2008年09月09日

DIYで物干しスタンド

P1160460.JPG入居時にホームセンターで購入した
ステンレスのパイプの物干しスタンドを
数年間使っていましたが、
デザイン的に違和感を感じていました。

時間的余裕ができたので、
ツーバイフォーの木材と丸棒で自作しました。
これで違和感を感じなくなりました。

不思議なことに、木製の物干しスタンドは市販されていません。
屋外で使うことが前提になっているからでしょうか?
室内に置いているケースも多いと思います。

ツーバイフォーの木材で作ると意外と重いので安定性がいいです。
頻繁に移動する場合はキャスターをつけるといいと思います。
ラベル:DIY 物干し
posted by DIY建築士 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

電源コードの始末

P1160423.JPGデスクライトを使うときだけ、テーブルや座卓に
持ってくるという使い方をしています。

息子が通常勉強するところは、ダイニングテーブルです。
そのときだけデスクライトを持ってきます。
また、私がリビングで夜に読書する場合にも
デスクライトを持ってきます。
使わないときは、目に付かないところに置いています。

このように移動する場合、わずらわしく思っていたのは電源コードです。
そこで、いちいち巻いたり束ねたりしないで済むように、
必要最低限の長さになるようにリング状に束ねて、
本体に掛けられるようにしました。
コードの束は、結束バンド3本で固定しました。

これでストレス無く簡単に扱えるようになりました。
置いてある状態もスッキリしました。

このデスクライトは無印良品の製品です。
目に優しいインバータータイプでスイッチはタッチ式です。




posted by DIY建築士 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

無垢板の座卓(大)

P1160405.JPGこの数年の念願だった
無垢の木のテーブルをやっと購入しました。

天板が無垢で、デザインがシンプルで、
仕上げが自然塗装で、サイズが希望どおりで、
価格が手ごろでというものがやっと見つかりました。

WEBサイトで見つけたのは昨年の10月ですが、
何世代も使えるような家具なので仕上げやサイズについて
質問に答えてもらったりしながら、8ヶ月間保留した末に
思い切って注文しました。(注文から2ヶ月程度かかります。)
大きな家具の購入は奥さんの同意も得なければなりません。

やっぱりいいです。無垢の天板のテーブルは!

リビングの中心にあるべき存在という感じがします。
素材はタモで、テーブルをひとつ作るのに丸太を1本使ってしまうそうです。

この家具メーカーは、天然素材で無垢の家具を作るだけでなく
自然環境やエコロジーにも配慮しており、
テーブルの購入者へのプレゼントとして、
材料となった広葉樹の植樹をしてくれます。
購入後に私の名義で植林証明書が送られてきました。

こういう企業理念をとてもうれしく思います。
タモ無垢材ナチュラル家具 DOIMOI

posted by DIY建築士 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

物干しスペース

P1160379.JPG洗濯物がたまったときは、
干す場所が足りなくなることがあります。

特に、室内干しになったり、
乾く前に取り込んだりしたときは
ハンガーの掛ける場所が足りなくなることがあります。
家事をするものにとって大きなストレスになります。

そこで、バスルームのドアにバーをDIYで取り付けました。
これで写真のようにハンガーを掛けられます。

浴室は、24時間換気されているのでドアの部分には
常時空気の動きがあるため乾燥効率もいいようです。

背の高い家族がいる場合は、取り付けるバーに
頭がぶつからないか注意が必要です。
ラベル:ハンガー 物干
posted by DIY建築士 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

ハンドソープのポンプ

P1160033.JPG先日まで、ハンドソープのポンプ(泡タイプ)には
キレイキレイ(商品名)のボトルを使っていましたが、
デザインのいいものを見つけたので取り替えました。

置いてある場所の雰囲気が変わるほど品がよくなります。

さらに、デザインだけでなく使い心地もいいのです。
まず、底面積が広くなったので押したときの安定性が改善されます。

そして、すばらしいと思ったのは
泡の出るノズルが水平でなく少し下を向いているので、
ポンプを押したときに、手のひらの真ん中にソープが出てくるのです。
これだと、もし詰まって勢いよく出たときも方向は手の中になると思います。
(泡タイプは詰まることはありませんが、最後の最後でバシュッ!と出ることがあります。)

これが、こんなに気分がいいとは気づきませんでした。
人間工学的に設計されていることを感じました。

毎日何度も使うものなので、とてもいいものを見つけたことに満足しています。

この製品は無印良品新宿店で購入しました。
泡タイプでない液体タイプのボトルもあります。
バスルームのシャンプー用の大きなサイズもあるので
全部交換しました。色は3色あります。

製品名は、PET詰替ボトル・ホワイト/250ml用 



製品詳細は、以下のカテゴリーで確認できます。
商品カテゴリー > 生活雑貨 > ポーチ・ケース > 容器・ケース

レストランなど飲食店の手洗いに、こういうデザインのものがあると
店舗イメージの向上になるのは間違いありません。

飲食店の手洗いで自宅と同じ量販品のハンドソープボトルを見て、
外食気分が現実に戻されるという感覚を何度も感じたことがあります。
トイレ後の売り上げの抑制になっているかもしれません。


posted by DIY建築士 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

玄関ドアのリフォーム?

P1040262.JPG自宅の設計には玄関ホールという部分はなく
リビングキッチンに玄関があるような間取りです。

これは、住宅全体を高気密高断熱にしているため
全館の温度差なく暖房できることからの設計です。
この間取りにすると、玄関ホールの壁やドアがないので
玄関につながるキッチンやリビングを広く設計できます。

そのため、玄関ドアは、断熱気密タイプの製品を
使いましたが、デザインが工業的で真っ黒でした。
この玄関ドアはキッチンからは常時見える位置にあるので少し気になっていました。

そこで、3年前にリフォームというか化粧張りというか、
無垢の木製パネルをDIYで貼り付けてみました。

パネルは、ホームセンターで見つけた材料で厚みが11mmのレッドシダーです。

割付にちょっと悩みましたが、中央に窓があるので
そこを起点に左右に貼り進みました。

ほとんどのカット作業はホームセンターで無料で加工してもらいました。
ドアハンドル周辺部などは細かいパネルになるので自分で切りました。

見栄えが、とても良くなりました。
パネルの固定方法は両面テープですが、3年半経った今でもしっかり固定されています。

断熱性はもともと良かったので結露などありませんでしたが、
さらに断熱性が向上するのは確実なので、結露する玄関ドアにもお薦めです。
以前住んでいた東京のマンションのドアは結露してました。

P1060003.JPGリフォーム前のドアです。

真っ黒で雰囲気がありません。

高気密高断熱の性能優先ですから
新築当初は気にしませんでした。
いや、気にする余裕がなかったのかもしれません。
杉板の腰壁もあとからリフォームしています。
posted by DIY建築士 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

コンベックス(メジャー)

P1150731.JPGホームセンターでいいものを見つけました。

普通のコンベックスは、引き出すと戻ってしまいます。
戻らないようにするには
ストッパーを操作しなければなりません。

しかし、このコンベックスは逆です。(セルフロック)
引き出すと、そこで止まります。さらに引き出すこともできます。
戻すときにだけリリースボタンを操作します。

これがとても使いやすいのです。

測定するために引き出すのだから、そこで固定されるのが本来の使われ方です。
人間工学的にはこちらの構造が標準になるべきだったのではと思います。

日曜大工程度にしか使いませんが、とてもいい道具です。
posted by DIY建築士 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

木製のテープカッター

P1040001.JPG山で暮らすようになってから、
身の回りの家具や小物をできるだけ木の製品にして
暮らしたいと思うようになりました。

これは4年前に購入したテープカッターです。
オイル仕上げでしっかりとした重さがあり、
リビングに置いてもインテリアとして満足できます。

自分で作れる簡単なものは、日曜大工で作りますが
こういうものは自分では作れないので購入しました。

きっと100年後も使えるものだと思います。
カッターの刃は交換できます。

ここで購入しました。
どん工房(手作り家具・小物)
http://www.donkoubou.com/
posted by DIY建築士 at 00:54| Comment(1) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

クリアガラスを曇りガラスに

P1150728.JPG自宅の窓ガラスは全てクリア(透明)ガラスを採用しました。

別荘地なので人目を気にすることはほとんどないため
景色が見えるようにトイレもバスルームもクリアです。

しかし、妻が風呂上りにちょっと気になる窓があるということで
一部を曇りガラスのようにしました。

これは、ガラスの一部に半透明の樹脂シートを重ねるだけです。
ホームセンターで購入できるポリプロピレンシート(PPシート)を
必要な大きさに、はさみかカッターで切り、あとは両面テープで貼るだけです。
両面テープは上端一辺で十分で、下端は、木片で押さえました。

ロールスクリーンを下まで下げると、かなり暗くなりますが、
必要な部分だけを曇りガラス化することで、
クリアガラスと同様に外部光を取り込めるのでベターでした。

(2008/6/28)
その後、両面テープが干からびて利かなくなっていました。
両面テープは失敗です。
ガラスから乾いた両面テープをスクレーパーでこそぎ取るのに10分ほどかかりました。
ガラスをきれいにしてから、シートの上部も端材の木片を枠に
挟み込んで固定しました。(木片の隙間はコルクテープで調整です。)
写真は上部も木材で押さえた状態です。
posted by DIY建築士 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

木製のハンガーで統一

P1150703.JPG数年前までは、洗濯物を干すのにプラスチックの
ハンガーを使っていましたが、インテリア的に雰囲気が
よくないので業務用の木製のハンガーに変えました。
材はブナの無塗装仕上です。

購入時に必要数を数えたら、クローゼットの中に
かなりあって注文数は50本になりました。

ネットオークションで探すと1本100円程度で購入できます。

木製のハンガーで統一すると、どこに干しても品を感じます。
ラベル:木製 ハンガー
posted by DIY建築士 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

扇風機のガードは不要

P1150698a.JPGそろそろ暑くなりそうなので、
今日は壁掛け扇風機を設置(3部屋)しました。
オフシーズンは地下室に格納しています。

今までファンを覆うガードをつけていましたが、
よく考えると必要ありません。
不用意に回転中のファンに触れて怪我をすることを
防止するのが目的ですから、手の届かない天井近くに
設置している場合は心配はありません。

はずすことのメリットは以下のように複数あります。
・ガード金網の空気抵抗による動力損失の軽減。(省エネと風力アップ)
・ガード金網の空気抵抗による風切音の低減。(静音化)
・軽量化による首振り機構への負担軽減。(長寿命化)
・ガードに付くほこりを掃除する手間の削減。(時間と水の節約)
・見栄えがシンプルになり、インテリアデザイン的に改善。

今回はじめての試みですが、何もデメリットがなければいいことだらけです。
ラベル:省エネ 扇風機
posted by DIY建築士 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ドライヤーハンガー

P1150680a.JPGドライヤーを壁掛けにするための
ハンガーを自作しました。

毎日使うものなので、置く場所や出し入れで
ストレスがないように、ホテルの壁掛けの
イメージで作ってみました。

とりあえずで作ったので無骨です。
しかし、使い勝手はいいのでもう8年使っています。
P1150679a.JPG
なお、電源コードは挿しっぱなしですが、安全のため
コンセントの挿し口に中間スイッチを入れました。
このハンガーのすぐ下にコンセントがあります。

自宅に余っていた端材などを使ったので
材料費はかかってません。

参考までに部材の寸法をアップしました。
ドライヤーハンガーの寸法
ラベル:ドライヤー
posted by DIY建築士 at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ベッドサイドテーブル

P1150311a.JPG昨年、無印良品で購入したものです。

素材に無垢のタモ材を使用しています。
無垢材の家具としては購入しやすい価格です。

ウレタン樹脂塗料で仕上げていますが、
店舗で確認したところ表面がテラテラ(艶)しておらず
自然塗料仕上げのような艶のない質感だったので購入しました。

引き出しがついていて使いやすいです。

この製品はベッドのカテゴリーにあります。
MUJIネットのメンバー登録すると500円の割引券がもらえます。
店舗で使える割引券をダウンロードできるときもあります。



posted by DIY建築士 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

無垢板の座卓

P1150370.JPG読書スペースに無垢板の座卓を設置しました。
クラフト展で展示されていたものを購入しました。
ここはリビングのロフト部分になります。

座卓天板の高さは、34cmです。
ニトリで購入した低反発クッション(13cm厚)が
私の読書姿勢にぴったりであることに気づきました。
脚は前(座卓の下)に出す座り方です。

ここの窓は北側なので、直射日光は終日入らず
夕方まで一定した明るさで本が読めます。

アトリエなどは北側の窓に面した設計をします。
4月の午後5時でもこの明るさです。
posted by DIY建築士 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする