2014年02月24日

鹿がうろうろ

P1200325.JPG雪が深いので鹿も移動がしにくいようで
除雪された道路をよく使うようになっています。

ここ数日は鹿を見ることが多いです。
窓から外を見ると道路に10頭くらいが群れています。

自宅の窓からよく見えるのですが
道路上の落ち葉を食べている様子。
P1200425.JPG低木の先端(芽?)も食べています。

玄関を開けると、一斉に逃げますが
舗装路面での軽快な走りっぷりに見とれます。
ピョンピョンと飛び跳ねるような走ります。

除雪前はどこにいたのだろうか?

P1200411.JPG冬季は、クルマで走行中に
鹿をはねる事故が時々あります。
急に飛び出してくるようです。

対策は前方両サイドを注意しながら
走行のペースを落とすしかありません。
鹿でブレーキをかけるのは日常茶飯事です。

夜はヘッドライトを常時ハイビームです。
ロービームでは発見が遅すぎてブレーキが間に合いません。
posted by DIY建築士 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

クルマの雪かき ほぼ終了

P1200292.JPG大雪から1週間が経ちましたが
ようやく2台目の車が雪から出てきました。

これが三日前、
雪かきの初日はここまで。
ここまでの除雪だけでも相当な運動量になります。
大型除雪機の押し出した重い雪がクルマの前で壁になっているからです。

P1200294.JPG次の日はここまで。
フロントタイヤが見えました。
ここまで来るとスコップを使わずに
効率の悪い手のひら掘りです。
スキー手袋で泳ぐようにバサバサと
雪をかいて地面に落とします。
その落とした雪の塊をスコップで
できるだけ遠方に放り投げます。

P1200309.JPGそして次の日はここまで。
運転席はドアを開けられます。
息子がモヒカンとか言ってます。

まだ雪が重そうでタイヤハウスの隙間が
なくなっているような気が・・・。
近所の建物ではカーポートが潰れる事象が発生しています。
P1200321.JPG相当な重さだと思います。

そして、今日やっとここまで。
雪かきが終わった気がしてきました。

一応、発車できそうです。
まだテールゲートが雪に貼りついてます。
クルマを動かしてから掘ることにします。
だいぶ疲れてます。
P1200323.JPG
ずいぶん掘り出したのですが
別の方向から見ると・・・。
まだ雪に埋まっているように見えます。
来週は使えると思います。
posted by DIY建築士 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

積雪で孤立?

P1200270.JPG町に災害救助法の適用が決まったようです。
国と県の負担で町による避難所の設置や
食料配布などが行われます。

ここは標高の高い別荘地なので、入居当初から
大雪や大地震などで孤立することは想定していました。

P1200255.JPG幹線道路はすれ違えない部分があるものの、
除雪車のおかげで4輪駆動ならなんとか走行可能です。

周辺のGSではガソリンと灯油が入荷待ちだそうです。
4WDの軽自動車は2日前に満タンにしたので当面大丈夫です。

もう1台の車はFFなのでしばらく使えそうになく
外出予定を変更したのでガソリンで困ることはありません。
それ以前にクルマが埋まっていて使えません。

中学生の息子は1週間臨時休校になりました。
「詳しくはWEBで」と学校からメールが届きます。

灯油はタンクに約半分で100リットル程度あり
給湯と床暖房の利用で最短で10日間、最長で2週間分の残量です。
今後大雪にならなければ持つと予測しています。

キッチンのコンロはプロパンガスでタンク2本から供給されており
このままでも最低3か月は通常に使用できます。

インフラのリスク分散には複数の熱源を利用するのが基本です。

食料は備蓄が1か月分程度あるので心配はありません。
食料品の買い物は普段から月に数回です。
地下室コンビニ化計画の途中だったので十分な在庫があります。
緊急時には近所の方にも配布できそうです。

災害時の停電に備えて数年前に発電機も準備しました。
発電機の燃料は夜間のみ7時間の使用で約10日分あります。
クルマのタンクからガソリンを抜けば、その後も発電できます。

だんだんミニ防災基地に近づいているかもしれません。
基地・・・BASE・・・シェルター なんかいい響きです。
基地ごっこ 大人版です。

P1200274.JPG当面は、日々・・・除雪です。

意外と重要なのはコンポストまでの通路で
除雪しないと生ごみの処分に困ります。

なお、奥さんは昨日から仕事に出かけるようになりました。
クルマにスコップ積んでます。
posted by DIY建築士 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

クルマが埋まってる

4WDのekスポーツは奥さんが日々使うので
月曜日に除雪車が来た際に使用できる状態にしました。

P1200269.JPGFFのゴルフは掘り出しても道路状況により
当面は走行できそうもないので
ゆっくり積雪から掘り起こすことにしました。

除雪された雪は固まって重く、
体への負担が大きいのに加え
道路には2m程度の除雪による雪壁ができているので
それを超える高さまで雪を放り投げなければなりません。

これは思いのほか重労働で
1クールを10分程度でやめておかないと
その後にもうできなくなりそうなので
少しずつ、少しずつやってます。

P1200278.JPGでも、先延ばしするほど
雪が重くなっていきます。

今日はここまでで終了です。
1週間で掘り出せるだろうか。
posted by DIY建築士 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

積雪110pを測定

山に居住して14年ですが、ここまで積もったのは初めてです。

屋根の雪が落ちる前は何とか玄関を押し開けることができました。
今回の積雪では夜間に屋根に積もった雪が
P1200119a.JPG朝まで落ちなかったので玄関を開けることができましたが、
奥さんがガレージ前の除雪作業中に
ドドーッと屋根に積もった雪がほぼ落ちました。

先週の落雪は玄関の庇でドアから離れた方向に
落ちましたが、今回はその場所はすでに雪の壁に
なっていたので、落ちた雪は逆に玄関ドア方向に
なだれ込んできたのでした。

P1200149a.JPGその雪で玄関はビクとも開けない状態・・・。
玄関ドアのガラススリットが積雪レベルメータに。

もしかして、奥さんが落雪に埋まってしまったかと思い
2階のサッシを開けて声をかけると無事でした。

その後は奥さんが玄関前を除雪してくれたので
玄関ドアから出入りできるようになり雪かき交代。
とりあえず道路までの通路を作って雪かきは終了。

P1200212.JPGこの日に除雪車が前面道路まで来てくれると
思ってましたが夜になっても来ません。
翌朝の9時(日曜日)でもまだ来ません。
かなり手こずっているようです。
posted by DIY建築士 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

雪スコップの柄が抜ける

ここ数日、雪かきを少しずつしてたら
スノースコップの柄がすっぽ抜けました。

P1200096.JPG2本あるのでそれほど困りませんが
直せるかどうか分解してみたところ
柄が引き抜かれる方向への強度は
タッカーの針金2本だけ・・・?

購入して10年くらい経過したものですが
これじゃ、いずれ抜けるでしょという構造。
買い替えタイマーとして機能しているのか?
これで廃棄となってはあまりにもったいない。

P1200097.JPGタッカーの針が錆び折れていたので
強度の向上を兼ねてビス2本で固定しました。
これでもう抜けることはありません。

タッカーの針がステンレス素材だったら
素晴らしい耐久性を持つ製品なのにと思います。
posted by DIY建築士 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

積雪は50p

今回の積雪は昨日の時点で40p
日曜日の今朝で50pとなりました。

P1200085.JPG今回の雪は風が強かったので南側と北側で
積雪度合いにかなり差があります。

北東の風が強かったため、雪は吹き飛ばされて
南側のデッキにはほとんど雪が積もりません。
屋根も同様だったようで寄棟の南面には
積もらなかったのでデッキに落ちる
P1200081.JPG落雪もほとんどありませんでした。

それに対して北側と東側はけっこう積りました。
2階の物干しに出るサッシは開けられません。
吹き溜まっているという感じです。

そして北側の玄関が開きませんでした。
雪を少しずつ押し開けて、
P1200074.JPGとりあえず玄関ポーチだけ除雪。
土曜日の除雪はこれだけ。

あとは日曜日の午後から家族でゆっくり雪かき。
除雪車が寄せた雪の壁を崩さないと車が出せません。
最小限の雪かきで車を出せるようにして終了。

ちょっと疲れました。

P1200078.JPG写真はすべて土曜日の時点です。

東京は45年ぶりの大雪みたいですが
14年前にここに引っ越してきてからは
もっと積もったことがあるので
50p程度なら平常心でいられます。

それより20p程度の積雪でも除雪車が来ない方が影響大です。
posted by DIY建築士 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

正月の季節感は希薄

P1190734.JPG年賀状を見ていると正月を意識しますが、
テレビ(一般放送)を見ず、新聞も見ないので
正月という季節感の無い日々を過ごしています。

大晦日も家族全員22時ころに寝てしまったし・・・。
新聞の正月チラシが懐かしい。

ただし自然環境での季節感は常に感じており
毎日天気予報で明日の最低気温を確認するし、
灯油のタンクへの補給では指がかじかむし、
雪が降ると車の周囲の雪かきで大変だし、
あと2か月は毎日氷点下かなといった
季節感は十分に感じています。

正月は奥さんの作ったおせち料理を日々食べていますが
それ以外の文化的な季節感はありません。

息子が冬休みで毎日自宅にいるので曜日も不明瞭になり
モニターのタスクバーで曜日を認識しています。

タスクバーの時計を見やすくカスタマイズできる
フリーソフトの「TTClock」はとても便利です。
フォントサイズを大きくできるし、
西暦と月を外して曜日を漢字にするととても見やすいです。
Windows7の標準では文字が小さすぎます。
タスクバー.PNG
posted by DIY建築士 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

積雪で雪かき少々

P1190653.JPG今朝は敷地内で20pくらい、
前面道路で16pくらい積もりました。

奥さんは息子を乗せてekスポーツで出勤しました。
除雪車が来てないので新雪路面状態での出勤です。
バンパーで微かに雪を削りながら走りますが、
スタッドレスの4WDはスタックすることなく普通に走ります。

私の仕事として道路から玄関までを除雪しなければいけません。
真剣にやるとひどく疲れるので適当に最低限で終わらせました。
除雪作業は数日続くことを考えて体力の温存です。

デッキには積雪の2倍の量の雪が積もります。
デッキとほぼ同じ面積の屋根面(寄棟の南面)からの
落雪がすべてデッキに載るからです。

屋根は表面がフッ素樹脂塗装なので滑りがよく
積雪5p程度になるとザーッと轟音を上げて落ちます。

屋根に雪止めをつけてないので全部落ちます。
当初、玄関上だけ付けていた雪止めも切り取りました。
残って雪が固まる方が落下時に危険だからです。

屋根勾配は4.5です。(4.5/10)
勾配の角度は、tanθ=4.5/10で約24度です。

豪雪地方ではこういった素材を使えば無積雪屋根となるので
雪下ろしが不要となり落下事故も防げると思います。

P1190657.JPGこのデッキ上の雪は放置すると長期間残りますが
長期間濡れたままでも先日の防腐処理で腐らないと
予測しており、デッキの雪下ろしはしないことにしました。
ホウ酸系の防腐処理の意外な面でのメリットです。

除雪車は夕方になってもまだ来ません。
今回はこのままで来ないのかもしれません。
posted by DIY建築士 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

リコールの外壁工事 終了

P1180862.JPG3か月以上に及んだ外壁の貼り替え工事が
やっと終わり足場が撤去されました。

足場と防護シートに囲まれ、
窓から周囲が見えない建物で
暮らした3か月の生活。
工事物件の音の中で暮らす体験。
P1180897.JPGこれは想像以上のストレスでした。

室内から外の景色が見える!
これは当たり前のことですが
とても気分がいいです。
posted by DIY建築士 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

まだ鹿がいる

だいぶ暖かい日が続くようになりました。
最低気温は氷点下ですが、最高気温は連日8℃程度です。

昨日は特に日差しが強く、朝の7時半に室温18度で
床暖房の運転を止めて、昼過ぎには室温が25度まで上昇しました。
半袖でOKの室温です。

P1150806a.JPG暖かくなると鹿たちは標高の高いところに
行くようですが、まだ自宅の周辺にいます。

朝になっても庭にいて、
伐採した枝の皮をかじって食べてます。
立木の皮や芽もかじって食べます。

P1150770a.JPG夜は玄関側にもいるようで、
玄関を開けると真っ暗な中で
バサッバサッと逃げるような足音が聞こえます。

夕食後、息子が車の中に置き忘れたiPodを
取りに行こうとして、
玄関を開けてすぐ引き返してきました。

「・・・何か、いる・・・」

「鹿だよ。平気だよ。」

「こわい・・・」

中学2年生なのに・・・、意外と怖がりです。
posted by DIY建築士 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

雪かきの日々

P1150672.JPGここ数週間雪かきで疲れます。

20分程度の除雪作業を1日に数回行いますが
除雪車で除雪された雪は固く重くなっており
負荷が大きいので腕と足腰がへとへとです。

一通り終わったと思ってもまた雪が降ります。
昨日から今朝にかけても20cm程度積もりました。

毎日使う車はすぐに除雪できるものの
もう1台の車も使えるようにするには周囲と
通路部分の雪かきが必要でこれがかなりの負担です。

P1150679.JPG車が増えたことで体力をこんなに消耗するとは・・・。

4年前まで車が2台あったときはどうだったかなと
思いだしてみると・・・。
普通車の方は雪に埋まったままだったような・・・。

4WDで270馬力もあったのに・・・。
たぶんあまり乗りたいという気持ちにならなかったのだと思います。
燃費が8km/Lだったからかもしれません。
posted by DIY建築士 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

久しぶりの大雪

P1150451.JPG昨日の雪はかなり積もりました。
デッキテーブルを見ると・・・。
50cm以上積もったようです。

こんな雪でもスタッドレスタイヤを履いた4輪駆動は強いです。
軽自動車でもある程度除雪されていれば雪上を走れます。
奥さんは昨日の朝から出勤し夕方無事に帰ってきました。

しかし帰ってきたところで、自宅前から電話が・・・。
自宅前道路から玄関までが積雪で歩けない状態になっており
通路部分の雪かきが必要でした。

今日は息子を学校まで送迎しましたが、
出発時でもマイナス5℃でドアが凍っていて運転席しか開きませんでした。
通学路ではトレーラー2台が坂の途中でスタックしていました。

そんな中でも積雪路面の坂を上ってくるゴルフGTIとすれ違いました。
スタッドレスタイヤだと思いますが、
P1150450.JPGFFでも結構走るようです。
今度試してみようかと思います。

でも屋根なしの駐車場に止めたゴルフは
雪に埋もれてしまいました。
posted by DIY建築士 at 19:24| Comment(3) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

大スズメバチ捕獲

P1140954.JPG4年半ぶりにオオスズメバチを捕獲しました。

車のタイヤをスタッドレスに交換をしていたら、
ボンネットに留まっていました。

前回の捕獲は温暖な5月だったので、
オオスズメバチにはビニール袋をバリバリと
噛み千切るパワーがありましたが
今回は11月なので気温が低いためか、動きが緩慢。
比較的簡単に捕獲できました。

今回はホワイトリカー(35度)に漬けました。
これでも前回よりはちょっと小さかったです。
posted by DIY建築士 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

コーヒーを淹れるとき

P1140147.JPGドリップコーヒーを淹れるときに
ドリッパーを直接コーヒーカップに置くと
液面が見えず、注ぐ湯をストップする
タイミングがわかりません。
ドリッパーが樹脂で透明であっても
判断できるほどはよく見えません。

そのため以前はこのくらいかなと思うところで
ちょっとドリッパーを持ち上げてカップの中を見て判断していました。
これは意外と面倒でしたし、入れ過ぎてあわててドリッパーを外したり
うっかりすると溢れさせたりしたこともありました。

そこで数年前から、キッチンスケール(電子秤)を使うことにしました。
適正な湯量がカップを含む総量で何グラムになるのかを確認しておき、
ドリッパー、カップ、スプーンまで含めた総重量になるまでお湯を注げば
毎回ぴったりの量でコーヒーが仕上がります。
途中でカップ内の液面を確認する作業は不要となり
「あとどれぐらいかな?」といった迷いもありません。
面倒なようですが、やってみると意外と楽ができることを実感できます。

普段作っているのはカフェモカなので
ドリッパーを載せる前に、カップの中にはココアとアイスクリームと
スプーンが入った状態です。
コーヒー豆やココアとアイスクリームも計量して入れているので
毎回安定した仕上がりになります。
これはコーヒーショップがしていることと同じだと思います。

キッチンスケールはカウンターに出しっぱなしになりますが
すぐ使えるのでパスタやそばも計量して茹でるようになったので
ゆですぎて余るということもなくなりました。
posted by DIY建築士 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

そろそろ衣替え

P1140142.JPG先週は毎日のように雨が降り
気温が上がらないので涼しく
室温も例年ほどは上がりませんでした。

例年通りに壁掛け扇風機を月初めに
設置しましたが、まだ一度も稼働していません。

衣替えもまだしておらず、室内では長袖で過ごしており
ちょっと暑く感じると脱いでTシャツで過ごしています。
しばらくすると涼しすぎるのでまた長袖を着る繰り返しでした。

P1140144.JPGこの数日は天気が良いので、温度が上がりましたが
ここ一週間での最高気温は昨日の23℃です。
今年は暑くなるのが遅いようです。

今朝の最低気温は16.5℃、
朝8時の時点で気温18.6℃、室温23.0℃です。
午前中は窓を開けて気持ち良く過ごせる季節です。

今日は半袖のシャツを出すことにしました。
posted by DIY建築士 at 10:04| Comment(3) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

桜が見ごろ

P1120948.JPGここ数日また寒さが戻ったようで
昨日今日と明け方には気温が2℃程度に下がりました。
天気予報では明日は0℃まで下がるらしい。

しかしその前までは暖かい日が続いていたからか
周囲の桜が開花しています。
写真はお隣さんの敷地の山桜です。

P1120950.JPG標高1200mのこの地域では
ゴールデンウイーク明けが桜の見ごろかもしれません。
唐松の若い緑色の葉も一斉に芽吹いてきて、
とてもいい季節です。

そろそろ庭仕事をする季節でもあります。
posted by DIY建築士 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

フクシマのうそ

菅前首相も登場するドイツのドキュメンタリー
「フクシマのうそ」
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-546.html

これはドイツ人が警察から外人と見破られないよう
防護服を着て放射能から身を守り、
破壊した原発が立っている立ち入り禁止区域に入って
関係者から取材したドイツZDFテレビのドキュメンタリーです。

上記のブログでは、内容を文章に書き起こしてあります。

ここまでひどいことになっていたとは知りませんでした。
こういう報道こそが本当に日本国民が知るべきことだと思います。

これはNHKが製作すべきものだったと思いますが
NHKも利権の内部に取り込まれていると考えるのが妥当なようです。
民放とNHKの違いがますますわからなくなってきました。
posted by DIY建築士 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

新聞をやめてみる

これは東京で暮らしているときに実行しました。
ニュースはネットで閲覧できるし、
広告をじっくり見てしまう時間の無駄もなくなりました。

新聞を取らないということは想像以上に暮らしがスッキリします。
これは習慣的に日々新聞を置いているスペースがスッキリするだけでなく、
古新聞やチラシの保管や定期的にしなければならない束ね作業、
そして古新聞を集積所まで運搬する作業からも解放されます。
毎月の集金に対応する手間や時間もなくなります。
年間で4万円程度の購読料も他のことに使えます。

印刷物としての新聞というメディアがなくなるとは思いませんが、
インターネットや携帯電話・スマートフォンに配信される
ニュースや新聞を読む人が増えることで
紙資源や印刷に要するエネルギーも省力化していく将来が来ると思います。
新聞チラシを見て特売品を買いに行くということを懐かしむ時代が来るかもしれません。
posted by DIY建築士 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

いままでの習慣でやめたこと

P1240674.JPGやめたら、お家スッキリ!  佐光 紀子 著
モノと手間がグンと減る「楽チン生活」70のヒント

「楽チン生活」というタイトルに惹かれ、
この本を読んでいろいろと共感する面がありましたが
「習慣的にしていたことをやめる」という行動で
この本になかった事項もいろいろありました。

習慣的に行っていることや暮らし方を変えたりやめたりすることには
当初は違和感や不安やエネルギーを必要としたりすることがあります。

しかし実際にやめてみると、「何でいままでこうしなかったのだろう?」と
思うほど暮らしが楽になったり合理的になったりします。
習慣的な行動の中にもちょっとしたストレスの原因があったことに気づきます。

以下の項目は上記の書籍になかったものです。
「家の中がスッキリ」という観点からリストアップしてみました。

新聞をやめてみる
スーパーのイオン水サービスをやめてみる
弁当のシリコン製カップをやめてみる
生ごみのゴミだしをやめてみる
加湿器をやめてみる
ゆたんぽをやめてみる
利用明細書の送付をやめてみる(クレジットカードや電話)
ダイレクトメールの受け取りをやめてみる
使い捨て電池の使用をやめてみる
蔵書をやめてみる
浄水器の定期フィルター交換をやめてみる
電池交換の必要な腕時計をやめてみる
牛乳をやめてみる
ビタミンなどのサプリををやめてみる
風呂ふたをやめてみる

後日、項目ごとに詳細を書こうと思います。
ラベル:習慣
posted by DIY建築士 at 11:11| Comment(4) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする