2012年07月16日

コーヒーを淹れるとき

P1140147.JPGドリップコーヒーを淹れるときに
ドリッパーを直接コーヒーカップに置くと
液面が見えず、注ぐ湯をストップする
タイミングがわかりません。
ドリッパーが樹脂で透明であっても
判断できるほどはよく見えません。

そのため以前はこのくらいかなと思うところで
ちょっとドリッパーを持ち上げてカップの中を見て判断していました。
これは意外と面倒でしたし、入れ過ぎてあわててドリッパーを外したり
うっかりすると溢れさせたりしたこともありました。

そこで数年前から、キッチンスケール(電子秤)を使うことにしました。
適正な湯量がカップを含む総量で何グラムになるのかを確認しておき、
ドリッパー、カップ、スプーンまで含めた総重量になるまでお湯を注げば
毎回ぴったりの量でコーヒーが仕上がります。
途中でカップ内の液面を確認する作業は不要となり
「あとどれぐらいかな?」といった迷いもありません。
面倒なようですが、やってみると意外と楽ができることを実感できます。

普段作っているのはカフェモカなので
ドリッパーを載せる前に、カップの中にはココアとアイスクリームと
スプーンが入った状態です。
コーヒー豆やココアとアイスクリームも計量して入れているので
毎回安定した仕上がりになります。
これはコーヒーショップがしていることと同じだと思います。

キッチンスケールはカウンターに出しっぱなしになりますが
すぐ使えるのでパスタやそばも計量して茹でるようになったので
ゆですぎて余るということもなくなりました。
posted by DIY建築士 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

そろそろ衣替え

P1140142.JPG先週は毎日のように雨が降り
気温が上がらないので涼しく
室温も例年ほどは上がりませんでした。

例年通りに壁掛け扇風機を月初めに
設置しましたが、まだ一度も稼働していません。

衣替えもまだしておらず、室内では長袖で過ごしており
ちょっと暑く感じると脱いでTシャツで過ごしています。
しばらくすると涼しすぎるのでまた長袖を着る繰り返しでした。

P1140144.JPGこの数日は天気が良いので、温度が上がりましたが
ここ一週間での最高気温は昨日の23℃です。
今年は暑くなるのが遅いようです。

今朝の最低気温は16.5℃、
朝8時の時点で気温18.6℃、室温23.0℃です。
午前中は窓を開けて気持ち良く過ごせる季節です。

今日は半袖のシャツを出すことにしました。
posted by DIY建築士 at 10:04| Comment(3) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

桜が見ごろ

P1120948.JPGここ数日また寒さが戻ったようで
昨日今日と明け方には気温が2℃程度に下がりました。
天気予報では明日は0℃まで下がるらしい。

しかしその前までは暖かい日が続いていたからか
周囲の桜が開花しています。
写真はお隣さんの敷地の山桜です。

P1120950.JPG標高1200mのこの地域では
ゴールデンウイーク明けが桜の見ごろかもしれません。
唐松の若い緑色の葉も一斉に芽吹いてきて、
とてもいい季節です。

そろそろ庭仕事をする季節でもあります。
posted by DIY建築士 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

フクシマのうそ

菅前首相も登場するドイツのドキュメンタリー
「フクシマのうそ」
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-546.html

これはドイツ人が警察から外人と見破られないよう
防護服を着て放射能から身を守り、
破壊した原発が立っている立ち入り禁止区域に入って
関係者から取材したドイツZDFテレビのドキュメンタリーです。

上記のブログでは、内容を文章に書き起こしてあります。

ここまでひどいことになっていたとは知りませんでした。
こういう報道こそが本当に日本国民が知るべきことだと思います。

これはNHKが製作すべきものだったと思いますが
NHKも利権の内部に取り込まれていると考えるのが妥当なようです。
民放とNHKの違いがますますわからなくなってきました。
posted by DIY建築士 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

新聞をやめてみる

これは東京で暮らしているときに実行しました。
ニュースはネットで閲覧できるし、
広告をじっくり見てしまう時間の無駄もなくなりました。

新聞を取らないということは想像以上に暮らしがスッキリします。
これは習慣的に日々新聞を置いているスペースがスッキリするだけでなく、
古新聞やチラシの保管や定期的にしなければならない束ね作業、
そして古新聞を集積所まで運搬する作業からも解放されます。
毎月の集金に対応する手間や時間もなくなります。
年間で4万円程度の購読料も他のことに使えます。

印刷物としての新聞というメディアがなくなるとは思いませんが、
インターネットや携帯電話・スマートフォンに配信される
ニュースや新聞を読む人が増えることで
紙資源や印刷に要するエネルギーも省力化していく将来が来ると思います。
新聞チラシを見て特売品を買いに行くということを懐かしむ時代が来るかもしれません。
posted by DIY建築士 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

いままでの習慣でやめたこと

P1240674.JPGやめたら、お家スッキリ!  佐光 紀子 著
モノと手間がグンと減る「楽チン生活」70のヒント

「楽チン生活」というタイトルに惹かれ、
この本を読んでいろいろと共感する面がありましたが
「習慣的にしていたことをやめる」という行動で
この本になかった事項もいろいろありました。

習慣的に行っていることや暮らし方を変えたりやめたりすることには
当初は違和感や不安やエネルギーを必要としたりすることがあります。

しかし実際にやめてみると、「何でいままでこうしなかったのだろう?」と
思うほど暮らしが楽になったり合理的になったりします。
習慣的な行動の中にもちょっとしたストレスの原因があったことに気づきます。

以下の項目は上記の書籍になかったものです。
「家の中がスッキリ」という観点からリストアップしてみました。

新聞をやめてみる
スーパーのイオン水サービスをやめてみる
弁当のシリコン製カップをやめてみる
生ごみのゴミだしをやめてみる
加湿器をやめてみる
ゆたんぽをやめてみる
利用明細書の送付をやめてみる(クレジットカードや電話)
ダイレクトメールの受け取りをやめてみる
使い捨て電池の使用をやめてみる
蔵書をやめてみる
浄水器の定期フィルター交換をやめてみる
電池交換の必要な腕時計をやめてみる
牛乳をやめてみる
ビタミンなどのサプリををやめてみる
風呂ふたをやめてみる

後日、項目ごとに詳細を書こうと思います。
ラベル:習慣
posted by DIY建築士 at 11:11| Comment(4) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

やめたら、お家スッキリ!

P1060491.JPG自宅で仕事をするようになってから、
当然ですが明らかに主婦化しています。

「楽チン生活」というタイトルに惹かれ
この本を読んでみました。

やめたら、お家スッキリ!
モノと手間がグンと減る「楽チン生活」70のヒント

わが家ですでに実行していることがかなりあり
「そうだよね」と共感しながら読めました。

以下の項目はわが家ではすでに実施済でした。

お風呂用マットをやめてみる
玄関マットをやめてみる
場所別の洗剤をやめてみる
ソファをやめてみる
大掃除をやめてみる
アイロンがけをやめてみる
洗濯機のタイマーセットをやめてみる
洗濯物をたたむのをやめてみる
乾燥機をやめてみる
洗濯槽クリーナーをやめてみる
流しの三角コーナーをやめてみる
炊飯器をやめてみる

やめたら、お家スッキリ!―モノと手間がグンと減る「楽チン生活」70のヒント
posted by DIY建築士 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

今シーズン初の雪かき

P1060503a.jpg昨夜から降っていた雪が積もりました。

朝の時点で敷地内に18cm、道路上は16pです。

除雪車は来ていません。
除雪車が来ないぎりぎりの積雪量のような気がします。

P1060504.JPG最低地上高が16pの軽自動車が何とか
バンパーでラッセルせずに走れるようです。

今日は玄関から道路までの除雪でひと仕事です。
筋肉痛になる予感がします。
posted by DIY建築士 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

窓に大きい鳥が激突

年に数回、鳥が窓ガラスに激突します。
今回は大きな鳥が窓ガラスに激突してかなり大きい音がしました。

2階の浴室の窓ガラスにぶつかったのですが
余りに大きい音だったので、鳥の衝突とは思えず
2階で家具か何かが倒れたのかと思いました。

しかし、倒れるような家具は置いてないので不思議に思いながらも
2階を見に行っても何の異常もないので倒木が建物に当たったのかと思い、
外壁を見ながらデッキに回り込んだところで
デッキから立ち上がり飛び立っていく鳩らしき大きさの鳥を目撃しました。
大きい鳥だったのか!!

P1060348.JPG浴室の窓ガラスを見ると、
衝突の跡がハッキリと残っていました。
羽ばたいている状態でガラスに衝突しています。

直前で気付いて減速したような姿勢には見えません。
空が反射していることには全く気付いていないようです。
でも直前で反射している自分の姿を見ているはずです。

その後、デッキに落下して数分で回復して飛び立てる回復力にも驚きです。
そのまま死んでしまう鳥も年に1回程度います。
一度ガラスに衝突した鳥は学習するのだろうか?
posted by DIY建築士 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

プライベートプール?

CIMG7909.JPG先月から定期的にプールで泳ぐようになりました。
自宅から車で十数分で行けるプールを見つけました。

平日に行くと誰もいません。監視員もいません。
自分専用のプールのように使えます。
自宅のプールで泳いでいるような錯覚すら覚えます。

ここは温水プールの中に、温泉、スチームサウナが
あるのでかなり長い時間ゆっくりできます。
プールで泳ぐといっても、泳いでいる時間は短く
実際には温泉とスチームサウナにいるほうが長いです。

ここは東京都のある区の保養所です。
国や都から補助金が出たのか
区民税をふんだんに使っているのか豪華なリゾートホテルのようです。

平日に限って言えば人件費・光熱費などがとても無駄に使われています。
その区が財政困難になったらすぐに閉鎖されそうな気がします。
ここが閉鎖される前にたっぷりと使っておきたいと思います。

ここは、プール・温泉・スチームサウナ、全部使っても500円です。
しかもタオルは貸してくれてロッカー使用も無料です。

ここのレストランではもうすぐサマーバイキングが
始まるらしいので楽しみにしています。
posted by DIY建築士 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

蜂の季節

P1270014.JPG先月ころからハチが窓に体当たりする
コツンコツンという音が早朝からときどき聞こえます。

うるさいし気になるので、できるだけ捕獲しています。
捕獲後はウオッカのビンに入れてます。

これはセグロアシナガ蜂のようです。
posted by DIY建築士 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

日本の支援は途上国以下

阪神大震災の経験があるのに、緊急事態での法整備が
まだ準備されていなかったことに驚きました。

日本の複雑に利権のからむ規制好きな官僚機構が、
合法的な壁を緊急事態でも取り払う法律を作りません。

外国人医師団が患者の診察を申し出ても、
日本の医師免許がないので門前払いだそうです。
これは阪神大震災のときにも報道で見ました。
でも、いまだにそのままとは・・・。

海外から被災者のために薬品の寄付があったようですが、
日本の行政当局が承認していないという理由で
現地に届けることができないそうです。
輸送業者は許認可特権を持つ官僚に従わざるを得ません。

寄付された物資は地震と津波の数時間後には東京に届いたのに、
一週間経っても倉庫に眠っているそうです。

船会社が湾岸地域に救援に向かうコンテナ船を
ヘリコプターの着陸用に提供すると申し出たのに
政府は船会社に正式な資格がないことからこの提案を断ったようです。

これらのことは、なぜかアメリカの雑誌「タイム」が指摘しています。

日本という国は、こうした規制をなぜ取っ払うことができないのか
不思議ですが、さまざまな規制を取っ払うことで
不利益が発生する組織が抵抗しているのだと思います。
官僚機構と関係団体そして政治の怠慢が被災を拡大しています。

大規模な自然災害は避けることはできません。
かならずまた起こると考え、準備をしなければいけません。

せめて支援を阻害する法の改善くらいはしてほしいものです。
日本は次の選挙のことばかり考えている政治家のほうが多いのでしょうか?

被災経験のある若者が政治家になるころには改善されることを期待したいです。
posted by DIY建築士 at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

震災後10日

あれから10日過ぎました。

一番心配なのは放射線レベルです。
ガイガーカウンターの測定画像をリアルタイムで
ネット公開してくれている方がいるので、
その測定値を毎日1回チェックしています。

私がチェックしている放射線量の測定場所は東京の大田区ですが、
チェックを始めた3月16日から毎日少しずつ下がっています。
このまま下がり続けるといいのですがまだまだ心配です。

東京などの都市部で食品やトイレットペーパーなどが
手に入りにくくなっているようなので、
息子を英会話スクールに送ったついでに大きなスーパーに入ってみたら、
同じようにかなりの棚が売り切れになっていました。

やはりテレビ報道の影響でしょうか。
長野県も山梨県もガソリンと灯油が給油制限されています。

その日は、卵と納豆とジュース1リットルと油揚げだけ買って帰りました。
しばらくは買い物に行かずに、自宅の備蓄食料で暮らしていこうと思います。
水道水が問題なく使えるので、1ヶ月程度は大丈夫だと思います。

エネルギーをできるだけ使わないように、節電し、暖房を少なめにして、
車で出かけることを最小限にしていこうと思います。

テレビでニュースを見るのは震災3日目でやめました。
政府や関係機関の発表は危険度がわかりにくいし、
番組内容は繰り返しが多いし、何が本当なのかよくわかりません。
ニュースはパソコンのインターネットで十分です。

この時期の過ごし方のひとつとして、図書館で本を大量に借りました。
家族で20冊以上借りました。放射線の専門書でちょっと勉強してみます。

できるだけ静かに暮らしていこうと考えています。
でも予定していた海外旅行には行きそうです。
posted by DIY建築士 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

大震災の瞬間

関東が大揺れしたとき、出張で東京にいました。

でも、あまりに狭い場所にいたので
建物がどのように揺れていたかわかりませんでした。

とても狭かったのです。個室トイレの中だったのです。
洋式トイレに座っていたので、その揺れている状態は
特急列車や高速バスの走行中のトイレと同じ感じでした。

揺れがあんまり長く続くので、酔いそうでしたし、そのときは
地震でウォシュレットの電源止まったらいやだなと思ってました。

そこは商店街でトイレを借りるために見つけたパチンコ店の中でした。
座ったまま動きが取れない状態で、店員の声が聞こえてました。
「やばい〜!外、外っ」と叫んでいましたが、私は動けませんでした。
まだ、終わってなかったので・・・。

ビルが倒壊して、ここで発見されるのもかなりいやだなと思いましたが
何事もなかったように揺れは収まり、ウォシュレットも正常に作動しました。

そこはTOTOのウォシュレットだったので洗浄水が太くソフトに出る感じが好きです。
INAXは洗浄水が細くシャープな水流がハードに感じます。
自宅はINAXなので、いつか壊れたらTOTOのウォシュレットにしたいなと思っています。

そんなことは、どうでもよく、
あー地震で倒壊しなくてよかった!と思いながら、パチンコ店から商店街に出ると
そこらじゅうの数十人の人が、立ち止まって携帯電話をかけようとしていました。
その瞬間、これはもう基地局が混雑して繋がらないなと判断し
長野県の自宅に電話するのはやめました。
そして、次の目的地である美容室に向かったのでありました。

途中で店内が少しだけ散乱している店舗もありましたが、
訪問した美容室は全く影響を受けた様子もなく営業していたので
そのときは地震の被害はたいしたことがなさそうだなと思っていました。

その美容室では髪をカットしてもらうだけでなく、
今回は仕事としてホームページ作成ソフトの環境設定や
店舗からWEBサイトの情報を更新できるように手順を説明する作業があったのでした。

そして、その日はそこから徒歩で15分程度の実家に泊まり、
翌日、地下鉄で新宿に出てから高速バスで通常運行で帰宅しました。
東京では地震の被害をほとんど目にすることはありませんでした。
posted by DIY建築士 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

また雪が積もりました。

P1250564.JPG天気予報どおりに雪が降りました。
朝8時の時点で20cm程度積もっています。
車もバンパーが雪に埋まり始めてかけています。
除雪車が自宅前の道路まで来ていません。

予報だと夕方まで降り続けるので、
無理して行くと帰るころにはもっと積雪が多くなっていて
困ったことになることが予想されます。

今日は奥さんの出勤と息子の通学はキャンセルになりそうです。
明日は重労働の雪かきです。
posted by DIY建築士 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

寒いほどお得フェア

P1250477.JPG車で30分ほど離れた清里で
「寒いほどお得フェア」というのをやっています。

毎朝10:00の時刻の気温で、数多くの
レストランのメニューの一部が最大50%になります。

50%になる気温はマイナス5度です。

わが家の気温は10時の時点マイナス5度以下です。
清里も今日はマイナス5度以下とWEBサイトに表示されました。

今日は家族で50%引きのメニューを食べに行きます。
現在雪が降っています。朝からずっと降ってます。
除雪車はまだ自宅前まで来てません。
雪道の運転を楽しみます。

(午後に追記) 清里行き途中で中止しました。

R1235761.JPG
昼前に清里に向かいましたが、雪が深くなりそうなのと
雪で視界が悪いし、事故にあうかもしれないし、
遅い車が前にいるといつ着くかわからないということで
出発3分後に行き先を小淵沢方面に変更しました。

R1235763.JPG
小淵沢の洋食レストラン コパン(Coppin)です。
ランチセットがあるのでスープとサラダと
パンかライスが付きます。
ランチセットは1100〜1200円でした。

ここは何度か行っていますが、おいしいです。
オイルの使い方がしつこくなく安心して食べられるおいしさです。
R1235760.JPG
posted by DIY建築士 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

ホワイトクリスマス

P1250223.JPG昨日の夕方から雪が降り、
今朝はちょっと積もっていました。

デッキも庭も道路も真っ白です。

山で暮らすようになってから、
クリスマスは毎年雪が積もっているような気がします。

今朝の最低気温は-5.7℃、8時30分でも-5.1℃です。
天気予報では今日の最高温度はマイナス2度のようです。
10時現在で、日が差していますが雪が降っています。

なぜか今日は小学校は登校日です。土曜日なのに。
posted by DIY建築士 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

昨日は氷点下

昨日は急に寒くなり、朝の最低気温が−0.3℃でした。

そうなると、やっぱり車のフロントウインドウには霜が降りていて
朝の出発時にはガリガリと落とさなければならなくなりました。

例年は12月になってからタイヤ交換をしていましたが、
今年は早めにスタッドレスタイヤに交換するような気がします。

昨年は12月になってもスクーターに乗っていましたが
今シーズンは寒さでもう乗る気がしません。
posted by DIY建築士 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

床暖房 運転開始

ここ数日は晴れないので室温が上がりません。

朝のリビング室温が18℃を切るようになってしまい
ちょっと寒く感じるようになったので床暖房の運転を開始しました。

床暖房のシーズン開始時は、温水回路のヘッダーBOX(地下室)の
全回路(配管)のバルブを開きます。そしてバイパス用のバルブを閉じます。

当面は朝5時にタイマー運転を開始し、朝7時までの2時間程度の運転です。
余熱で2時間ほどは室温をキープするので、日が差せば床暖は必要なくなりますが
日が差さないと再度床暖房をONにするようです。

今日は晴れそうです。
posted by DIY建築士 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

キイロスズメバチを踏む

先日の丸太を運ぶ作業中に、
足元の地面スレスレでキイロスズメバチがホバリングしており
丸太を抱えて両手がふさがっているのでどうしようかと思いましたが、
エイッと、作業長靴を履いた足で踏みつけました。
よく考えたら、両手ふさがっている状況では危険行為でした。

P1240732.JPG即死したかと思いましたが、
ちょうど砕石の隙間に逃れたようで潰れていません。
動けないようなので、よく見ると外観上は損傷無しの様子。
生命力が強いのを知っているので、
羽に砕石を乗せて飛ばないようにしておきました。

作業をしながら時々見に行きましたが2時間たっても生きていました。

その後、忘れていたら・・・・。
奥さんが帰ってきて、
「スズメバチがなんか普通じゃない速度で飛び回っているよ。」と・・・。
まずい・・・、仲間を呼んだのか? 翌朝まで外に出るのはやめました。
posted by DIY建築士 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする