2017年06月10日

L型プラグ(電源コンセント用)

P1280349.JPG家電製品は壁のコンセントに電源コードが
常時接続しているものがかなりあります。
これがよく目につく場所の場合、壁から突出するコードが
あまり見栄えのいいものではありません。

解決策としてはプラグの向きを直角に上下や左右に
変更する変換プラグがありますがAmazonで探しても
デザイン的に納得できるものが見つからず放置されていました。

P1280348.JPG最近になって100円ショップのダイソーで発見。
商品名はL型プラグで、縦型・横型がありました。
これデザイン的にOKです。
トラッキング防止処理もしてあります。

ただし100円ショップの製品は品質的に注意が必要で、
100Vの延長コードなどはリコールも発生しています。
このL型プラグは構造が単純なのでリスクは非常に低いと判断しました。

P1280353.JPGとりあえず使いたかった場所は、固定電話の充電器。
これは洗面脱衣室の胸の高さにあるのでよく目につきます。
壁から直角に飛び出す電源ソケットが無様に感じていました。

これで壁にキッチリ寄せられます。
購入時の結束状態のままだった電源ケーブルは
目障りなので巻きなおして結束バンドで留めました。

P1280354.JPG納まりがスッキリして満足。
このほかにも使いたい場所はまだあります。
これはいくつか買っておこう。
posted by DIY建築士 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

ドライヤーハンガーの寸法

P1270440.JPG入居後、ドライヤーをホテルのように壁掛けに
するためのハンガーをとりあえず端材で自作しました。

数年様子を見て、きちんと作ろうかと思っていましたが
使い勝手がいいので16年以上継続使用中。
プロトタイプの予定が常設品になってしまいました。

使い始めてから、ドライヤー本体は寿命で
買い換えており現在使用中のものは3台目。

P1270439.JPGこのドライヤーハンガーは簡単にDIYできるので
適当な端材を使って作ってみることをお勧めしますが
参考までに寸法(mm)を記載しました。

壁固定の板 幅220 高さ85 厚さ18
ハンガー部  幅50  高さ28 奥行75

ハンガー部分は板の裏から各2本のコーススレッド留め
本体は板にビスが見えているように2本で壁に固定。

ドライヤーが乗る部分にコルクシートを貼って
置いた感じがソフトになるようにしています。

電源コードはコンセントに挿しっぱなしですが、
安全のためコンセントにスイッチを挟んで使用時だけONです。
posted by DIY建築士 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

一人なら急須は不要

P1270342.JPGわが家は緑茶を飲む習慣がありません。
夏には冷蔵庫に麦茶を常備しますが
麦茶パックを使うので急須は不要。

しかし、そば茶を飲むときには急須が必要でした。
そば茶を飲むのはここ10年くらいは
月に数回という頻度でしたが
最近になって週に数回飲むようになりました。
そうなると急須を使うことに面倒くささを感じるように。

・急須は取っ手があるので収納で場所をとる。
・デザイン的に満足感がない。
・使用後に茶殻を出しにくい。(洗いにくい)
・洗浄後に乾燥するまで乾燥庫での場所をとる。
・収納時に置き方の工夫でちょっと手間がかかる。

P1270346.JPGこんなに不満があるので、
デザインが美しく取っ手の小さい急須があれば
だいぶスッキリするのではないかと思い探してみました。

すると、Amazonで検索中にこんな製品が・・・。
こういう形があったか。
「IPOW 茶漉し ティーストレーナー ステンレス製」
カスタマーレビューもいい感じ。

毎回1杯分だけなのだからこれでいいかも。
これを試すことに決定。
P1270345.JPG
使ってみたところ、サイズはぴったりだし
茶殻は簡単に捨てられるし洗うのも簡単。

そして存在がないに等しい収納性の良さと軽さ。
使用中も洗浄後の乾燥中も場所を取らない。
これは大満足。

なお、そば茶をAmazonで探していた時にレビューで発見。
P1270347.JPGそば茶はそのまま食べてもすごくおいしい。
香ばしいあられのようで、飲むよりおいしいかも。

ルチンとかの栄養成分の取得として考えたら、
丸ごと食べるのだから茶として抽出成分を飲むより
100倍くらい効率的に思えます。

そば茶を入れるときに毎回ちょっと食べるようになりました。
posted by DIY建築士 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

ソケットの裏表が判別しにくい

P1270304.JPG充電式シェーバーの充電はほぼ週に1回。
このときに感じていたストレス。

充電スタンドに電源コードを接続するときに
ソケットの上下というか裏表を間違えること。

形状的に判別しにくいので、とりあえず
差し込んでみて挿さらないときは反転して挿す。
挿し込めないときは念のため強く押し込んで
P1270305.JPG逆であることを確認するので意外と面倒。
確率的には1/2ですが、なんかストレス。

そこで一目で裏表の判断ができるように
ソケットにマーキングすることにしました。
クルマ用のタッチアップペイントで凸部分に2本ライン。

これで挿し直しの手間は二度と起きない。
デザイン的にも損なうことなくスッキリ。
P1270307.JPG
USBケーブルも同様にコネクタ部分の
上下がわかりにくいものがあったので
判別しやすいようにコネクタ部にシールを貼りました。
これもスッキリ。

これはQOLの向上を実感できます。
posted by DIY建築士 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

ドライヤーのメンテ その2

P1270156.JPG現在使用中のヘアードライヤーは吸気口のメッシュが
細かくて、すぐに埃で目詰まりします。
本体表示に1ヶ月毎にホコリを取り除く旨の注意書きあり。

ドライヤーのメンテナンス

これは面倒ですがホコリが溜まると吸気効率が
落ちることで使用時間並びに消費電力の増大につながります。

この清掃作業を行ういいタイミングを思いつきました。

それは毎月行うタイヤの空気圧チェック時。
この時にコンプレッサーを使うので、ついでにドライヤーの
吸気口をエアーダスターガンでシュッと吹けば数秒で終わります。

これでとりあえず定期的なタイミングを見つけましたが
春から夏にかけては気温が上がるため、タイヤ空気圧のチェックでは
ちょっと抜くことになり、コンプレッサーを使うことはまずありません。

その季節はやはり粘着クリーナーでペタペタとホコリを取ることになりそう。
posted by DIY建築士 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

洗濯ハンガー劣化の原因

P1260974.JPG無印良品のアルミ角型ハンガー。

これはデザイン的に気に入っており一生使う予感あり。
旧型のデザインがネット限定商品(在庫処分?)に
なっていたので予備に買い足しておきました、

以前、ワイヤーの吊り下げ端部が切れ始めたので
そこを部分的に切り貼りして対処しました。
洗濯ハンガーの劣化 その3

その時の思ったこと。
「なんでここ切れるかなー?」
構造的に切れるような応力がかかるところではない。
ここに摩擦や動的荷重はかからない。静的荷重のみのはず。

しかしその原因がわかりました。
それは奥さんの使用法にありました。

ある日、洗濯物を干している奥さんの「痛っ!」という声が
聞こえたので現場で原因を聞いたところ、
ワイヤーの修理端部に手が触れたことが原因。

なぜここに手が触れるのか??

P1260976.JPG奥さんはハンガー全体を持ち上げるときに
ワイヤー部分を鷲掴みにしていたことが発覚。
これは想定外の使用法!
たぶん、つかみ易いからだとは感じますが、
その行動には何年も気が付かなかった。

設計者やメーカー、工学系の常識からすれば
吊り下げワイヤーに対して、そんな掴み方は思いつきません。

この掴み方だとワイヤーと吊り下げプレートとの接触部分に
偏った繰り返し荷重がかかるのでワイヤーの一部が切れ始めたのだと思います。

しかし、奥さんがそういう行動を習慣化していたのだから
これはありうることとして製品設計が必要なのかもしれません。

現状の製品では、そういう持ち方に対処できる改造や構造強化は困難なので
奥さんにその持ち方をやめてもらうことで解決となりました。

製品設計の難しさを感じます。
設計者の常識が通用しないユーザーは少なく無いと思います。
あらゆる可能性を調査検討して設計することでより良い製品になりますが
この物干しハンガーはこのままでいいと思います。
posted by DIY建築士 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

洗濯ハンガーの劣化 その4

P1260694.JPG無印良品のアルミ角型ハンガー。

購入後10年以上が経過して、劣化等で
部品を交換したり修理していますが
樹脂の接続部品がここ数か月前から
次々と破損(切断)しています。

破損が週に1個とかのペースなので、
P1260693.JPGその都度結束バンドで修理してますが、
なんだか毎週のように修理しているわけです。

この物干しハンガーはピンチの数が26個。
このまま毎週のように修理するのは面倒だなあと
感じてきた折に、無印良品のWEBサイトで
この部品の劣化対策品を発見。

P1260700.JPGピンチ部分については店舗でポリカーボネート製の
交換部品を見つけ、壊れたものから順次交換を
してきましたが、WEBサイトではフレームとの
接続部品までポリカーボネート製の交換部品が
販売されていました。

これに替えれば完ぺきではありませんか!
P1260697.JPG
そういうことで購入し、すべてのパーツを
ポリカーボネート部品に交換しました。
数が多いのでほぼ1時間ほどかかりましたが
これでもうメンテナンスフリー。

と同時に、美しくなった。

これで20年はこのまま使えるのではと思います。
P1260685.JPG
なお、すべての樹脂部品をポリカーボネート部品に
交換すると部品代が物干し全体を買い直すのと
変わらない価格になります。
(メリットはフレームを廃棄しないで済むということ。)
posted by DIY建築士 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

洗濯ハンガーの劣化 その3

P1260529.JPG無印良品のアルミ角型ハンガー。

樹脂パーツが経年劣化や紫外線劣化で
あちこちと割れたり切れたりに対処してますが
最近発見した劣化はステンレスワイヤー。
なんでここ切れるかなー?

ここが劣化するとは予想もしなかった。
このままだとワイヤー全体が切れそうです。
P1260528.JPG
これじゃ買い換えるかと一瞬思いましたが
ワイヤーを切り貼りでいいのかなと思い、
Amazonで補修パーツを検索してみたらあった。
0.8oのワイヤーとスリーブのセット。
ローコストで対処できそう。

ステンレスワイヤーセット 0.8φ×1.5m

P1260531.JPG早速、切断して繋ぎ直してみました。
使う工具はペンチだけ。
思いっきりスリーブを潰す。

引っ張っても抜けない。
完成。
posted by DIY建築士 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

洗濯ハンガーの劣化 その2

P1260284.JPG無印良品のアルミ角型ハンガー。
樹脂パーツが経年劣化や紫外線劣化で
あちこちと割れたり切れたりしますが
パーツ交換や結束バンドで復旧が可能です。
洗濯物ハンガーの劣化 その1

しかし、ここが割れたときは
ちょっと考えてしまいました。
アルミフレームへの接続部品です。

P1260286.JPGでも大丈夫。
ここも結束バンドで対処できました。
割れた部品をもとの状態に戻して
割れたままでバンドで締めるだけ。
これでビクともしない保持力。

さらに部品が割れて一部欠損していても
これぐらい残っていれば復旧可能。
これでしっかりと固定されています。
結束バンドの恐るべき固定能力。
P1260302.JPG
この部分が割れること3か所目で思いつきました。

たぶん、次々とこの部分が割れるだろうから
割れる前に結束バンドで締めておけば割れ防止となるうえ
割れても機能を維持したままでメンテナンスフリーでは?

ということで残りも全て結束バンドで締めておきました。
破損前の作業だから全部締めても数分で終了。

これで割れてからそのつど対処する手間が省けます。
これは予防医学と同様にメリットがとても大きい。

考えてみれば、当初の部品が全て使えなくなっても
結束バンドだけで復旧可能ですね。
posted by DIY建築士 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

洗濯物ハンガーの劣化

P1260278.JPG無印良品のアルミ角型ハンガー。
これはデザイン的に気に入っています。

しかし10年ほど経過したあたりから
樹脂パーツに割れが起きるようになりました。

ピンチの指でつかむ部分が割れます。
つかんだ瞬間に突然ボロッと割れます。

紫外線による劣化ですね。
割れる場所は最も応力がかかる場所なのに
大きめの穴のある形状的に弱いところ。

P1260270.JPG本体へのピンチ接続パーツも割れました。
これはハンガーごと床に落としたときに
劣化プラス衝撃で起こるようです。

直射日光を当てるのが使用目的なのだから
樹脂には過酷な使用環境です。

しかしフレームは劣化しないアルミ素材なので
これで製品寿命としてしまうのはもったいない。

P1260275.JPGピンチ部分だけなら100円ショップなどで
購入できるものに交換すれば問題ありません。
(問題になるのは色だけ)
当初はそういったものに交換していました。

昨年になって気付いたのですが、
無印良品から対策品が販売されていました。
これは紫外線劣化の対策品でポリカーボネート製だから高耐久。
店舗で見つけてその場で購入しました。

P1260273.JPG接続部分の切断は検討した結果
結束バンドで簡単に復旧できました。

これ、使い勝手には全く影響がありません。
白い結束バンドなら見た目も全く気になりません。

この対処方法であと30年でも使い続けられそう。

結束バンドって、昔はタイラップって呼んでました。
タイラップはアメリカ企業の結束バンドのブランド名だったんですね。
これは生活必需品といえる万能素材です。

無印良品のアルミ角型ハンガー
現在は樹脂パーツの素材変更で経年劣化に対処しています。
ポリプロピレンを全てポリカーボネートに変更しています。
http://www.muji.net/store/campaign/detail/C12082401
現行販売品(改良品)はこのままでたぶん20年は持ちますね。
posted by DIY建築士 at 09:26| Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

OAチェアーのキャスター壊れる

P1260126.JPG床に黒いものが落ちていたので何かと思ったら
キャスターの車輪部分が切れ落ちていました。

このチェアーには5個のキャスターがついており
1個のキャスターが双輪ホイールで構成されているので
とりあえずそのままでも使用上の影響はありません。

しかし、他の部分も同様になるのは時間の問題だと思うし
P1260127.JPGこのOAチェアーは購入して12年以上経過しているので
キャスター全部を交換することにしました。

キャスターの交換は別のOAチェアーで経験があるので
迷わず大型のウレタンキャスターをAmazonで注文。
注文前にキャスターを1度引き抜いてシャフト径が
11mmであることは要確認です。

無垢の床材とキャスター椅子(2014/1/12)
P1260128.JPG
届いたら交換は簡単、引き抜いて押しこむだけ。
車輪が2割大きくなったのでより滑らかに動くようで
転がり音が小さくなりました。

これで今度は15年くらい持つだろうか。
posted by DIY建築士 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

木製ツールワゴンの製作

P1260008.JPG先日工具の収納を見なおして
工具を使用頻度別に分けたことで
新たな解決課題が発生。

ガレージ内での置き場所に困りました。
適当な場所がなく床置きになってしまいます。
床置きでは使いにくい事この上ない。
足腰への負担も大きい。

そこでガレージによくあるツールワゴンを
購入しようと思い検索したらちょっと高いので却下。

P1260010.JPG同じようなものをDIYで作ってみました。
材料は自宅にある端材だけで揃いました。

キャスターはOAチェアの余剰品で
ウレタンタイプに交換したため余ったもの。
天板にはワンバイフォーの端材そのままを利用。

ガレージの中で移動するだけなので
強度はそれほど要求されません。
よって構造部材の接合は突き付けで斜めにコーススレッド打ち。

P1260013.JPGキャスターの接合部は直径11mmのシャフトなので
10mmのドリルで開けた穴に叩きこみました。
ドリルでの穴あけ時にちょっとコジッて広げ、
シャフトに付いていたCリングは取り除きました。

出来上がってみると、
レゴで作ったみたいな無骨なデザイン。
90mmのコーススレッドが効いていて
構造の接合部は思いのほかガッチリしている。
これで十分じゃないか。複雑に考えなくてよかった。

P1260011.JPGスプレー缶ラックも付けてみました。
これでは移動中に振動で落ちるのではと思い
落下防止の柵やバンドを考えましたが
ガレージ内であれば引き回しても
ほぼズレないことがわかり、落下防止柵は不要。

これで工具箱の置き場は解決。
posted by DIY建築士 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

デッキテーブルの更新

P1250954.JPGこのデッキテーブルは入居当時の
2000年にホームセンターで購入したもの。

16年を経過して天板の板は反りでデコボコ。
裏側が腐朽で強度低下。
脚の固定強度も低下。
P1250955.JPGねじを増し締めしてもガッチリ感が回復しない。

なんとか使用には耐えてますがそろそろ寿命。
奥さんの要望もあり改修することにしました。

劣化した部材だけを交換するつもりで
観察したら使えるのは脚の部材4本だけ。
これは改修ではなく新規製作に近い気がする。

とりあえず各部材を採寸しました。
各部材と言っても、天板部分と幕板部分のみ。

ホームセンターでサイズの近いものを
探したところ最安値で利用できるのは
ワンバイフォー材と野縁材(赤松)とでした。

ホームセンターなのでカットもお願いしました。
ワンバイフォー材は天板用に1820oを半分にカット。
野縁材を幕板用(補強部含む)に採寸しておいた
サイズにカット。

P1250960.JPG大型工作機器で1カット30円は安い。
可能な限りDIYでの切断作業を避けたくなります。
切断精度も所要時間も桁違い。とても楽々。
材料代は全部で約3600円(4回のカット代含む)。

後日、天気にいい日に組立作業。
まず幕板の膝が当たりそうな角はカンナで面取り。

P1250961.JPG幕板をビスで固定しフレームにしてから
補強材を固定。

そして天板をビス止め。
裏からビス留めすれば見栄えはいいのですが
メンテナンス性(交換)を優先して上から留めました。

次に天板のパラソル穴部分に補強用の裏貼り。
P1250963.JPGホールソーでパラソル用の穴あけ。

これに脚をビス止めして組み立て終わり。
反転させて正立させてみるとガッシリしている。
思いのほか剛性感があり満足。

最後にエッジ部分をサンドペーパーで面取りして終了。
P1250966.JPGゆっくりやっていたら2時間もかかりました。

防腐塗装については、近いうちに予定している
デッキの防腐処理(ホウ酸塩の散布)時に
同時に処理することにしました。
これで塗装作業も塗料の費用もほぼゼロです。

半年ほどで日焼けでデッキや脚部に近い色になると思います。
posted by DIY建築士 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

洗濯機が壊れた

P1250812.JPG朝の洗濯時間に奥さんから・・・。
「洗濯機が壊れた。脱水ができない。」

見に行くと、洗いの途中で停止している。
停止の原因は排水できなくなった模様。

試しに脱水のみのプログラムにすると
ジジジという音が出て排水バルブが開かない。
叩いても蹴っても動かず、水が抜けない。

P1250833.JPG20年前に購入した洗濯機なので、
寿命が近いことを予測して昨年に代替機を
購入してありましたが、壊れる前に廃棄するのは
抵抗があり、壊れるのを待っていました。

だから、壊れるまで使い切ったことを喜んでいる。
これで心置きなく新しい洗濯機に交換できる。

しかし、こういう状態での最後は予想外。
洗濯ものを取り出すだけでなく、
洗濯槽の水を汲みださなければいけない。
2階の洗面から階段を下すので水を抜かなければ無理。

いずれにしても洗濯を再開しなければいけないので、
故障を予測して昨年購入しておいた洗濯機を息子に
手伝ってもらいガレージから2階まで運ぶ。
予備の洗濯機を購入(2015年05月)

P1250814.JPGその後は家族が通勤通学で不在なので単独作業。
洗濯機から洗濯物を取り出し、洗濯槽の水を汲みだす。
淡々と作業を行い、ほぼ空になったところで移動。

設置場所の床を清掃。(大量の埃あり)

新洗濯機の排水ホース取り出し口を位置変更。
排水ホースの取り付けと排水管への接続。

P1250823.JPG洗濯機の位置決めと水平調整。
給水ホースと電源・アース接続。設置完了!

これで途中だった洗濯の再開ができ、
晴れているうちに天日干しができました。

使ってみて驚いたのは、運転音の静けさ。
音もなく滑らかに回り始める。新幹線の発進みたいに。
今の洗濯機はモーター音がしないのか。
これはかなり驚いた。
P1250822.JPG
設置後、この大きな注意シールに気付きました。
当たり前のことしか書いてないし、
エラー表示の説明なんて取扱説明書でいい。
美観を損ねているので剥がしました。

これは20年持つかな?
posted by DIY建築士 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

扇風機の警告シール

P1250606.JPG暖かくなってきたので、収納していた
壁掛け扇風機をリビングに設置。

このときに気になりました。
羽の注意シールが目障り。

製品デザイン的にダメ。
事故が起きた場合の訴訟対策なのか。
カタログや商品案内ではつけていない。
メーカーもかっこ悪いと思っているはず。

P1250621.JPG剥がすと跡が汚く残ると思い
そのままにしてありました。

しかし昨年購入した床置き式の
DC扇風機はきれいに剥がせたので
同様に注意シールを剥がしてみました。

湯で温めて粘着剤を軟化させてから
ゆっくり剥がしたら、きれいに剥がせました。
このシールは両面に貼られてます。
P1250706.JPG
剥がしてみれば、やっぱりスッキリ。

この警告ラベルに意味はあるのだろうか。
危険を伝える対象は幼児なのか。
回転中は見えない。
停止中は危険性がない。
posted by DIY建築士 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

洗面に電波時計

奥さんが朝の出発時にたまに出遅れます。

数分なのですが出遅れた場合には、息子を送る駅を一つ先の駅に
変更することで同じ電車に乗れるように経路変更します。

駅までの所要時間はほぼ同じで、これで通学には支障は出ません。

しかし、その駅から奥さんの職場に向かうのに15分程度余計にかかります。
これは時間の無駄です。

クルマの走行距離は約2倍になり、余計に走行する距離は
約7qでガソリン1リットル弱を無駄に消費。

そこで原因の調査と対策を検討しました。

出発前にいる場所が2階の洗面なので、原因は時計の視認性ではないかと推測。

まず、時計が小さい置時計であること。
そして置き場所が洗面台の背後側なので、
振り向かないと見えない位置であること。

さらに、たまに時計が遅れたり止まっていることあり。
この置き時計、作動の信頼性がちょっとダメ。

そこで時計を常時見やすくなるように交換を計画。
正確な時間を表示させるために電波時計で検討。

P1250626.JPGAmazonでデザインとユーザーレビューから
選択したのがこれ。

岐阜の加藤木工という曲げわっぱを
作るメーカーによる天然の木材を使った
シンプルで美しいデザイン。

KATOMOKU 電波時計 連続秒針 km-33MRC
いろいろなバリエーションがあります。

寝室に隣接するので、念のため秒針のカチカチ音が
しない連続運針タイプにしました。

P1250624.JPGこれを洗面ミラーの上部に設置。
なんか存在感が大きすぎる気もする。

これで奥さんの出遅れ解消になるか?
人間工学的な対策を続けてみたいと思います。

この場所に設置したことで、洗面だけでなく
廊下からも時計が見えるようになりました。

洗面ミラーと下の棚は無印良品の製品です。
posted by DIY建築士 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

ハンドソープから騒音?

P1240276.JPGある日、奥さんからクレーム。
ほぼ毎朝、5時過ぎころに洗面所から
「ポンッ!」という音で目が覚めるとのこと。

洗面所と寝室は同じフロアなのでよく聞こえるようです。
(私はより近い部屋で寝てるが気づかなかった)

これは、ハンドソープのポンプの戻り音でした。
泡で出てくるタイプのディスペンサーです。
この時間に使うのは早朝に起きて勉強する息子。
(夜は9時半に寝てしまう)

無印良品のポンプボトルに石鹸ハンドソープを
入れていましたが、いつからかポンプがすぐに戻らずに
しばらくしてから「ポンッ!」という音とともに戻りるようになりました。

とりあえずポンプボトルを撤去して、
代わりに固形石鹸を置いて対策を検討。

ポンプの機構部の摺動抵抗を減らせば解決するのか。
ハンドソープの濃度を変更すれば防げるのか。
合成洗剤のハンドソープに変更すれば変わるのか。
再発を繰り返しながらの試行錯誤は面倒だな。
別のポンプに変更すべきなのか。

P1240275.JPGそこで思いついたのが、スプレー式のボトル。
これは使用済のカビ取りスプレーの容器ですが
これはレバー握ったら確実にすぐ戻る。
包装ラベルを取り除くと真っ白なのがいい。
100円ショップの製品です。(キャンドゥ)

ハンドソープを入れて試してみると、
ちゃんと泡状で出るので使えそう。
ただし、両手を使わなければいけません。
(操作する手で泡を受けるのは不可能)

数日使った後の息子の感想は「問題なし」とのこと。
これで騒音問題は解決。
posted by DIY建築士 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

洗濯洗剤のケース

P1240278.JPG本を読んで知ったのが洗濯洗剤の中で
最も汚れを落とすのは粉末タイプとのこと。
液体のほうが溶けやすく洗浄力が強いと
思っていたので意外でした。

これを知り、粉末タイプを復活させました。
ただし通常は液体タイプで数日に1回という頻度で使います。

ちょっと気になるのは、粉末洗剤のパッケージ。
これは使いやすい場所に置くと目障りなデザイン。

他の容器に入れ替えて、スッキリさせたいと思いつつ
無印良品でも良いケースが見つからず、
ホームセンターで探してもない。
Amazonでも見つからず。半年以上経過・・・。

P1240277.JPG先日、ついに発見。
これならいいやというレベルの容器を
ノーマークだった100円ショップで見つけました。(キャンドゥ)
これはふたが立てた状態で止まるので使い勝手がいい。
大きさにバラエティがあって希望の大きさを選べます。

ほんとうは中が見えなくなる白色があればもっと良かったけど
これでも十分スッキリしました。(スプーンも白か無色にしたい)
posted by DIY建築士 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

ジョーロの修理

P1230917.JPGこのジョーロは15年くらい前に購入したものです。
雨ざらしで太陽光に晒されていますが意外と長持ち。

先日、よく見たら経年劣化が起きており
本体上部にワレや欠けが発生していました。
ただし水を入れても強度には影響のない部分なので
使用上の支障はありません。
P1230915.JPG
それより対処すべきは水の出口の穴あき板が
たまに外れてしまうことです。
その場合でも再度パチンと押しこめば復旧しますが、
水やり中に発生するのでこれはストレス。

そこで外れないように対策を検討。
受け側にドリルで小さな穴を開けて
ワイヤーを通して固定しました。
P1230916.JPGこれで二度とはずれない。
この先数年は使えそう。

ジョーロの先のこの部分、
「ハスの実・ハス口」と呼ぶようです。
この部品だけでも販売されていますが割高です。
posted by DIY建築士 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

段ボールをAmazon化

P1230908.JPG各種スプレーや洗剤などの保管場所。

たまにしか使わないキッチン用品ですが、
さっと使える場所に置かないと不便です。

これらは冷蔵庫サイドに収納しているので
見えないように段ボールに入れていました。
毎週届く生協のカタログもここにドサッと。

しかしその段ボールがちょっと・・・。

商品名の入ったバラバラなプリント。
これは見栄えがよくありませんでした。

P1230909.JPGそこでAmazonの段ボールを切り取り、
両面テープで貼り付けてみました。

思いのほかスッキリ。
これなら見苦しくありません。
このまま10年くらい使えそうです。
posted by DIY建築士 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする