2015年11月30日

ゆず三昧

P1240357.JPG知り合いにゆずをたくさんいただきました。
庭で大量に取れたとのこと、ありがとうございます。

こんなにあると、たっぷり贅沢に使えます。
とりあえず、讃岐うどんで。

P1240354.JPGうどんに大根おろしをのせて
ゆず1個まるごとギューっと絞り
麺つゆをかけていただきました。

ほんもののゆず絞り、いい香りです。
なんか、ゆずポンになった気もする。
いずれにしても、うまいです。

P1240352.JPGこれ、ぶっかけうどんというのでしょうか。
10年以上前に「なか卯」のメニューで食べた気がします。
あれは、すだち?だったかも。

次は、天ざるそばとか焼き魚に使いたい。
大根おろしといっしょに。
posted by DIY建築士 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

孤独のグルメ

このテレビドラマ、WEB情報で最近知りました。
原作のコミックも知りませんでした。

Amazonでプライム会員はドラマや映画が
見放題になったので、ちょっと見てみると面白い。

時間や社会にとらわれず、食べたいときに
食べたいものを街を散策しながら店を決める・・・。

このドラマのシチュエーション、
年に数回の東京出張に行ったときと同じ。
たまにスイーツを食べているのも似ている。

ただし私の場合は行く店がだいたい決まっており、
山暮らしのため行く機会が希少になってしまった店。

なか卯・福しん・てんや・かつや・吉野家など。
中華丼がすごくうまい中華屋さんもあります。
孤独のB級グルメです。
食後に行くスターバックスのほうが高額になること多し。

このドラマ、1話30分程度の後半は食べているシーン。
見ていて面白いんですが・・・。

うまそうに食べているシーンというのが空腹時には辛い。
空腹時は見ない方がいい。(前半は見ても大丈夫)

テレビ放映では深夜番組だったようで、
「夜食テロ」と評されていたのも納得。

P1230944.JPG結局、見る時間帯を選ぶことになり、
食べながらなら楽しく見れるので昼食時に見ることに。
iPadなら食卓で見れるのでちょうどいい。

ただし前半を飛ばして後半から見ないと
食べているシーンとタイミングが合いません。
(前半のミニドラマは見なくてもいい)

P1230948.JPG料理の参考になるレシピもたまにあります。
現在も放映中でSeason5になっているらしい。
今見ているのがまだSeason2なので、
当面は楽しめそうです。

Amazonプライムビデオで見ると録画は不要だし、
見る時のチャプター検索も不要で、Amazonビデオを
立ち上げると前回の続きからメニューが表示され便利。
そしてドラマ中にCMが一切入らないのがいい。

ちょっと先送りしたいときも画面をタップするだけで
10秒単位で前後に即移動できるのでストレスフリー。
ということがiPadを使ってみてわかりました。

モニターを見ながら食事をするというのは行儀が悪いし
自分自身の食事に集中できなくなる感じもありますが
やむを得ない理由があり、期間限定ということで・・・。
posted by DIY建築士 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

DIYでスシロー

今年はまだ1回もスシローに行ってません。

数年前から息子が外食に対する抵抗勢力になり、
宿題やる時間が減るから行かなくていいとのこと。

最寄りのスシローまで片道25km以上あるし
高速使っても30分くらいかかる・・・。
行けば喜んで食べるんだけど・・・。
外食に行く機会が徐々に減っています。

そんなことで、奥さんが寿司ネタを買ってきました。
サーモンとハマチをサクで。

a.JPGそこでスシローのニューを自宅で再現してみました。

みんな炙りの寿司が大好きです。

まず、サーモンチーズマヨの炙り。
自宅であぶりをやるのは初めて。
バーナーで炙っていると、
バチバチっという音と共にいい香り。

c.JPG自宅で作ると、ご飯もネタも大きいので
ボリューム感が違います。
第一弾は大きすぎるとのクレーム。

そして、
サーモンのチーズバジル炙り。
息子がスシローの味だと言っている。

b.JPGハマチの炙りは岩塩を振り、
ポン酢おろし乗せで。

食べてみると、う、うまい。

トッピングをいろいろ乗せるので
素材の味を楽しむ寿司ではなくなっていますが
これはこれでかなり満足しました。
P1220569.JPG
でも準備や後片付けが大変なので
しばらくはやる気しません。
年に2回くらいならいいかな。
posted by DIY建築士 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

即席めんの冷やし中華?

インスタントラーメンは普段ほとんど食べません。
チキンラーメンを年に数回程度です。
だから店舗で即席めんコーナーを見ることはありません。

P1210912.JPGしかし、先日ドラッグストアの入口にて
季節商品のため特売価格で5個パックが198円。
冷やし中華の即席めんの存在を初めて知りました。

冷やし中華は夏になると数回食べますが
生麺でしか作ったことがなく、インスタントの冷やし中華って
どんなものかと思いましたが、ダメだったらラーメンとして
アレンジして食べればいいやと考え購入してみました。

P1210913.JPGここ数日暖かいので、昼食時にこの冷やし中華をトライ。
この正麺というインスタント麺、ゆで時間は5分です。
せっかくなのでいつもと同じように具を準備。
ゆであがりを水で締めたら、ごま油を絡ませて
さらに水を切ってから盛り付けます。

食べてみて、ちょっと驚きました。
ツルツルしこしこ感が生麺と変わらないかも?
黙って家族に出したら、たぶんインスタントとは気づかない。

ただし付属の液体スープがちょっと惜しい。
増粘剤で少しとろみがついているので麺や具に絡みすぎる。
余計なものを入れなければいいのに・・・。
次回は冷蔵庫で余っている生麺付属のスープを使おう。

これまでは冷やし中華は季節限定でしたが、乾麺なら
食べたいときに作れるのでちょっと楽しみが増えました。
付属のスープは、すし酢と水でちょっと薄めるといいかも知れません。
posted by DIY建築士 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

地下室に不気味な生物

冬に頂いたこんにゃくいもを地下室に保存しており、
そろそろ、こんにゃく作りに使わなければと考えてました。

発泡スチロールの箱にいれて蓋をしておいたのに
なんだか蓋がちょっと開いている。

P1210020.JPG蓋をきちんと閉めようとしたら、
「あっ、何だこれは!」という状態になっていました。

箱の中で根を伸ばし芽を出して蓋を押し上げているのです。
映画「遊星からの物体X」を思い出す不気味っぷり。
なんだか動き出しそう。

これはもう食材としてダメなのか?
この状態からでもこんにゃく作れるのか?

とりあえず皮をむいてみると、
内部は特に問題なく白くてきれい。

P1210021.JPG大丈夫っぽいので、従来通りに
こんにゃくを作ってみました。

その結果、何の問題もなく
おいしいこんにゃくができ
奥さんに喜んでもらえました。

なお、芽と根の部分は庭に植えてみました。
posted by DIY建築士 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

かぶせ切り?

P1160874.JPGこれは油揚げですが、当初は袋から使う部分だけ
引き出して、まな板の上で切っていました。
しかし数年前に書籍の「あるある大事典」だったかで
これを知り、やってみたらかなりいい方法なのです。

押し切るだけで包丁を引かないので外袋は切れません。

食品に直接包丁の刃が触れないので
少しずつ使う油揚げなど賞味期限過ぎるような食品には
衛生的なメリットがあります。
しかも包丁にもまな板にも油揚げの油が付きません。

この方法、食パンでもできます。
(最初の1枚は袋に余裕がなくちょっと難しいけど。)
posted by DIY建築士 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

ほんとうの消費期限を知る

P1140362.JPG「食ショック」という本に
今まで知りたかった情報がありました。
メーカーや食品関係者の説明する建前ではなく
食品の本当の消費期限です。

日本で廃棄されている食品は毎年約2千万トン
世界全体での食糧援助の3倍を超える量が捨てられています。

この原因の一つが実際よりも短く表示さてれている
賞味期限や消費期限であるとして取り上げられています。
メーカーは科学的な検査で求めた可食期間に安全係数をかけて短く表示しており
その安全係数が一般的には0.6〜0.7で0.4や0.5とみられる食品もあるそうです。

短すぎる設定というのは「鮮度志向」という流行による行き過ぎであり
見直しの動きも出ているようですが、早く見直すべきです。

わたしも以前から賞味期限や消費期限が必要以上に
短く設定されているとの確信を持ちつつ期限切れを食べていました。

納豆や豆腐・油揚げなどの複数パックや少量づつ使うものなどは
表示された消費期限までに食べ終わらないケースがよくあります。

表示の消費期限を確実に超えてしまう食品としては卵や
キムチなど漬け物があります。
開封後であっても小分け時に雑菌が付かないように気を付けて
きちんと冷蔵庫で保管していれば期限から1週間以上持ちます。
卵は1か月でも大丈夫です。(その前に使い切りますが)

ですから我が家では食品の廃棄率はほぼゼロで捨てることは滅多にありません。
消費期限切れを捨てるかどうかは五感で判断すればほとんどのものはOKです。
五感といっても実際には「視覚」「嗅覚」「味覚」の三つで判断です。

この本では、どれだけ期限を過ぎても大丈夫なのかを
体当たり実験として複数の人員での結果を公表しています。

賞味期限切れのLL牛乳(常温保存ロングライフ)の試飲実験や
25年が過ぎた缶詰の目隠し(年数を知らせずに試食)試食などもしています。
大学での実験結果も取り上げられています。
結果は缶詰の場合では25年はNGで、10年は余裕でOKなどです。
OKというのはおいしく食べられるということです。

今までの食品に対する考え方や習慣について、
この本のおかげでちょっと安心しました。
ただし、できるだけ新鮮なうちに食べるに越したことはありません。
食ショック 読売新聞社 取材班
posted by DIY建築士 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

野菜は除染してから測定?

P1120976.JPG放射能から子どもの「食」を守る方法
この本に書いてありました。

野菜など農産物の放射性物質の検査は
除染後に行っているようです。
収穫したときの状態や購入時の状態ではありません。

国や地方自治体の検査方法は、
農産物の検査は食べないと思われる部分を切り取って流水で20秒洗って
キッチンペーパーで残った水分を拭き取ってと念入りに除染作業後の検査結果です。
これでは輸入オレンジを念入りに洗って皮をむいておいて、
農薬検出せずとして公表するのと同じです。

販売されている状態の検査結果でないならば、
「どこの部分を取り除き、20秒流水で洗って完全にふき取れば規制値以下にできます。」
という検査条件を示さなければ正確な情報として扱えません。

政府や自治体・生産者団体など供給側が
流通を止めないための検査方法を取っていると思われて当然です。
当面は産地で選択するのが無難なようです。(産地表示も怪しいが)
posted by DIY建築士 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

食品の放射能

P1120976.JPG放射能から子どもの「食」を守る方法
この本を読んでみました。

生協などで見る検査結果が
毎回毎回「検出せず」しかないのは
怪しいと思っていました。

文部科学省が示した放射性物質の目安は
給食の目安が40ベクレル以下。

そして、測定器の購入費用を国が補助するが
検出限界が40ベクレル以下でいいという条件。

ということは、実際には30ベクレルであっても
「検出せず」とか「検出限界以下」という結果になるわけです。
放射性物質がどのくらいなのか不明なまま合格させる検査です。

民間の検査機関の検出限界値は1ベクレル/kg以下程度で、
その費用も学校給食1週間分の測定が1万5000円程度だそうです。

文部科学省には、こどもの内部被爆を防止しようという考えはないようです。
いかに流通を止めず(賠償せずに)に済ませるかという考えがハッキリ感じられます。

しかも、文部科学省のこの通知は青森から静岡・長野までの
17都道府県に限定ですから、これら以外の地域に流通させれば
汚染食材も検査自体をすり抜けます。

国や自治体、流通生産団体の食品の検査結果も空間線量と同様で参考にできません。
きちんとしてほしいのに残念です。
posted by DIY建築士 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

マーマレード作り2012

今年も無農薬の夏ミカンをいただいたのでマーマレードを作りました。

夏ミカンを丸ごと使うというインターネットで見つけた方法で、
皮だけでなく、実も中の薄皮の部分もすべて使う作り方なのですが、
前回の詳細な記録が残っていなかったので忘れないように今回記録しました。


P1070898.JPG朝9時前から作業開始。
夏ミカンの皮をグルグルとむいて水につけておく。
実のほうは丸いまま冷蔵庫に入れておく。

皮は鍋に入れ水から茹でて、
沸騰直前にざるに上げ流水で冷やす。

P1070901.JPG皮を千切りして水につける。
この皮を1o幅程度に千切りする。

千切りして水につける。

千切りして水につける。

P1070935.JPGいっぱいあるので、なかなか終わらない。

千切りして水につける。

千切りして水につける。

家族3人が全員包丁とまな板を使い、やっと終わる。
息子が包丁に慣れていたので助かった。
ここまでで約90分。(夏みかん17個・作業3人)
水につけたまま一晩とレシピにあったが、
今回は8時間後には水を切って、翌日まで冷蔵保管。
ここまでの作業でかなり疲れるのでいったん終了。

P1070929.JPG8時間後となる17時に果実のほうを
ざく切りにして煮始める。
種はいっしょに煮込むことで
トロミを出す効果があるらしい。(ペクチンは使わない。)
量が多いので鍋は2個使用して並行して調理。
水は加えず、果実の水分だけで煮詰める。

P1070930.JPG焦げないようにときどきへらで混ぜながら、
とろ火で2時間ほど煮ると、薄皮が崩れて
種をスプーンですくえるようになるので
ひたすら種を取り除く。
2名で作業すると約30分程度で種取り終了。
ここで19時を過ぎており夕食を作るので、
本日の作業を終了とした。

P1070940.JPG翌朝8時から鍋(2個)に火を入れ弱火で煮立たせる。
ここで千切りした皮を投入し、弱火で煮続ける。
2時間ほど煮続けると水分が飛びバサバサしてくるので
焦げ付かないようにドロッとする程度に水を加える。
このまま、夏みかんの実や薄皮がとけるまで煮るのだが
連続加熱はガスがもったいないので、
3分加熱、10分放置を繰り返す。

P1070946.JPGこれを9時間(17時まで)継続したが、
うす皮が完全には溶けていない。
本日中に終わらせるため
ここでグラニュー糖を数回に分けて投入する。
不思議なことに、グラニュー糖を投入したら
一気にマーマレードっぽくなってきた。
さらに弱火で煮続ける。ガスは付けたり切ったりで常に高温をキープ。
2時間ほどで加熱と保温を続け終了とした。
グラグラと煮立っている状態で瓶詰を開始。

P1070950.JPG瓶とキャップを熱湯で殺菌しておく。
瓶詰後、ふたの内部を殺菌するため
熱湯を沸かしている鍋に瓶を逆さにして3分づつ投入。
これで終了。

食べる宝石のように感じます。
posted by DIY建築士 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

鉄板焼きナポリタン

山を下りて町のはずれに
鉄板焼きナポリタンというメニューを出すレストランがあります。

息子はこのメニューが好きなのですが、
このほかには私たち家族に合うメニューがなく
総じて価格が高いので3年に1回くらいしか行きません。

R1235842.JPG数年ぶりに先月行ってみました。
親子で「鉄板焼きナポリタン」を食べましたが、
やっぱりこれは自宅でも簡単に作れるメニューです。
これでほぼ千円は高い。

ですから、数週間ほど過ぎてから自宅で作ってみました。
料理自体は簡単なので盛り付けなどで再現性を高めます。

P1050836.JPG満足してもらえたようですが、
「ちょっと味がやさしい。」と言われました。

写真で見てのとおりパスタに絡む油の量が違います。
外食では自宅ではありえないほどのオイルを使っています。
よって次回はバターをさらにガツンと投入してみます。

年に数回ならこういうメニューを食べるのも楽しみとしていいと思います。

P1050840.JPGなお、自宅での再現メニューでは鉄板の大きさからして
量が少ないと言われるのを予測していたので
鉄板2皿分作りました。
それでちょうどよかったらしくペロリと食べてしまいました。
ラベル:ナポリタン
posted by DIY建築士 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

そばの主原料は小麦粉

毎週1食は昼食にそばを茹でて食べています。

以前はうどんが好きでしたが、
自分で茹でてざるそばを食べるようになってからは
毎週のようにそばを食べるようになりました。
かき揚げ(冷凍)をいっしょにすればご馳走です。
うまくて安い昼食になるうえに、栄養的にもルチンの含有など優れています。

P1250284.JPGここ数年、300gで100円から200円の乾麺(干しそば)を
購入していましたが
そのくらいの価格の乾麺は主成分が小麦粉です。

原材料の最初(多い順)に表示されているのが「小麦粉」です。
そして、そばの含有率が表示された製品は
ほとんど見たことはありません。
表示されていた製品を1度だけ使ったことがありますがその表示は15%でした。
ですから、割合表示のないものは10〜20%がそば粉の使用割合だと思います。

そばの成分が健康にいいといっても、
麺の15%ではせっかく食べるのに、なんだかもったいないというか、
そば風味の細いうどんを食べているのではという気になりました。

P1250282.JPGそこで、最近はそば粉の含有量の多いものも食べることにしました。
八割そばとか十割そばとかの商品名で売られています。
価格は2倍以上しますが、そばの含有量は5倍以上です。

そば粉が十割(100%)の麺は食感がぼそぼそした感じで
好みではないので八割そばを使い始めました。
八割でも安いそばの5倍以上のそば粉含有量です。

好みとしては五割そばがあればいいなと思いますがスーパーなどでは見当たりません。
ですので、従来の安いそば(ツルツルした食感は好み)と交互に食べることにしました。
さらに健康体になるような気がしています。
posted by DIY建築士 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

青の洞窟 スパゲティ

P1240718.JPGこれはおいしそうということで
奥さんが購入した高額なレトルトソースです。
「欲深い大人」のための本格濃厚イタリアンを
追求するブランドとあります。
4種のチーズだそうで高かったみたいです。

P1240719.JPG昨日は昼食にスパゲティを茹でることになり、
奥さんは楽しみにしていたこのソース。
私は、自分で作る簡単カルボナーラを作りました。

2つともほぼ同時にできあがり、食べてみると・・・。
奥さん、機嫌悪いです。おいしくないと言っています。
ちょっと、もらって食べてみると増粘剤の口当たりなのか
唇の周りに不自然な粘度がまとわりつきます。
味も・・・? 「ダメじゃん、これ。」

奥さんは残りの人生の一食の機会を無駄にしたと悲しんでいました。
かわいそうなので、私の簡単カルボナーラを少し分けてあげました。
こちらは、おいしいようで満足してもらったようです。
自分で何回作って食べても、本当にうまいです。
そのころ息子は、自分で好きなものを作って食べたいとのことで
シンガポール空港のコンビニで買ったお気に入りの即席ラーメンを食べていました。

P1210467.JPG息子もスパゲティ2種を味見しましたが、
簡単カルボナーラのほうがうまいとのこと。
簡単カルボナーラはとても簡単です。
材料は、ベーコン(適当)、たまねぎ(みじん切り少し)、
卵(2/3)、バター少々、スライスチーズ1枚です。

あとは、岩塩と黒胡椒で味を調えるだけで食べながらの調整でもOKです。
作り方は以前の記事(カルボナーラで検索)のとおりで変更はありません。
材料費は、麺も含めて総額でたぶん1食100円以下です。

わが家は3人がそれぞれの希望で別々のメニューになることがよくあります。
いや、正確には2人が決めたメニューを聞いてから、
私は調理作業の合理化ができるメニューにすることが多いです。
(どちらかに合わせているだけとも考えられます。)
主体性がないようですが、平日は私一人のランチなので
自由気ままにメニューを決めているので週末はこれでいいのです。

とりあえず、記憶しておかなければいけないのは、「青の洞窟シリーズ」はもう買いません。
この製品、パッケージの写真や説明文、レイアウトなど高級感を出すのが上手です。
posted by DIY建築士 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

なか卯の親子丼

P1240662.JPG東京で勤務していたころ、
職場の周辺に「なか卯」があったので
ときどき食べていました。
そのころは、週明けだけ八ヶ岳から出勤し、
東京の安いホテルに泊まり、ホテルから通勤してたので
ほぼ毎回外食となり、なか卯にはよく行きました。
よく食べていたのは、朝の「納豆定食」と
残業後の夕食となる「肉うどん」でした。
親子丼もうまいのでたまに食べていました。

P1240665.JPG数年前に生協の宅配でこのメニューを見つけ、
懐かしいので何度か注文しています。

冷凍食品になっており、解凍後に
鍋で過熱しながらたまごを回しかけます。
野菜が少ないので、ちょっと具を追加して作りました。
たまねぎと長ネギです。

P1240668.JPGやっぱりうまいです。
(けっこう甘い味つけです。)
冷食の2食分セットで498円ですが
これはちょっと高く感じるので
注文するのは年に2回程度です。

毎日買い物に行くような暮らしなら、親子丼を作りたい日に鶏肉を買えば
自分で作れるのですが、週に1回程度しか買い物に行かない暮らしだと
やっぱり冷食は便利です。
でも、冷凍食品は加工食品なので安全面から
できるだけ頻繁にならないように心がけています。
posted by DIY建築士 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

本日の昼食(中骨缶)

P1230847.JPG今日は久しぶりに鮭の中骨缶を食べました。
この缶詰はけっこう好きです。

中骨缶とみそ汁にご飯です。
ミニ冷奴(ごま油かけ)も付けました。
ご飯が余ったら、ごま塩で食べます。
シンプルかつヘルシーです。

P1230849.JPG鮭の骨を気軽に食べられるこの缶詰を
企画した方はすばらしいです。
昔(こどものころ)は無かったような気がします。

健康的にカルシウムを食べている気になります。
しかも、高価な鮭缶と異なり安価で
どこでも100円程度で売られています。

年に5〜6回ですが、この昼食を楽しみにしています。
塩味が付いているので味付けは必要ありません。
ご飯はちょっとおこげになっています。(圧力鍋炊飯)

この鮭の中骨缶は緊急用の保存食として10缶程度を
地下室に保管してあるもので、たまーに入れ替えを兼ねて食べてます。
posted by DIY建築士 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

赤色2号!

食品を選ぶときに習慣的に添加物表示を見てから判断しますが
合成着色料の赤色2号が使われていたら確実に購入をやめています。

赤色2号は発がん性があることからアメリカでは使用禁止の合成着色料です。
日本では現在も使用を認めています。

普段から食品の購入時には原材料表示を見ていますが、
赤色2号という表示を見る機会はありませんでした。

P1210390.JPGところが最近、立て続けに見てしまいました。
しかも買ったあとで。

ひとつは滅多に買わない駄菓子。
こういうものは原材料表示を見ないで買うのが
普通なのでメーカーには好都合なのでしょう。

P1210391.JPGこのお菓子?、
仮に赤色2号を使っていなくても二度と買いません。
息子もそのように判断した味でした。
これはちょっと社会勉強。
昭和生まれの人にはちょと懐かしい味かも
(まずいという意味で)でした。

P1230761.JPG二つ目は、スーパーの弁当。
このラベルは弁当容器の裏面なので
買うときに確認するのはほぼ不可能。
弁当を買う前にひっくり返してまで
ラベルを読む人はいないと思います。

P1230759.JPGこの弁当のどの食材に赤色2号を使用しているのか
知りたくてメーカーに問い合わせようと
WEBサイトを確認するとメールでの問い合わせを
受けないようになっています。
ふーん。やっぱりそういう姿勢のメーカーなのか?

手段が電話しかないなら面倒なので問い合わせるのはやめて、
今後このメーカーの弁当を買わないように気をつけることにしました。
メーカーは添加物の危険性や消費者が避けようとしていることを知っているはずです。
それでも使用するのだから、相当都合(コスト?)のいい理由があるのでしょう。
または食品添加物について判断を行う担当部署自体が無いのかもしれません。

いずれにしても、まだまだ気をつけないといけないようです。
ラベル:赤色2号
posted by DIY建築士 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

有害かどうかは量次第

水銀などの重金属は体内に蓄積すると危険ですが、
最近の研究では明らかに人体に必要なもので
体のどこかで微妙なバランスを保つのに役立っているらしいです。
有害かどうかは物質でなく摂取の量が問題になるということです。
最近読んだ本に書いてありました。

傷んだ食品もかびた食品も同じような気がします。
ちょっと傷んだものを食べたくらいでは、何の変調もないことはたまにあります。
あやしいなという味を感じたときがそういうときだと思います。
これは自宅でもありますし、レストランでもあります。
レストランでは状況を説明して作り直してもらったこともあります。
明らかに傷んだ肉を使っていました。匂いでわかります。

自宅では果物やパンやジャムなどでカビ部分を取り除いて食べることもあります。
そういった場合でも、カビ菌を多少食べてしまっていると思いますが
その後に体調を崩したことはありません。
たぶん、量が少ないからだと思います。
そういう危ないものもたまに体内に入れることで、
体の免疫機能などが常に発動・更新されて
動物本来の免疫機能を保てるような気もします。

自然界のあやしいものの摂取は絶対に避けることではなく、
本来動物として備えた機能を使っているだけだと思います。

ただし、食品添加物の場合はたまにのレベルではなく、
習慣的に体内に取り込まれる可能性が強いので、
食材選びにきちんとした意識を持たないと危険なことになるのではと思います。

食品添加物の場合は、急に腹を壊すというレベルではなく、
長い時間をかけて人体に負担をかけ、結果として
病気や癌が発生するといった危険を意識すべきと思います。
posted by DIY建築士 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

ミートソース作り

今日は午前10時ころからミートソースを作り始めました。
缶詰のミートソースを使って簡単に作ります。
製品としてはそのまま麺にかけるだけという使い方のものですが、
そのままでは味が濃いし具が少ないので追加して調理します。

P1230778.JPGミートソース作りは、調理時間の1/3がみじん切りです。
今日は、ピーマン(中3個)、にんじん(大2/3)、
たまねぎ(大1個)をみじん切りにしたところで
作業に飽きました。
同じ作業は15分くらいで飽きるのかもしれません。
結構テキトーですが、写真の量になります。

P1230780.JPGこの野菜をサラダ油を熱した鍋に入れ炒めます。
このときはとてもいい香りがします。
8分くらい炒めたらたまねぎが透明な感じに
なってきたので塩とコショウを適当に入れ
200gの挽肉を入れてさらに炒めます。

P1230784.JPG炒めるといっても包丁やまな板を洗う片手間に
木べらで焦げ付かないように混ぜているだけです。
5分くらい炒めてひき肉に火が通ったら、
ミートソース缶を2缶入れます。
水分が少なく感じたのでトマトジュースを
100CCほど入れました。

P1230787.JPG真空断熱調理鍋を使うので、
あとは保温容器に入れて放置です。
ここまでで作り始めてから約50分でした。

保温調理鍋はほっとくだけで煮込みができるので
とても便利な上に光熱費がゼロで省エネです。

P1230788.JPG2時間後にパスタを茹でて
スパゲティミートソースにして食べました。
スパゲティは圧力鍋で茹で時間2分、保温時間10分で
いつもうまく茹で上がるようになりました。
こちらもかなり省エネできています。

このミートソースの味は学校給食を思い出しますが、結構好きな味です。
きっと今日の夕食も家族でミートソースです。
残りは1食分ずつ容器に入れて冷凍しているので
当面は毎週でもミートソースが食べられます。

posted by DIY建築士 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

ほんとうの賞味期限?

P1230741.JPG「賞味期限がわかる本」という書籍を見つけたので
日ごろから短すぎると感じていた賞味期限について、
実はこんなに長いんだというような内容を
期待して読んでみました。

すると、・・・・?
加工食品についてはメーカーに聞いたという期限表示が・・・。
こんなの本に書く必要ありません。パッケージに書いてあるんだから。
もっとリアルな情報を書いてほしい。
そうでなければ、この本読んでも無駄に捨てられている食材が有効活用されません。

たとえば、ベーコンは冷蔵で開封後2〜3日なんて書いてあるけど
パーシャル冷蔵(0℃)で保存なら開封後2週間たっても匂いが変でなければOKとか。
スライスチーズだって冷蔵で開封後2〜3日なんて書いてあるけど
1ヶ月は余裕でOKではないですか?何のためのフィルムとチャック袋なんだ。
そういった実際のところを期待していました。

豆腐も開封後2〜3日なんて書いてあるけど、賞味期限が切れてから開封し
1週間かけて小出しに使い切ることもありますがOKです。
ただし、その場合はできるだけみそ汁の具など加熱調理で使います。
わが家の場合はそんな感じで使いきってます。

そして、それは無理でしょと思われる短い賞味期限もありました。
ジャムやメープルシロップの開封後に使用できる期限が、え〜!
なんと2週間と書いてありますが、皆さんこんなに早く使い切るのですか?

わが家の場合は、ジャムなら開封後短くても1ヶ月長くて3ヶ月くらい、
メープルシロップは1本開けると1年近く冷蔵庫に入ってます。
そんなに早く使いきれる食材ではないと思うのですが・・・。

これは、妥当だなと思った内容もありました。
納豆は購入後冷蔵で2週間とあり、表示の賞味期限を越えますが
ほぼ我が家の最長での使いきり期限です。
そして冷凍すれば3ヶ月とあり、これも実験済なので納得しました。
あと、たまごも生で食べられる期限として
冷蔵庫で保存した場合、夏で採卵後16日、冬で57日とあり
これは思っているより長いなと思いました。
加熱調理するならもっと長くなるわけです。

いずれにしても、長期間持たせることがいいことでは全く無く
新鮮なうちに食べてしまうのが一番理想的なことなので
開封済みや使いかけの食材をできるだけきちんと管理して、
食料庫や冷蔵庫の中にあることを忘れない工夫が必要だと改めて認識しました。
ラベル:賞味期限
posted by DIY建築士 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

きのこ発生

P1230632.JPG最近雨がよく降ります。
庭で、きのこを発見しました。
椎茸に似てるけど違うようです。
知らないきのこは食べません。
絶対に食べません。

P1230630.JPG
周辺で採れる野生のきのこで、
家族が食べても私は食べません。

以前、野生のきのこを一口だけ食べさせられて
数時間後に倒れました。
それは、ここらへんで「じごぼう」と呼ばれているきのこでした。

ですから、わたしは基本的に八百屋で売っている一般的なきのこしか食べません。
椎茸が旨ければそれで十分です。
posted by DIY建築士 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする