせたと思うのですが、駆除できていません。

そこで明日からは2枚の鏡を使ってみようと思います。
自然界にはない2倍の太陽光でどうなるか。
まだガレージに洗面台から取り外した鏡が残っていました。

10枚の鏡とか使えば確実だと思うのですが・・・。

明日に続く。
posted by DIY建築士 at 15:26| Comment(2) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

今日は特別暑い

P1310657.JPG朝からセミがミンミン鳴いてます。
都会ほどではないにしてもやはり暑いです。

標高が1200mで地盤がほぼ土である
山林なのに、日中は外に出たくない暑さ。

2000年の移住以来、初めて気温が30℃を
超えたのが2013年7月の31.6℃で、
この土地で今までに経験した最高気温でした。

このときはエアコン設置前で、
最高室温は29.4℃まで上がりました。

P1310705.JPG本日の最高気温はそのときを超え、31.7℃でした。

現在はエアコンのおかげで建物内では
快適に過ごせるようになりました。

DIYで設置したエアコン(12畳用100V)1台で
全館冷房を行い、本日の最高室温は26℃程度、
湿度は40%前後を維持しています。
開放的な間取りなので玄関も廊下もほぼ同じ環境です。

昨日は夕方以降も暑かったので
エアコンを連続運転で就寝。(寝室ドア開放)
きっと今日も連続運転で就寝。

息子の受験勉強用にと設置したエアコンでしたが
今や自分一人でいるときも使ってしまっている。

なんか堕落しているような気もちょっとあり。
でも暑さに耐えるためにビールやジュースを1本でも
飲んだとしたらエアコンの電気代を超えるのでエコと考える。
posted by DIY建築士 at 15:33| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

トイレットペーパーの在庫

P1310665.JPG標高1200mの別荘地暮らしなので
日常生活の消耗品は多めに備蓄しています。

在庫管理は先入れ先出しが原則ですが
合理的なルールを習慣にしていなければ
新しいものを先に使ってしまいかねません。

特にかさばるトイレットペーパーなどは
あとから買ったものを奥に入れるのは面倒。

そこでトイレットペーパーは地下室と2階の
クローゼットの2ヶ所で保管することにしました。

不要な持ち物を減らす暮らしが気持ちよくなり
この数年でどんどん空きスペースが増えています。

トイレは1階2階のいずれもあるので利便性は同じ。

どちらの場所の在庫量も約1年分。
わが家の場合、1年分は100ロール程度。
18ロール入りなら6パックです。

片方の在庫がなくなったら、
使用する保管場所を切り替え。

空いたスペース側には再び1年分を補充。
これは1年以内に行えばOK。

在庫量は最大時で2年分となりますが、
特にデメリットはありません。
posted by DIY建築士 at 11:03| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

蟻コナーズDIYシステム

P1280404.JPG蟻の侵入に対処する面倒な手間から解放されました。
今シーズンで3年目なので結果が出たと判断して良さそう。

電気蚊取で蟻の侵入対策(2017年06月)

この対策を行うまでは、毎年5月ごろになると
列をなして1階の床や壁に蟻が入ってきました。

これを駆除するのは結構面倒な作業。
捕獲を始めると逃げるので急がないといけないし、
隙間に逃げ込まれるとストレス。

今日は侵入してないかなと見周るのも面倒。

従前は時期になると建物の周囲に蟻避けの白い粉末薬剤を
散布していましたが侵入を止めることはできず、
場所の特定は不明なまま。(この出費と手間は無駄なのか)

これが電気蚊取の床下タイマー運転で解消したようです。

自宅の既存品を組み合わせただけで実現できました。
実験開始から3年連続で蟻の侵入をブロックしています。

今シーズンは室内で数匹の蟻を見つけましたが
室内で単独で見つかる蟻は靴や衣服について
入ってきたのだと思ます。

以前に侵入されていた周辺部や地下室を
点検している限り一匹も確認できません。

この対策は基礎と土台にパッキンを挟み込んで
建物の室内側として設計建築された住宅なら有効だと思います。

床下換気口がある住宅の場合は実行時に塞げば効果が出るかもしれません。
メーカーサイトには「窓を開けても効きめが持続します。」とあります。

この対策にかかる費用は、電気蚊取の薬剤ボトルと電気代。
試算してみたら年間(1シーズン)費用は以下のとおり。

薬剤ボトル 1本500円として年間費用は約250円。
効果持続期間 1日12時間使用で60日(延べ約720時間)
1日5時間だと144日分でシーズンに2か月使ったとして約2年もつ。

電気代 消費電力3Wで計算すると年間費用は約25円。
3Wを5時間 x 60日 で計算(1kWh単価 27円)

本体表示の消費電力は5Wですが、電源投入直後は
10Wをオーバーして、急激に下降して数分後には、
2W台前半で安定するとのWEB情報から3Wで計算しました。

蟻用の殺虫スプレーや駆除用の粉末薬剤を買うより安いし、
なんといっても、駆除の手間から解放されたのがうれしい。
クリーンに感じるし、ゴミも小さいボトルだけで環境にやさしい。

なお、蟻にも優しい。
このシステムでは、たぶん蟻を一匹も殺していません。
でも目的は完全に果たせています。

今後の課題はどこまで運転時間を短くできるか。
posted by DIY建築士 at 14:25| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

雑草との戦い始まる

P1300891.JPG敷地の雪が融けたかと思っていたら
もう雑草が増え始めていました。

なんだか早い気がするけど
花が咲いている雑草もあるので
種を飛ばす前にできるだけ抜かなければ。

ただし、今の時期は花粉が飛んでおり
できるだけ外に出たくない。
P1300889.JPG
そこで花粉の少ない時間帯を調べてみたら
日の出ていない時間になるとのこと。
行動できそうな時間としては朝の7時までぐらいか。

しばらくは朝の時間に雑草抜きをしようかと思います。
posted by DIY建築士 at 10:52| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

暑いので扇風機

P1300886.JPG今日は外気温が21度まで上がり、
日差しを取り込んだままにしていたら
部屋の中は27℃を超えました。

窓を開ければ、涼しい風は入りますが
花粉が入るので開けたくない。

数日前から、外に出ると花粉症の症状が出るので
飛び始めたのがわかります。

よって、壁掛け扇風機を設置。
湿度は20%程度なので僅かでも気流があると
暑さを感じなくなります。最弱の運転で十分。

こんなに早く扇風機を出すのは初めてか。
posted by DIY建築士 at 17:59| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

大雪のせいか停電

P1300847.JPG昨日は積雪の影響だと思いますが
朝8時半ころに停電。

数分で復旧するかと思っていたら、
1時間、2時間と時間が過ぎていく。
倒木が電線を切ったのではと思います。
P1300738.JPG
心配だったのは冷蔵庫のアイスクリーム。
シャトレーゼでまとめ買いしたアイスが・・・。

11時過ぎにアイス専用冷凍庫内の温度計を
見たら通常で-16℃のところが-12℃に・・・。
P1300853.JPG(写真は通常時の温度)

あと数時間停電が復旧しないなら、非常用電源を
つながなければと考えていたところ、正午前に復旧。

確認のため昼食後に1個食べてみました。
P1300549.JPG板チョコモナカアイス、これすごく旨いです。
柔らかくなっておらず全く問題ありませんでした。

なお、積雪は下の方がシャーベット状で
雪かきが重く、短時間しかできないので何回も実施。

奥さんは除雪車が自宅前を通過した昼前に出勤。

P1300849.JPGゴルフGTIはとりあえず積もっていた雪を下ろして
バックで出せる状態までの雪かきで終了。

道路の雪はほとんど融けましたが
建物の北側や庭は全く融ける様子なし。
しばらくは、少しずつの雪かきが必要。
posted by DIY建築士 at 11:21| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

サウナでスマホを使う人がいた

IMG_20170810_111306.jpg先日(平日)、温泉にあるサウナ室に入ったら
スマホを使っている人がいてビックリ。

うわっ、すごいことするなと思いました。
温度・湿度・防水機能において過酷な環境。
バッテリーとか高温で大丈夫なのか?

ちらっと見えたのは、画面がヒビだらけでLINEのような画面。
ヒビが入っていてもこの環境で大丈夫なのか!

それにしても・・・。
リアルタイムで反応しなければいけない状況なのか?
それとも仕事中に温泉にいることがバレない様にか?

サウナ室の温度計を見ると85℃。
6分間の経過後、私は出たのでそれ以上の滞在を確認。
防水スマホの耐環境性能はかなり優秀とみた。

あの人は温泉で寛げていたのかな?
なんか、いろいろ大変なんだろうなと感じた。
posted by DIY建築士 at 17:05| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

昨日の積雪と低い気温

P1300464.JPG昨日朝の積雪は道路で20pほど。
予想したほど積もらなくてよかった。

でもクルマのフロントガラスは
氷でガリガリなのでお湯で溶かす。

奥さんの通勤前に除雪車は来ませんが
新雪の道路上を数百メートル走れば
除雪済みの道路に出られます。

全国的に外気温が大きく下がりましたね。
今朝の最低気温はマイナス8℃。
明日はマイナス12℃の予報です。

昨年は息子の受験勉強対策で、
夜間に床暖房を連続運転していましたが、
今シーズンは朝3時からのタイマー運転に戻しました。
よって前日の21時30分から5時間半は無暖房。

だから朝はちょっと寒い感じ。
こういう日は最低室温が14℃とかになります。
P1300474.JPG7時ごろで16℃程度。

今日は午後2時で外気温がマイナス5.6℃。
これが最高気温?

曇りがちで日射があまりなく室内もちょっと寒い。
これはきっと体脂肪が低いデメリット。
こういう時は薪ストーブが羨ましい。

マイナス10℃以下が予報される日には、
床暖房を終夜連続運転にしちゃおうかな。
うーん?これが年を取るということか。
posted by DIY建築士 at 14:10| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

積雪と氷点下6度

P1300116.JPGついに冬が来た感じ。
昨夜からの雪が少しつもりました。
今朝の最低気温はマイナス6.2℃。
13時過ぎてもまだマイナス1℃

クルマの駐車位置が建物の北側なので
終日で日陰になるため、動かさなければ
いつまでも雪をかぶったままになります。
それも放置すると氷に変わっていき解氷が困難に。

P1300117.JPGですから、いつでも使えるようにするために
少し動かして道路の日向に移動します。

これで雪は数時間で溶け落ちます。
溶けたら元の場所に戻します。

雪が降ると、これが日課になります。
ちょっと面倒。
posted by DIY建築士 at 13:16| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする