2019年09月23日

スシロー 特典で大皿

IMG_20190825_104442.jpg毎週のように夫婦で行くスシローで
ポイントがたまり、ついに大皿の
ランクまで行きました。

これはかなりうれしい。

来店回数がポイントとなるようですが
計算期間が毎年9月末でリセットされ
ゼロになってしまいます。

IMG_20190825_104452.jpgわが家の場合は、ほぼ毎週1回のペースなので
これが最大の特典となるようです。
これより高いランクもありますが
それを達成するのは不可能。

年に1回でもこれはうれしい。

IMG_20190825_104838.jpg奥さん的には好みのネタが少ないようですが
わたしはこれで満足。

真ん中のネタの下にも、
すし飯が入ってます。

この日の会計は夫婦で1000円未満でした。
posted by DIY建築士 at 08:31| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

ガーリック塩焼きそば

IMG_20190816_112612.jpgしばらく前から、カップ焼きそばで
塩焼きそばのパッケージをよく見るので
気になっていました。

今年はにんにくが大量にあるので
ガーリック塩焼きそばを試すことに。

ソース焼きそばの添付の粉末ソースは
主成分が砂糖なので糖質制限的にもベター。

IMG_20190628_175837.jpgニンニクはスライスしてごま油でフライ後に
取り出してから、麺を焼いて皿に移します。

その後、キャベツ・ピーマン・玉ねぎと
揚げかまぼこを炒めてから、麺を投入。

味付けはニンニクと塩コショウだけ。
塩はスペイン産(地中海)の天然塩。
一番上のトッピングはカニカマ。

あっさりしてシンプルな味が旨いです。
ちょっと薄味だったので塩を振りながら食べる。
いい塩は、塩のイメージが変わるくらい旨い。

このメニューは定番として決定。
posted by DIY建築士 at 08:45| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

スクランブルにガーリック

IMG_20190806_184207.jpgカレーライスを月に1回は作ります。
糖質制限をしている奥さんはご飯を食べません。
(スシローではすし飯を食べます。)

カレーのときはライスの代わりに
スクランブルエッグで食べています。
卵は糖質ほぼゼロです。

もらったニンニクが1年分以上あるので
今回初めてスクランブルエッグに使ってみました。

細かく刻んだニンニク1片をきつね色になるまで
スキレットで炒めてから卵とバターを投入して
かき混ぜました。
塩と胡椒を少々。使った卵は2個半。

バターと卵の香りにプラスされるガーリックの香りは
新しい料理の一品として奥さんからは高評価でした。

一口食べてみたけど確かに旨い。
新しい定番料理になるかも。
posted by DIY建築士 at 10:48| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

そばめしを初めて食べた

IMG_20190810_120039.jpgだいぶ前から気になっていた「そばめし」。
焼きそば入りのチャーハンだとは思うが
定番商品になるほど旨いものなのか。

生協のカタログにあったので購入してみました。

とりあえず初回は120gの量で
スキレットで炒めて食べてみたところ、
想像と何ら変わらない、見たとおりの味。

これは単なるソース味のチャーハンと刻み焼きそば。
ん?紅生姜のみじん切りが多い?
一番感じるのは紅生姜の味。
その他には特にコメントなし。

ミックスしたことでの新味覚とか食感の
変化とか、新しいメリットはないのか?

これはリピートないな。
1袋420gなのであと2回は食べなくてはならない。
IMG_20190802_112454.jpg
ソース焼きそばとチャーハンは
別々に食べた方がうまいのではないかと思い
試してみたら、それぞれが美味しく感じる。

やっぱり別々の方が旨かった。
posted by DIY建築士 at 17:39| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

スキー場のランチバイキング

IMG_20190804_110946.jpg自宅から約5分のスキー場にあるレストラン。

夏は期間限定でランチバイキングがあります。

ほぼ毎年行ってます。
今年も奥さんと二人で行ってきました。
IMG_20190804_111045.jpg
カフェテリア形式のレストランなので
雰囲気はちょっとあれですが
ランチバイキングはイタリアンで
焼きたてピザとパスタがとても美味しい。

IMG_20190804_112924.jpg食べ放題ではありますが、
年々食べる量が減ってます。

後で苦しくならない程度にしか
食べないようにしています。

IMG_20190804_113958.jpg4種のカレーを食べたのは奥さんです。

腹いっぱいになりかけても
デザートは食べます。

店名は大空レストランで
ランチバイキングは一人1600円です。

この数年はシェフが変わっていないのだと思いますが
安定して美味しいです。

今回のバイキングの期間は8月18日までです。
もう一回行くかも。
posted by DIY建築士 at 13:24| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

スシロー「てんこ盛り祭」

IMG_20190707_103652.jpg毎週のように行くスシローで
現在開催中の「てんこ盛祭り」。

海鮮5種!てんこ盛りちらしは300円。
これは価格も見た目も豪華。

ホタテのてんこ盛りは150円。
IMG_20190707_103549.jpg
これで糖質制限している奥さんが残すシャリを
それぞれ2貫ほど合わせて食べられます。

奥さんは自宅ではご飯を全く食べません。

スシローでは食べるものの、シャリを半分ほど
残すので、それを全て私が食べています。

だからてんこ盛りはシャリのネタにちょうどいい。

1皿300円というスシローでは高額な皿を
数枚食べたにもかかわらず、会計すると
いつもと同じで夫婦で2000円を切る価格。

私も糖質制限していますが糖質制限ライトという感じです。
ご飯を茶碗1杯を120gにして1日の最大量が2杯です。
その分を目玉焼きなどで補っています。
すっかり慣れて、ご飯の不足感はありません。
posted by DIY建築士 at 13:53| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

日清焼きそば 豪華版

P1330501.JPGたまにカップ焼きそばが食べたくなるけど
割高だしゴミが出るので袋麺を常備しました。
5個入りパックなら1個当たり60円です。

焼きそばのパッケージの調理例に
入っているのはエビとイカとキャベツ。
調理例の割には具が小さい。

冷凍庫に少しだけシーフードが
残っていたので入れてみました。

シーフードは水に入れて解凍し、
調理直前にイカは小さく刻みました。
エビとホタテはスライスして数量を増加。

焼きそば本体をスキレットで煮ている間に
中華鍋でキャベツとシーフードを炒めます。

焼きそばを煮ている水気がなくなったら
中華鍋に麺を入れ、粉末ソースをふりかけ
火を止めて余熱で撹拌して調理終了。
IMG_20190511_113815 (1).jpg
全てをスキレットに戻して完成。

袋麺とは思えないシーフード焼きそば。
これはかなり嬉しいメニュー。
また機会があったらリピート決定。
posted by DIY建築士 at 13:00| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

植物油脂を含まないアイス

P1330119.JPGアイスクリームは種別を気にするようになり
できれば「種別アイスクリーム」、
許容範囲として「種別アイスミルク」で
判断して購入するようになりました。

レディーボーデンは植物油脂不使用です。

毎朝のカフェモカ作りでは、アイスクリームを
P1330118.JPG20g使用するので、植物油脂を使っていない
ニュージーランド製を使用しています。

「ホーキーポーキー キャラメル入り」
キャラメル粒には植物油脂が含まれますが
微量なので許容します。
P1330116.JPGこれは生協で届けてくれるので助かります。

ハーゲンダッツも植物油脂不使用ですが、
毎日使うにはコストがかかり過ぎです。

なお、毎日のように食べているシャトレーゼの
P1330117.JPG板チョコアイスモナカは「種別アイスミルク」と
いうこともあり少し植物油脂が使われているので
1日半分のペースを守っています。

アイスを毎日食べ続け1年以上になりますが
全く太りません。20代の頃より体重は軽いです。
食生活習慣として問題ないと判断しています。
posted by DIY建築士 at 07:29| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

植物油脂を使わないカレー

P1310650.JPG何十年も同じ銘柄のカレールーを使ってました。
それは、S&Bのゴールデンカレー中辛。
これが好みでした。

しかし植物油脂が気にになりパッケージの
表示を見たら使われていたのでやめました。

では、代替品になるのはどのカレーなのかを
探してみて、困ったことにほとんどの製品がアウトです。
なぜかレトルトカレーはほぼ全て植物油脂不使用です。

ふと気づくと、S&Bゴールデンカレープレミアムと
いうちょっと高い製品がいつの間にか発売されており
これが植物油脂不使用なので期待して試してみました。

ところが、予想に反してゴールデンカレーとは違う味と香り。
おいしさを感じられず代替品にはなりませんでした。

次に植物油脂不使用だったのが、S&Bディナーカレー。
これも好みのカレーではありませんでした。
なんだかビーフシチューみたいなカレー。

P1330091.JPGそんな中で見つけたのが、
横濱舶来亭カレー(エビス食品)。
植物油脂不使用の製品です。

これがゴールデンカレーの代替品として
美味しく食べられました。合格です。

P1320981.JPG中辛と辛口があるので試したところ、
辛口100%で作ると辛すぎるので
中辛と辛口を半々で使うようにしました。

一般的な固形のルーとは異なりフレーク状なので
計量しながら分けやすい上に、チャック付きの
袋なので使い勝手も非常にいいです。

これで数ヶ月かけて探していた代替製品の
カレールーが決定してスッキリしました。

なお、不合格だったカレールーは
2割程度ずつ混ぜて消費しています。
無駄にはしません。
posted by DIY建築士 at 09:48| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

植物油脂を使わないプリン

P1330100.JPG食品スーパーで販売されている大手メーカーの
プリンはほぼ全ての製品に植物油脂が使われています。

植物油脂は安価な材料なので容量を増やすための
コストダウンとして使われているのだと思います。

原材料の表示を確認するようになってからは
ほとんどのプリンが購入対象から外れました。

植物油脂を使っていない製品は
以下のプリンでたまに購入します。

P1320990.JPGこだわりたまごプリン(原田乳業)(いちやまマート)
産直たまごで作ったカスタードプリン(生協の配送品)
契約農場たまごのプリン(シャトレーゼ店舗)

これらは原材料が、牛乳、卵、砂糖だけ。

P1320991.JPGどれも同じ材料で作っているのに
なぜか特別おいしいのが、シャトレーゼ。
最も高額で1個100円。

これはシャトレーゼの店舗でしか購入できないので
月に1回4個買って1週間程の楽しみです。

植物油脂を気にするようになったことで
結果的にプリンを食べる頻度が減少しました。
糖分が多いデザートなので、それでいいと思います。

糖質制限を始めて1年以上続いてます。
続いているのは、制限のレベルがゆるいからだと思います。
posted by DIY建築士 at 15:30| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

植物油脂を使わないチョコ

P1320974.JPGチョコレートはナッツと一緒に毎日食べます。
でも1日1個だけです。

西友などスーパーで購入できるチョコレートは
ほとんどの製品に植物油脂が使われています。

その中でも、植物油脂を使っていない製品が
明治ミルクチョコレートです。1個ずつ紙包装です。
26個入りなのでほぼ1か月で食べ終わります。

P1330078.JPGどこの店舗にも置いてある定番商品のようですが
なぜかこの製品は植物油脂が使われていません。

ですから昨年あたりから、このチョコ以外は
全く買わなくなりました。

似たような製品でも
他のメーカーは植物油脂を使ってます。

以前は、ブラックサンダーとか、
チョコフレークとかも食べていましたが
植物油脂を避けるためやめました。
posted by DIY建築士 at 18:25| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

植物油脂を使わないお菓子

P1320976.JPG原材料に植物油脂を使っていないお菓子は
ほぼ全滅といっていいくらい少ないです。

でも全くないわけではなく、
常備するお菓子としているのは
ジャンボコーン。

P1320978.JPGその他には和菓子系や煎餅系のお菓子は
植物油脂を使っていないものがあります。


でも完全に植物油脂を排除すると
あまりにも選択肢が狭くなるので規制緩和。

P1320988.JPG油で揚げたお菓子など、材料としてではなく
加工工程で使用したものであればOKとしています。

だから歌舞伎揚げとかはOK。

でもポテト材料やコーン材料のスナックは
習慣的に購入するのはやめました。
P1320989.JPG
コーティングや浸み込んでいるものに
植物油脂がかなりありそうだからです。

食べるとしてももらい物などで年に数回。
これでお菓子からの植物油脂の摂取リスクは激減。
posted by DIY建築士 at 10:37| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

マーガリン不使用のパン

IMG_0876.jpg以前は、マーガリン不使用のパンは
大手メーカーでは全くありませんでした。

しかし時代の流れなのか、
昨年あたりから、マーガリンを使わない
パンを店舗で見るようになりました。

IMG_20180806_154257.jpg大手メーカーのパンもあり、
価格的にも買いやすくなりました。

特にパスコは種類が充実。
食パン、バゲット、カンパーニュ。
いずれも、マーガリン不使用です。
味も食感も満足です。
IMG_20180803_150425.jpg
現時点ではこれらが定番で、
北欧からの輸入冷凍パンを
買うこともなくなりました。

といっても、とりあえず糖質制限を
しているので食べるのは1か月に1袋程度です。
IMG_20180803_151001.jpg
なお、奥さんはもっと食べていますが
ご飯をほとんど食べません。

わたしはご飯は少量で食べています。
3合炊いて冷凍して2週間くらいで食べきります。
posted by DIY建築士 at 12:55| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

植物油脂を避ける

P1320973.JPGここ数年の読書や情報収集でわかってきたのは
マーガリンやショートニングなどの植物油脂を
避けた食生活を送れば血管系の健康被害リスクを
大きく下げることができるということ。

まずはトランス脂肪酸の危険性。
水素を添加してプラスチックのような油となる
マーガリンやショートニングのトランス脂肪酸。
海外先進国では規制対象になっても日本では未規制。

対策は食品表示を確認して、
できるだけ使用していないものを選択すること。

次にサラダ油などの危険性。
ヘキサン等の溶剤による抽出工程で高温処理の際に
発生する神経毒であるヒドロキシノネナールという物質。
この物質を避けることで血管系だけでなく
脳神経系の健康被害リスクも下げられます。

対策は圧搾法で絞った油を選ぶこと。
圧搾法ならヘキサンも高温処理もありません。

少し高額になりますが使う量が多くなければ
大きなコストアップにはなりません。

次は加工食品に使われている植物油脂。

店舗でも生協でも惣菜や菓子類に
使用されている油はほぼ溶剤抽出の植物油脂です。

でも植物油脂を不使用の製品もあります。

この数ヶ月は植物油脂の使われてない製品を
奥さんと共に探してきました。

今まで購入していたかなりの食品がアウトになりました。
加工食品はほぼ全滅になります。

それでも探してきた結果、
食べていい製品リストができてきました。
お菓子やアイスクリーム類もありました。

ほぼリストの範囲で食生活が安定しつつあります。
今後具体的に商品名をアップします。
posted by DIY建築士 at 12:39| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

ドレッシングは自作がいい

P1310494.JPG一般的なサラダ油は健康に良くないので
ドレッシングのサラダ油部分だけを捨て、
替わりに圧搾のごま油を足すことで対策を
行ってきましたが、この習慣を見直しました。

圧搾油のドレッシング(2017年5月)

自宅の冷蔵庫にある調味料だけで、簡単な上に
かなり旨いドレッシングが作れることがわかったからです。

材料は、麺つゆ、すし酢、ごま油(圧搾製法)だけ。

P1310495.JPGこれらを10g:10g:20gの割合で混ぜると
これだけで、こんなに旨いのかと驚きました。
あまり使わないので40g作れば1か月ほど持ちます。

すべて安心できる原料と製法の材料なので不安なし。
果糖ぶどう糖液糖や化学調味料などの添加物もなし。

たまにレモン汁を追加します。
もうドレッシングは買いません。
posted by DIY建築士 at 09:16| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

赤玉ねぎでカレーはダメ

IMG_20181113_115940.jpgカレーを作るときに赤玉ねぎしか
なかったので使ったところ
予想外のことがおきました。

それはカレー全体が真っ黒になったこと。
赤玉ねぎの色素と鉄鍋の鉄分が反応したのか?

投入したシーフードミックスのイカも
ホタテもエビも真っ黒。
人参だけが微かにオレンジ色が透けて見える。
赤玉ねぎのスライスは見た目がナス?

カレーとして食べるにはちょっと凹む仕上がり。
小さな鉄鍋で3皿分だけだったのが救いか。

カレーの味には大きな影響はないけど
見た目がカレーらしくないので今後は
カレーに赤玉ねぎは使いません。
あと、赤玉ねぎは炒め続けても飴色になりにくい。

サラダに薄切りで使う分には普通の玉ねぎと
違いを感じなかったので、ちょっと驚きました。

ネット検索したら、赤玉ねぎでもカレーが
普通にできるという情報があるので、
ステンレス鍋なら問題ないのかもしれません。
posted by DIY建築士 at 18:27| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

危険な輸入食材

IMG_20181017_114125.jpgEUの規制が国民を守るために機能している
と思えるのは食品の安全性に関する規制。

成長促進ホルモンを使用しているアメリカ産の
牛肉を輸入禁止にしています。

日本はなぜか禁止にしません。
輸入禁止にできない事情があるようです。

日本政府が国民を守ることをできなくても
自分や家族レベルなら守れます。

購入時に原産国を確認すればいいだけなので
できれば国産で国産に割高感があるときは
カナダ産と豪州産をとりあえずOKとしています。

豚肉と牛肉はこのような判断です。
なお牛肉は夫婦ともに好まなくなりほぼ食べなくなりました。

さらに避けるべきはブラジル産鶏肉。
アメリカですら輸入禁止にしています。
成長ホルモンを投与してほぼ倍の速度で成長させるそうです。
さらに水でかさまししたり賞味期限の偽装も発覚しています。

だから鶏肉は精肉も加工製品も必ず
原産国表示を確認するようになりました。

しかし加工食品の一部や惣菜、外食産業で使われると
表示義務がなくなるので判断できません。
ほとんどがブラジル産鶏肉と判断していいと思います。
原産国を表示せず国内製造とだけ表示する加工製品も怪しい。

外食産業ではブラジル産鶏肉をほとんどの
大手チェーンで使用しています。
スペシャル安く仕入れられるのだと思います。
利益を優先するなら合理的な経営判断です。

東京に出張するとほぼ入る牛丼屋チェーン。
牛肉の原産国を確認したところ、「松屋」と
「すき家」はアメリカ産の牛肉を使っていません。

年に数回程度の牛丼だからあまり心配しなくていいかも。
習慣的に食べる場合は要注意です。

生協の宅配カタログを見ていると、
鶏肉の原産地はタイが多い模様。
ブラジル産でなければOKとしています。
でもたまにブラジル産の鶏肉を使ったメニューが
あるのでチェックは欠かせません。

不明な場合はとりあえず買わない。
店舗の惣菜コーナーでチキン製品を買うのはやめました。
posted by DIY建築士 at 10:00| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

アクマのバタコ?

IMG_20181006_111245.jpg生協のカタログで見かけたので
試しに注文してみました。

これは具付きのチキンラーメンで
バタコとはバターとコーンの略でした。

通常品は5袋で約300円で購入してたけど
これは3袋で約300円なので一食あたり40円高い。

バターとコーンならそれは旨いだろうと
思い作ってみると、なんだこの香りは?

バターというよりなんか独特な香りが・・・。
人工的なバター風味なのか?
換気して部屋から速やかに消したい香り。

付属の液体調味料を入れなければ
普通のチキンラーメンなので
今後は付属の乾燥コーンとネギだけ使うことにしました。

よく考えたらバタコにしたければ
冷蔵庫にあるバターとコーンを自分で入れればいい。

写真は冷凍コーンを追加しています。
こんなにコーンは入ってません。
玉子は白身を固めたいので目玉焼きをのせてます。
posted by DIY建築士 at 09:40| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

息子と大盛り専門店

大学生の息子が高校時代の友人から聞いていたという大盛り専門店。

機会があれば行きたいと息子が言ってたので
近くを通る用事ができた際に二人で行ってみました。

店の名前は「ぼんち食堂」。
山梨では有名なようです。

少食の私は食べきれないのがわかっていましたが
持ち帰りの容器をもらえるとのことで不安は解消。

IMG_20180920_122237.jpg息子が食べたいメニューを2品オーダー。

チャーシュー麺とミックス丼。

やはり大きい。

IMG_20180920_122215.jpg写真では比較対象がないので
異常な大盛りがわかりにくいのですが
目玉焼きの大きさで判断してください。

私が食べるのはミックス丼。

IMG_20180920_122818.jpgチキンカツととんかつを食べながら
やっとご飯が出てきたが、レタスと
キャベツでまた隠れてしまった。

私はここまでで十分な量。
4分の1程度で満腹。
IMG_20180920_123118.jpg
あとは息子に渡して、
チャーシュー麺を少しもらう。

息子がバナナの香りが邪魔だから
食べてくれというので食べる。

IMG_20180920_150727.jpgさすがの息子も食べきれないらしく
持ち帰りの容器に移しました。

これは翌日に全部刻んで
チャーハンになりました。
何食分の大盛りだったのだろうか?

なんだか楽しい食堂でした。
大きさの割には良心的な価格です。
posted by DIY建築士 at 12:30| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

スキレットでカツ丼

P1320343.JPG丼ものだけはアルミの丼鍋を使ってましたが
小さなスキレットで大きさがちょうど
いいのではないかと思い使ってみました。

結果的には焦げ付くこともなく完成。
溶き卵への火の入り方も理想的な感じ。
これで今後アルミ鍋を使うことはなくなりそう。

今回はスーパーの惣菜で小さな豚のヒレカツが
小さいパックで売っていたので試してみました。
IMG_20181004_114820.jpg
食べてみるとヒレカツは柔らかいけど
肉の味があまりない?
とんかつはロースの方が好みかもしれません。

なお、写真では大盛りのように見えますが
丼ブリが小さいためです。ご飯も120gしか盛っていません。
糖質制限を始めてから、もうすぐ1年が経過。体調は良好です。
posted by DIY建築士 at 12:31| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする