2018年07月06日

トイレットペーパーの在庫

P1310665.JPG標高1200mの別荘地暮らしなので
日常生活の消耗品は多めに備蓄しています。

在庫管理は先入れ先出しが原則ですが
合理的なルールを習慣にしていなければ
新しいものを先に使ってしまいかねません。

特にかさばるトイレットペーパーなどは
あとから買ったものを奥に入れるのは面倒。

そこでトイレットペーパーは地下室と2階の
クローゼットの2ヶ所で保管することにしました。

不要な持ち物を減らす暮らしが気持ちよくなり
この数年でどんどん空きスペースが増えています。

トイレは1階2階のいずれもあるので利便性は同じ。

どちらの場所の在庫量も約1年分。
わが家の場合、1年分は100ロール程度。
18ロール入りなら6パックです。

片方の在庫がなくなったら、
使用する保管場所を切り替え。

空いたスペース側には再び1年分を補充。
これは1年以内に行えばOK。

在庫量は最大時で2年分となりますが、
特にデメリットはありません。
posted by DIY建築士 at 11:03| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

蟻コナーズDIYシステム

P1280404.JPG蟻の侵入に対処する面倒な手間から解放されました。
今シーズンで3年目なので結果が出たと判断して良さそう。

電気蚊取で蟻の侵入対策(2017年06月)

この対策を行うまでは、毎年5月ごろになると
列をなして1階の床や壁に蟻が入ってきました。

これを駆除するのは結構面倒な作業。
捕獲を始めると逃げるので急がないといけないし、
隙間に逃げ込まれるとストレス。

今日は侵入してないかなと見周るのも面倒。

従前は時期になると建物の周囲に蟻避けの白い粉末薬剤を
散布していましたが侵入を止めることはできず、
場所の特定は不明なまま。(この出費と手間は無駄なのか)

これが電気蚊取の床下タイマー運転で解消したようです。

自宅の既存品を組み合わせただけで実現できました。
実験開始から3年連続で蟻の侵入をブロックしています。

今シーズンは室内で数匹の蟻を見つけましたが
室内で単独で見つかる蟻は靴や衣服について
入ってきたのだと思ます。

以前に侵入されていた周辺部や地下室を
点検している限り一匹も確認できません。

この対策は基礎と土台にパッキンを挟み込んで
建物の室内側として設計建築された住宅なら有効だと思います。

床下換気口がある住宅の場合は実行時に塞げば効果が出るかもしれません。
メーカーサイトには「窓を開けても効きめが持続します。」とあります。

この対策にかかる費用は、電気蚊取の薬剤ボトルと電気代。
試算してみたら年間(1シーズン)費用は以下のとおり。

薬剤ボトル 1本500円として年間費用は約250円。
効果持続期間 1日12時間使用で60日(延べ約720時間)
1日5時間だと144日分でシーズンに2か月使ったとして約2年もつ。

電気代 消費電力3Wで計算すると年間費用は約25円。
3Wを5時間 x 60日 で計算(1kWh単価 27円)

本体表示の消費電力は5Wですが、電源投入直後は
10Wをオーバーして、急激に下降して数分後には、
2W台前半で安定するとのWEB情報から3Wで計算しました。

蟻用の殺虫スプレーや駆除用の粉末薬剤を買うより安いし、
なんといっても、駆除の手間から解放されたのがうれしい。
クリーンに感じるし、ゴミも小さいボトルだけで環境にやさしい。

なお、蟻にも優しい。
このシステムでは、たぶん蟻を一匹も殺していません。
でも目的は完全に果たせています。

今後の課題はどこまで運転時間を短くできるか。
posted by DIY建築士 at 14:25| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

雑草との戦い始まる

P1300891.JPG敷地の雪が融けたかと思っていたら
もう雑草が増え始めていました。

なんだか早い気がするけど
花が咲いている雑草もあるので
種を飛ばす前にできるだけ抜かなければ。

ただし、今の時期は花粉が飛んでおり
できるだけ外に出たくない。
P1300889.JPG
そこで花粉の少ない時間帯を調べてみたら
日の出ていない時間になるとのこと。
行動できそうな時間としては朝の7時までぐらいか。

しばらくは朝の時間に雑草抜きをしようかと思います。
posted by DIY建築士 at 10:52| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

暑いので扇風機

P1300886.JPG今日は外気温が21度まで上がり、
日差しを取り込んだままにしていたら
部屋の中は27℃を超えました。

窓を開ければ、涼しい風は入りますが
花粉が入るので開けたくない。

数日前から、外に出ると花粉症の症状が出るので
飛び始めたのがわかります。

よって、壁掛け扇風機を設置。
湿度は20%程度なので僅かでも気流があると
暑さを感じなくなります。最弱の運転で十分。

こんなに早く扇風機を出すのは初めてか。
posted by DIY建築士 at 17:59| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

大雪のせいか停電

P1300847.JPG昨日は積雪の影響だと思いますが
朝8時半ころに停電。

数分で復旧するかと思っていたら、
1時間、2時間と時間が過ぎていく。
倒木が電線を切ったのではと思います。
P1300738.JPG
心配だったのは冷蔵庫のアイスクリーム。
シャトレーゼでまとめ買いしたアイスが・・・。

11時過ぎにアイス専用冷凍庫内の温度計を
見たら通常で-16℃のところが-12℃に・・・。
P1300853.JPG(写真は通常時の温度)

あと数時間停電が復旧しないなら、非常用電源を
つながなければと考えていたところ、正午前に復旧。

確認のため昼食後に1個食べてみました。
P1300549.JPG板チョコモナカアイス、これすごく旨いです。
柔らかくなっておらず全く問題ありませんでした。

なお、積雪は下の方がシャーベット状で
雪かきが重く、短時間しかできないので何回も実施。

奥さんは除雪車が自宅前を通過した昼前に出勤。

P1300849.JPGゴルフGTIはとりあえず積もっていた雪を下ろして
バックで出せる状態までの雪かきで終了。

道路の雪はほとんど融けましたが
建物の北側や庭は全く融ける様子なし。
しばらくは、少しずつの雪かきが必要。
posted by DIY建築士 at 11:21| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

サウナでスマホを使う人がいた

IMG_20170810_111306.jpg先日(平日)、温泉にあるサウナ室に入ったら
スマホを使っている人がいてビックリ。

うわっ、すごいことするなと思いました。
温度・湿度・防水機能において過酷な環境。
バッテリーとか高温で大丈夫なのか?

ちらっと見えたのは、画面がヒビだらけでLINEのような画面。
ヒビが入っていてもこの環境で大丈夫なのか!

それにしても・・・。
リアルタイムで反応しなければいけない状況なのか?
それとも仕事中に温泉にいることがバレない様にか?

サウナ室の温度計を見ると85℃。
6分間の経過後、私は出たのでそれ以上の滞在を確認。
防水スマホの耐環境性能はかなり優秀とみた。

あの人は温泉で寛げていたのかな?
なんか、いろいろ大変なんだろうなと感じた。
posted by DIY建築士 at 17:05| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

昨日の積雪と低い気温

P1300464.JPG昨日朝の積雪は道路で20pほど。
予想したほど積もらなくてよかった。

でもクルマのフロントガラスは
氷でガリガリなのでお湯で溶かす。

奥さんの通勤前に除雪車は来ませんが
新雪の道路上を数百メートル走れば
除雪済みの道路に出られます。

全国的に外気温が大きく下がりましたね。
今朝の最低気温はマイナス8℃。
明日はマイナス12℃の予報です。

昨年は息子の受験勉強対策で、
夜間に床暖房を連続運転していましたが、
今シーズンは朝3時からのタイマー運転に戻しました。
よって前日の21時30分から5時間半は無暖房。

だから朝はちょっと寒い感じ。
こういう日は最低室温が14℃とかになります。
P1300474.JPG7時ごろで16℃程度。

今日は午後2時で外気温がマイナス5.6℃。
これが最高気温?

曇りがちで日射があまりなく室内もちょっと寒い。
これはきっと体脂肪が低いデメリット。
こういう時は薪ストーブが羨ましい。

マイナス10℃以下が予報される日には、
床暖房を終夜連続運転にしちゃおうかな。
うーん?これが年を取るということか。
posted by DIY建築士 at 14:10| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

積雪と氷点下6度

P1300116.JPGついに冬が来た感じ。
昨夜からの雪が少しつもりました。
今朝の最低気温はマイナス6.2℃。
13時過ぎてもまだマイナス1℃

クルマの駐車位置が建物の北側なので
終日で日陰になるため、動かさなければ
いつまでも雪をかぶったままになります。
それも放置すると氷に変わっていき解氷が困難に。

P1300117.JPGですから、いつでも使えるようにするために
少し動かして道路の日向に移動します。

これで雪は数時間で溶け落ちます。
溶けたら元の場所に戻します。

雪が降ると、これが日課になります。
ちょっと面倒。
posted by DIY建築士 at 13:16| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

ヘビとネズミがいた

IMG_20171011_081933.jpg先日、玄関ポーチの枕木の脇で蛇を発見。
庭のホースくらいの太さで焦げ茶色。
毒蛇のヤマカガシか?

それが砕石の下から出てきたらしく、
1m以上見えているけど、隠れたつもりか
頭の部分は砕石の中に潜っている。
頭隠して尻隠さずとはこのことか。

ガレージのシャッターが開いていた状態なので
すぐにスコップを持ち出して一撃で真っ二つに
と攻撃したものの、スコップは砕石に邪魔されて
蛇を砕石の上から抑え込んでいるだけ。

10秒くらい抑え込んでいたけど、ちょっと力が緩んだ隙に
そのまま砕石の穴に逃げられてしまった。
駆除したかったのに残念。

スコップをもとの場所に戻して、枕木を振り返ってみると。

あ、ネズミが枕木の隙間から出てきた!
こんなところで冬越しの準備か。
ネズミは私と目が合った瞬間、枕木の隙間に戻ってしまった。
これは、もしかするとネズミを狙って蛇がでてきたのか。

ネズミがガレージの中に入って冬越しすると、
保存しているイモなどに被害が出るので駆除したい。

枕木の隙間から蟻駆除用のスプレーを噴射しておきました。
これで死なないとは思うけどここからいなくなればいい。

IMG_20171011_081914.jpgその翌日、ガレージに入ろうとしてビックリ。
シャッター前に、ネズミがいた。半分だけ。

これは蛇にやられたに違いない。
でもなぜ丸呑みしてないんだ?

もしかして殺虫剤の異常を感じて
途中で飲み込むのをやめたのか?

いずれにしても、ネズミは駆除できたし
蛇も狙う獲物がいなくなったので、
もうここには出てこないかも。

これでよかったのかも。
(写真はクリックすると大きくなるので閲覧注意)
posted by DIY建築士 at 08:19| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

釣り銭が嫌だから

P1290698.JPG以前は会計時に財布の小銭を大きく減らせると
かなりスッキリした気分になることがありました。

しかし数年前から店舗の支払いもネット通販同様に
ほぼカード決済になり、現金を使わなくなりました。

そうなると財布の小銭は不格好だし重いので
帰宅後に全部出すという習慣になり、
財布のコインポケットを空にしてスッキリ。

週に一回、大型スーパーの中にあるテナントの
ベーカリーで一人で朝食を食べます。
普段は朝食に果物以外を食べないので外出に伴う例外。

ここのベーカリーのサンドイッチは絶品でした。
焼きたての食パンで作るとああなるのか?

しかし数ヶ月前にテナントが入れ替わり、絶品のサンドイッチは
まあまあ美味しいサンドイッチにレベルダウン。
でも習慣を変更できずに週に1回のサンドイッチ。

この店舗は現金会計のみ。
サンドイッチの価格は消費税が外税で216円。

釣り銭の硬貨で財布が膨らむのを避けるため
サンドイッチを食べる日は財布に220円を用意してました。

先日このベーカリーのレジに、パック入りの商品は
「スーパーのレジでも精算できます」との表示あり。

これでスーパー店舗内のコーヒー飲料と合わせて
精算ができるようになり利便性が大きくアップ。

ところが翌週サンドイッチ購入時にカード払いを確認すると
「できれば現金で払ってほしいんですけど。」と言われてしまい、
店員(経営者?)の希望に沿う様に現金払いしました。

紙幣で支払ったのでお釣りの硬貨で財布はパンパン。
これは結構嫌な気分になりました。
財布は膨らんで重くなるし。コーヒーは別会計が必要だし。

再び以前の状況に戻ったわけです。
次回からは再び財布に220円の小銭を準備。
準備を忘れたらスーパーの惣菜コーナーにあるサンドイッチに変更。
いや、もう面倒だからスーパーのサンドイッチでもいいかも。

消費者の行動原理なんてこんなものかもしれません。
日本におけるカード決済利用率はまだ16%とのこと。
経営者としての気持ちはわかるけど商機を失うことにもなります。

釣り銭で財布がパンパンに膨らんでも、
ここのサンドイッチが食べたい!
という以前のレベルまで差別化をしてほしいところ。

チェックのために、たまには220円を準備してみる。
posted by DIY建築士 at 10:01| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

大きなアブ

P1280743.JPG飛んでいるときは黄色スズメバチかと思いましたが
クルマに留まったのを見た瞬間アブとわかりました。
目が緑色というか頭部が明らかにハエの仲間ですね。

アブは人間を刺して血を吸います。
スズメバチより看過できない害虫です。
ウエスで叩き落としました。

これはかなりハチに似たアブですね。
定規を当てると30mmを超えるサイズ。
P1280752.JPG
たまたま普通サイズのアブも捕獲したので
並べてみました。安全のためポリ袋の中で。 

それにしても大きい。
こんなのに刺されたくない。
posted by DIY建築士 at 21:16| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

蟻の侵入対策終了

P1280396.JPG毎年春になると住宅内に侵入してくる蟻。
一昨年までは侵入後に駆除していましたが
昨年いい方法を思いつきました。

電気蚊取で蟻の侵入対策

今年も5月上旬からタイマー運転を開始して
結果的にほぼ完ぺきの効果でした。

完全に侵入ゼロではありませんが
今シーズンは集団で侵入する蟻は確認できず、
単独行動の蟻の捕獲もシーズンで10匹程度。

そろそろ蟻侵入の時期が過ぎたので
7月15日にタイマー運転を停止しました。

その後も侵入する蟻はゼロです。

電気蚊取でのいやがらせ攻撃。
効果ありと判断しました。
posted by DIY建築士 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

電気蚊取で蟻の侵入対策

P1280404.JPG毎年5月から6月になると1階の床に蟻が入ってきます。
北面から侵入しているとは判断できますが、
ハッキリとした場所の特定は不明なまま。

侵入経路としては基礎コンクリートとボード状断熱材の
隙間や断熱材の継ぎ目を経由してくるのだと思います。
地下室内の土台周辺で確認したことが何度かありました。

入居当初は高気密高断熱である建物に蟻が列をなして
侵入することが許容できず燻煙剤(バルサン等)を使いました。

午前中にセットして夕方まで家族で外出。
この間は24時間換気を止めて最大の気密性を発揮。
これでその年は蟻の侵入を見ることはなくなります。
しかし薬剤を使うことと燻煙剤の臭いが地下室に数日残るのが
いやになり7年目でやめました。

その後10年は入ってくる蟻の捕獲だけで対処してきました。
数日捕獲を継続しているといなくなるというのがほぼ毎年のことでした。

昨年思いついたのが、いやがらせ攻撃。
駆除ではなく電気蚊取で侵入を抑止できるかどうか。
電気蚊取は殺虫成分であるピレスロイドの液がボトルに入っているタイプです。
蟻に対して殺虫効果はなくても忌避効果があればOKです。

P1280394.JPG地下室で火を使う蚊取り線香を使うのはダメですが、
電気蚊取なら臭いや安全性はもちろんのこと
作動時間のコントロールが自在にできます。

そこで昨年から床下(地下室)の侵入部分と
思われる場所で電気蚊取をタイマー運転してみました。
蟻の活動時間帯が日中だから7時から12時だけ運転。

電気蚊取もタイマーも古い余剰品を使用たので初期費用はゼロ。
なお居室で電気蚊取を使う季節には蟻対策は不要になってます。

昨年は6月23日に運用開始した後に蟻の大量侵入はありませんでした。

P1280396.JPG今年も朝の7時から12時までの運転で様子を見ていますが
現在までのところ効いている模様です。
例年なら既に多数の蟻侵入を確認する時期を過ぎていますが
1階の床周辺で、まだ数匹しか捕獲していません。
床下を見に行っても蟻の侵入している様子は確認できません。

タイマー運転を開始してから1か月以上経過しており
昨日は外気温が急激に上り26℃を越えました。
このタイミングでも蟻が入ってこないから効果ありなのかも。

蟻の侵入する時期はほぼ6月末までなので7月中旬には運用終了です。
posted by DIY建築士 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

今朝の積雪23p

P1270134.JPG昨日から降っていた雪は
今朝には止んでいましたが
積雪量は前面道路で23pもありました。

奥さんは仕事に行くようなので、
朝から二人で雪かき。

P1270136.JPG除雪車は来てませんが、数百m走れば
除雪されている道路に出られるので、奥さんは
バンパーで雪を押しながら出発していきました。

後で聞いたら、普通に前進するとのこと。
さすが3.2リットル6気筒エンジンのクワトロ。
パワーのあるクルマはいいなあ。
P1270137.JPG
ゴルフGTIはFFだからそういう楽しみ方はできない。
当面は雪に埋まってます。

今日は道路面や駐車部分の除雪作業でヘトヘト。
posted by DIY建築士 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

久しぶりに新聞を読んだら

先日いつも使っているリゾートホテルの
温水プールに行ったら水漏れ故障で臨時休業。

仕方がないのでロビーで閲覧用の新聞を読むことにしました。
久しぶりの読売新聞でしたが1時間ほど読んで気づいたこと。

それは現在の新聞は高齢者向けに作られているということ。
これは記事の内容や広告面からハッキリ感じます。

広告面は健康関連製品や各種サプリメント、
そして高齢者向けの化粧品などばかり。
取り寄せの食材広告も高齢者が好みそうな食材ばかり。
書籍の広告も癌や病気に老化関連の書籍広告が多い。
そして紙面全体に対する広告の割合がとても高く感じる。

毎日のように大々的に広告を出していれば、
ちょっと試してみるかという気持ちにさせるのでしょう。

これらの広告を見て申し込む読者層があるから成り立っているわけで
ネット検索で調査や比較をしない読者層が相当に多いのだと思います。

情報収集はWEBサイトで十分です。
posted by DIY建築士 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

今日の積雪 デッキで24p

P1260914.JPG今日は朝の時点で道路面12pの積雪。

午前中で止むと思っていたのに降り続け、
夕方には道路面16p、敷地の砕石面18p、
デッキテーブルでは24p積もりました。

奥さんは息子の送迎と通勤で出かけましたが
帰ってくるまでに道路から玄関周りまでの
雪かきをしておかなければいけません。

P1260916.JPG除雪車が前面道路を通過した後でやろうと思って
待っていたら16時過ぎてからの作業になりました。
除雪車はやはりすごい威力。
玄関回りまで何とか明るいうちに終了。

明日の最低気温はマイナス8℃らしい。
posted by DIY建築士 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

気温が下がる

P1260688.JPGここ数日気温が下がってきました。
3日前から最低気温が9.1℃、7.0℃、
そして本日は6.2℃と冷蔵庫並みになってきました。

無暖房だとリビングの室温が夜明け前に
18℃程度に下がってしまいます。
いまの時期にこれはちょっと寒い。

例年ならしばらくはこんな感じですが
今年は息子が受験勉強で毎朝4時起きで、
勉強場所はダイニングテーブル。

今年は床暖房を深夜3時から運転させて
最低室温を19℃以上で維持するようにしました。
朝6時には室温20℃になってます。
晴れる日なら7時には運転停止。

例年より床暖房の運転開始時刻が2時間ほど
早まりますが、今年は必要な環境。
数年ぶりに加湿器も稼働させるかな。

受験勉強に最適な温熱環境を維持して
悔いのないように過ごしたいと思います。(私自身の)
P1230203.JPG
昨年は11月1日に氷点下(-0.2℃)になっているので
そろそろ外水栓を水抜きバルブで開閉する時期です。

ホースをつなぎっぱなしにするため、昨年に水栓蛇口を
分岐化しましたが、これはしゃがむ動作と接続手間が
不要となって、とても快適になりました。
posted by DIY建築士 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

田んぼのリアルかかし

CIMG8243.JPGたまに通る場所にある田んぼです。

初めて見た時は「えっ!なに?」
て思いましたよ。

こちらに呼びかけている感じ。

CIMG8248.JPGリアルなカカシが・・・。

カカシというレベルではない。

誰が作っているのだろう。

アートというか作品ですね。

クルマを停めて、
CIMG8250.JPGゆっくり見せてもらいました。

躍動感といい、すばらしい。

美術館で作品を鑑賞している気分。

いいですね、こういうのは。
posted by DIY建築士 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

コンビニでカフェ

CIMG8207.JPGたまにコンビニで待ち時間を過ごすことがあります。
飲食コーナーがあるとカフェとして使えますね。

カウンター席は店舗の入口側で明るく
開放感もあり快適に読書などできますが
気を付けるべきは駐車スペースに面していることです。

今の時代ここは危険な場所ですね。
アクセルとブレーキを踏み間違えたクルマが
突っ込んで来る事故がときどき報道されています。

ですから、そういう状況を防止するために
自分が座るテーブルの前に自分のクルマを駐車します。
これで安心してカフェオレを飲みながら読書ができます。

いずれは自分自身がアクセルとブレーキを踏み間違える可能性を
心配する年齢になるのですが、そのころには衝突防止制御システムが
標準装備(義務づけ)になっているのではと思います。
または自動運転のクルマを声と画面タッチで運転している可能性も高いです。
posted by DIY建築士 at 07:37| Comment(2) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

庭にペンギン?

P1250664.JPG窓越しに庭を見ていたら
ペンギンみたいな動物を発見。

なんだあれ?

小さいペンギン?

P1250665.JPG撮影していたら動きました。

キツツキでした。
アカゲラみたいです。
posted by DIY建築士 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする