2008年07月23日

じゃがいもの収穫

P1160016.JPG収穫しました。
じゃがいも掘りです。

息子と二人で掘りましたが、
最初に引き抜いた茎の根についていた
いもを見て思わず 「えっ!これだけ?」
と言ってしまいました。

小さないもが2個付いていただけでした。

その後、周辺を掘りながら探すと次々と見つかりました。
宝探しみたいです。

息子と「あった!、あったよ!」といいながら、
ずいぶん収穫できましたが、みんな小ぶりです。

想像では、売っているような大きさのいもができると思っていましたが、
日当たりなどの影響でしょうか? 
埋めたタネいもの量と収穫した量があまり変わらないような気がします。
量ってみたら収穫は1.3kgでした。

種いもは1kgで肥料代もかかっているので、経済的にはメリットありません。
でも、土の中を手で探る収穫作業を楽しめました。

指先くらいの小さなものだけ、油で素揚げにして食べました。
塩を振って皮ごと食べられ、ホクホクですごくうまかったです。


ラベル:じゃがいも 収穫
posted by DIY建築士 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

じゃがいもの成長

P1150799.JPG4月に息子と埋めたじゃがいもの種いもは
ほとんど世話をしませんでしたが
写真のとおり育ちました。

葉の色が部分的にあせてきたので、
そろそろ収穫のようです。(妻の指示です。)

ここ数日、夕方になるとヒグラシ(せみ)の鳴き声が聞こえます。

posted by DIY建築士 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

ココアの値上げ

P1150895.JPG最近の値上げラッシュで、
いろいろな製品の価格が上がっています。
身近なところでは、ガソリン・灯油とミルクココアです。

ガソリン・灯油は仕方ないとして、
ココアが大きく値上げしています。

カフェモカを作るために毎日使う「森永ミルクココア」ですが、
従来399円で購入していたものが、いつの間にか
同じ価格で、370gから300gになっていました。
これは20%以上の値上げ率です。

こんなことをせずに、同じ内容量で値上げしてくれたほうがフェアであるしエコロジーです。
包装パッケージが従来の2割り増しで使われることになり、
それは焼却ごみになるからです。

このような値上げ方法はやはり売り上げの減少防止に効果的なのでしょうか?

もし、大きな効果があるのであれば、それは販売価格が変わっていないことで消費者に
大きな値上げを気づかせない便乗値上げと思われても仕方ないでしょう。

小さくしたパッケージを新たに作るくらいなら、「原料価格の高騰で内容量を変更しました。」
と記載するか、そのままの内容量で値上げして欲しいところです。

森永ミルクココアの原材料は50%以上が砂糖ですが、
その砂糖の価格は原油価格に連動するらしいです。
ココアの国際価格も高騰しているようなので、半年分程度の備蓄をしました。
2ヶ月に1度程度299円とかの特売になるので、その時にまとめ買いをしています。

あ、純ココアと黒糖で作るカフェモカがうまかったら、この備蓄どうしよー?
ラベル:値上げ ココア
posted by DIY建築士 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(1) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

携帯電話のセキュリティ

P1150894.JPG現在の携帯電話端末には、
USIMカードというものがセットされています。
USIMカードを差し替えれば、
他の端末を使えるようになるそうです。
と、ソフトバンクの店舗で説明を受けました。

と、いうことは落としたり置き忘れた端末からUSIMカードを
抜かれて他の端末で使われてしまうということになります。

これでは自分の端末に操作用暗証番号を設定しても
セキュリティとして不十分です。

そういうことがわかったので、USIMカードにもセキュリティを掛けることにしました。
USIMカードのPIN設定を有効にして自分の照合番号を設定します。
これで電源を入れるたびに照合番号の入力が要求さるようになりました。
これは、3回間違うとロックされ操作不能になるようです。

万が一紛失しても、これでとりあえずひと安心です。
posted by DIY建築士 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

新しい携帯電話

P1150892.JPG最寄のソフトバンクショップの方面に
行く用事ができたのでついでに機種変更してきました。

GPSの使える機種にしました。

電源を入れてから、
しばらく「Now Loading」と表示され、
操作できるようになるまでに33秒もかかります。
なんだこりゃ、パソコンかと思いました。

しかも、起動したと思ったら「圏外」と出ました。
やはり、山の中は電波が届きにくいようです。

第2世代の電波より弱いです。

数分経ったら、アンテナマークが1本立ちました。
自宅でもメールなら大丈夫そうです。

まず最初に設定するのは、キー操作ロックと
ボタンを押すと出る音や起動や終了などのメロディを止めることです。
これだけできれば初日の作業は終わりにします。

ラベル:機種変更 携帯
posted by DIY建築士 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

第2世代携帯 サービス終了

P1150834.JPGいつか来ると思っていましたが、ついに来ました。
ソフトバンクからのサービス終了通知です。

「第2世代携帯電話サービスを終了します。」
「機種変更すると10000円分の商品券プレゼント」

現在の機種は8年以上前に1円で購入したJ-PHONEの携帯電話で、
夫婦で同じものを使っていましたが、メールは可能なものの
カメラ機能もなく、WEBにはつながらない機種でした。
しかし、困ったことは特にありませんでした。

機種変更すれば、便利なことがかなりあるとは理解していますが
それで実際に生活が豊かになるという機能はないと思います。
むしろ、多機能なだけに使い方を覚えるまでの時間が時間の浪費に感じます。

ワンセグテレビは見るつもりがありませんし、
パソコンがあれば、パケット代がかかるWEB閲覧も生活に必須ではありません。
ミュージックプレーヤーは専用のもののほうが小型で電池が長時間持ちます。
カメラも小型のデジカメを持ち歩くようになったので不要です。
スケジュール管理はパソコンで一元化しないと同期するのは面倒です。

最近感じるようになったのは、
できるだけ携帯電話やインターネットに、触れなくてもいいような
暮らし、仕事、生活が理想だということです。

旅行や出張でネットがつながらなければとか、
携帯のアンテナが立つところでなければ、
という通信基盤を条件とした行動自体がストレスになります。

別になくても大丈夫という精神状態で暮らし生活できるのが理想です。
ネットが必要なのは自宅でパソコンを使うときだけという暮らしが理想です。

実際はネットで暮らし・生活・仕事・収入は大きく変わりましたが、
それが外出中や旅行中、出張中に常に必要なものではありません。

ただし、携帯電話のGPSには興味がありました。
強い必要性は感じていないので車にカーナビを付けていませんが、
安価に使えるなら使ってみたいと思っていたので、
次の携帯電話にGPSの機能があるものを選ぼうと思っていました。

これを機会に第3世代への機種変更となります。
最寄のソフトバンクは、距離約30km、車で30分です。
何かのついででなければ、行く距離ではありません。

posted by DIY建築士 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

雷(カミナリ)と電気製品

P1150794.JPG山で暮らしていると夏は雷が頻繁に鳴ります。
毎晩かと思うくらい夕立と雷が発生します。

この雷が電気製品を壊す可能性があるので、
雷ガードという製品をコンセントのあちこちに付けました。
サージ電流から機器を守るものです。

しかし、何度もやられる機器があります。
ターミナルアダプタ(TA)です。
かなり弱いです。

固定電話が使えなくなります。
しかも、こちらから掛ける用事がない限り気づきません。

「雷害リスク」という本を読んでみたら、都会でもかなりの
TAが被害を受けていることがわかりました。

この数年、毎年のようにやられていたのでネットオークションで
同じモデルを中古で10台購入し、まとめて初期設定をしました。
古い機種なので一台あたり100円から500円程度で購入できました。

これで当面はすぐに復旧できますが、最近は雷が近づくと電話線を抜いています。
そのためか、この1年はまだ壊れていません。
サージ電流が電源線ではなく、電話線から来ているような気がします。

なお、ほかの電気製品については雷で壊れたことはありません。
写真の赤く光るLEDが付いているのが雷ガード(サージプロテクター)です。

雷ガードが作用するとLEDが点灯しなくなり交換が必要らしいですが
消灯したものは8年でまだひとつもありません。
posted by DIY建築士 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

テレビを見ない生活習慣

テレビを目的なく見ている、つけっ放しにしているのは
生活習慣病だと思います。
放映内容のほとんどは暮らしに必要のない情報やCMです。

わが家では、ニュース以外はほとんど見ていませんでしたが
妻と話し合ってニュースも見ないことにしました。

数ヶ月前までは毎日夜7時のNHKニュースだけは
必要だと思って見ていました。

しかし、この時間帯は家族で夕食を食べているときと
重なることが多く、家族にとっての大事な時間を
じゃまされていることを強く感じるようになりました。

習慣という行動は必要性を意識せずに継続してしまいます。
定刻に見るニュースと家族の時間とどちらが大切かを考えれば、
食事時のニュースは必要ないと気づきました。

夕食の時間は、家族で向き合って今まで以上に会話のできる
豊かな時間になりました。
特にこどもが小学生の時代にはこの習慣の影響は
大きいと感じています。

ニュースは1日数回ネットのニュースサイトを開けば十分です。

このような生活習慣なので、わが家ではテレビをほとんど見ません。

では、テレビをいつ見るのかというと
映画と録画した番組を見るとき程度です。

録画は映画を除くと建築・環境・自然科学の番組程度です。

なので、映画以外でテレビを見る時間というのは週に2〜3時間です。

テレビを極力見ないことで、不要なCMの繰り返し攻撃を
受けないで済むだけでなく、自分自身と家族にゆっくり流れる時間を
増やせるのではないでしょうか。

なお、リアルタイムで見る番組がひとつだけあります。
日曜日の夜のNHKの「ダーウィンがやってきた」という動物番組です。
これは子どものお気に入り番組で家族で見ています。
posted by DIY建築士 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

じゃがいもを埋める

R0012068a.JPG今日は、子どもとじゃがいもの種いもを
庭に埋めました。

ホームセンターで購入した種いもで、
北海道男爵という種類です。
種いもは少し芽の出たふつうのじゃがいもでした。

私は初めてでしたが、子どもは小学校で経験しています。
妻と子どもの指導のもとに、土を耕して肥料の牛ふんを混ぜて
1kgの種いもを埋めました。

大きいいもは、半分に切って埋めていいというのもはじめて知りました。
全部で10個程度でしたが、収穫時にはどのくらいに増えているのでしょうか。

収穫後の料理が楽しみです。
posted by DIY建築士 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

冬の暮らし

P1150241a.JPG標高が高いこともあり、
厳寒期はマイナス15度程度まで下がります。

このような地域に建てた住宅でも、
住宅の設計を工夫しておくとことで、
都会の住宅と変わることなく生活できます。

そうでない場合は水道管を凍結させないための
凍結防止ヒーターの終日通電や水道管などの水抜き、
いろいろな不便や無駄なエネルギーの消費が発生してしまいます。

我が家では、9月から翌年の4月まで約8ヶ月暖房が必要です。
暖房を使わない季節は一年に4ヶ月しかないことになります。

その反面、夏は快適でエアコンなしで暮らせます。
エアコンは設置しておらず、扇風機だけ使っています。
ラベル:凍結
posted by DIY建築士 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

子どもの通学手段

R0011775a.JPG別荘地のようなところに住むと
歩いて行けるような店舗や施設はほとんどありません。

そういう環境を望んで移り住みました。

もちろん学校も遠くなります。
ですから、子どもの送り迎えは毎日必要です。

標高の高いところですから、町に行くには標高差が
数百メートルの下り坂になり、帰りは上り坂です。

日常の移動手段にはパワーのある四輪駆動車が必要です。
都会から乗ってきた二輪駆動車は、雪が降ったら使い物にならず、
買い換えることになりました。

写真は2月の通学路の状態です。



posted by DIY建築士 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

リゾート地に暮らす

P1060142.JPG都会から離れて、森の中で家族と暮らしたくて
標高1200mの別荘地に自宅を建てました。

数年がすぎ、四季を通じた自然に対する一通りの
対処の仕方が身につきましたが、懸案事項や、
やってみたいことは尽きることがありません。

暇になったら、デッキで読書などと思っていましたが
そういった時間はほとんど取れません。

常に何かを、調べたり、探したり、作ったりの日々です。

写真は5月の状態です。

ラベル:リゾート地
posted by DIY建築士 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする