2012年10月17日

水が生ぬるい季節

P1140780.JPGそろそろ涼しくなってきており、
ここ1週間は最低外気温が3〜6℃です。

それに対して不思議なのは水温です。
朝の開栓直後に出てくる水は住宅内部の配管の水で
室温に近い17℃程度の水が出るため冷たく感じます。

しかし、そのまま使い続けると道路に埋設された本管の水が
出てきて、これが生あたたかい水なのです。

一瞬給湯側?と思うほど不思議ななま温かさなので
放射温度計で測定してみると、20℃以上あります。
この時の気温は11.5℃、室温は18.2℃です。
20℃程度の水温は生ぬるく感じるようです。

給水管の埋まっている地盤の温度変化は
外気温に対して思った以上に時差がありました。

この水の温度について1年前からの記録を見てみると、
外気温に対して2か月程度の時差で温度が変化しています。
10月が約20℃の最高水温になるようで、最低水温は3月に約6℃記録しています。
井戸と違い地表に近いので14℃程度の変化があるようです。
それでも気温の変動幅は−16℃から+29℃までの45℃もあるので気温の1/3です。

2012/10/1 水道20.1℃ 室温18.1℃ 外気温 9.0℃ なま暖かい
2012/9/1 水道19.4℃ 室温22.6℃ 外気温 19.1℃ 洗い物が心地いい冷たさ
2012/8/1 水道19.4℃ 室温23.1℃ 外気温 21.5℃ 洗い物が心地いい冷たさ
2012/7/1 水道16.8℃ 室温22.6℃ 外気温 15.9℃ 洗い物が心地いい冷たさ
2012/6/1 水道13.7℃ 室温20.7℃ 外気温 15.2℃ 冷たいけど洗い物できる
2012/5/4 水道9.6℃ 室温19.4℃ 外気温 14.8℃ かなり冷たい
2012/4/4 水道6.8℃ 室温16.5℃ 外気温 -1.1℃ かなり冷たい
2012/3/1 水道6.2℃ 室温17.0℃ 外気温 -2.0℃ かなり冷たい
2012/2/1 水道7.1℃ 室温17.0℃ 外気温 -2.8℃ かなり冷たい
2012/1/1 水道9.9℃ 室温16.8℃ 外気温 -1.0℃ かなり冷たい
2011/12/2 水道13.4℃ 室温17.2℃ 外気温 1.4℃ 冷たい
2011/11/1 水道16.4℃ 室温17.5℃ 外気温 5.5℃ あまり冷たくない
2011/10/3 水道19.8℃ 室温17.5℃ 外気温 8.5℃ 冷たくない
2011/9/3 水道20.4℃ 室温23.4℃ 外気温 19.4℃ なま暖かい

今月いっぱいは水で食器洗いができそうです。
まだまだデフォルトで水です。
習慣的にデフォルトで給湯を使っていると燃料代や電力の無駄になります。

車で冷房を使っているときに、窓を開けたら外のほうが涼しかったり
することに似ている気がします。
posted by DIY建築士 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

携帯の迷惑メール 完全に遮断

携帯電話のメールは迷惑メールであっても
着信に気付いたら確認せざるを得ないので
面倒なだけでなく、とても不愉快です。

標準の迷惑メールフィルターを設定してもなくなりません。
そこで迷惑メールの受信拒否をするために、月に1回程度
パソコンでメールの設定サイトを開いて、迷惑メールアドレスの
ドメイン(アドレスの@以降)指定をしていました。

これで数年間は週に2~3件程度の迷惑メールで済んでいましたが
それでも皆無になるわけではなく、いたちごっこを続けているようで
面倒な作業には変わりありません。

そこで数か月前に、迷惑メールの受信拒否条件をドメイン指定でなく
「URLを含むメールを全て受信しない」にしました。

これは完璧です。
設定後は1件の迷惑メールも受信しなくなりました。

URLのリンクを使うメールを日常的に使っている場合は
この設定を使うわけにはいかないと思いますが
宅急便の不在連絡などの各種サービスだけなら登録アドレスを
PCメールに指定しておけばそれほど不便はありません。

便利な機能を使えなくなりますが、そのメリットより
迷惑メールの根絶のほうが優先ということになりました。

知り合いがURLを含めたメールを送ってきても削除してしまうので
いずれ設定を変えなければいけなくなるかもしれませんが、
現状では快適なのでできるだけこのままでいきたいところです。

携帯電話は最低限の通話連絡とメールに使えればいいので
それ以外のパケット通信は全く使うつもりはありません。

いかに携帯電話を使っていないかを実感しますが、
パケット放題の通信料金を夫婦2台で1年間に支払う料金を考えると
他に使うほうがもっと豊かに有効に使える気がします。
posted by DIY建築士 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

携帯電話のデータバックアップ

P1140548.JPG
携帯電話は本体の紛失や故障と同時に
電話帳などのデータを失うリスクもあります。

何年も使っていればデータの蓄積は小さくなく
バックアップの重要性はかなり高くなります。

携帯電話機を紛失した場合は
電話帳・アドレス帳・メールの送受信履歴を失いますし
電源が入らなくなっても同様にデータは取り出せません。

データの残っている端末からの転送ができなければ
電話番号などを手作業で登録をする必要があるのですが
そのデータ自体が取り出せないということにもなりかねません。

ですからデータのバックアップ(コピー)を持つことをお勧めします。
マイクロSDカードにコピーして外部に保管すればいいだけで、
年に数回でもとっておけば大半のデータは残ります。
データをサーバーに保管するオプション(有料)もありますが
マイクロSDカードのほうが経済的であり簡単です。
posted by DIY建築士 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

携帯電話の予備機

P1140349.JPG携帯電話を落としたり失くしたりすると
かなり面倒なことになります。
携帯電話ショップに行かなければなりません。

次の携帯電話を早急に購入せざるを得なくなるので
ゆっくり機種を検討したり機種ごとのユーザーレビューを
調べる時間もないかもしれません。

携帯電話を落としたり失くしたりすることはあり得ることです。
契約当初はオプションの安心パックのようなサービスに
加入していましたが、毎月数百円かかる保険のようなものなので
何年も支払い続けると購入するより高額になります。

そこでこのオプションは契約して1年後に解約して
中古の携帯電話を購入して紛失時の対策としています。

予備機として準備しておく端末は、紛失などがなければ
最終的には使わないかもしれないので中古で十分です。
それも同機種にすれば、使い勝手が変わらず充電台もそのまま使えます。
機種変更に伴う面倒がなく価格的にも安価になります。
取扱説明書や付属品がなく本体だけで販売されている中古で支障ありません。

わが家では外出が多い奥さんの端末の同型機を予備機として準備しました。
これは3年前にネットオークションの中古品で4000円程度でした。
中古は新品同様からキズだらけまで様々であり価格もそれ相応です。

幸いにも失くすこともなく4年が経過しましたが
先日奥さんがこれを使うことになってしまいました。

原因は紛失ではなく、予想外の故障でした。
突然電源が入らないという状態になり、電池パックの交換や再充電、
冷蔵庫で冷やす技まで試しましたがダメでした。
ネットで調べたら当該メーカーは電源が入らなくなる事例があるようです。

予備機があれば、故障した端末からSIMカードを差し替えて
マイクロSDメモリからバックアップデータを読み込ませることで
電話帳もメール履歴も今までと同様に使えるようになります。
同じ機種なら使い勝手も変わることなく復旧します。
ただしデータはバックアップ作成時の状態になります。

今回は携帯電話ショップに出向くことなく復旧できましたが
紛失の場合はSIMカードの再発行(約2000円)が必要です。
posted by DIY建築士 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

自動車保険の手続き終了

今月は自動車保険の更新月でした。

保険会社から3ヶ月前に更新連絡のはがきが来ていましたが、
なぜか前年度より大幅に高いのです。
年払いで36000円程度だったのが、47000円以上とは・・・。

原因は運転者年齢条件が35歳以上補填だったのに
今回は26歳以上補填になっていました。
この保険会社はリスクの細分化作業で年齢の枠をずらしたのです。

運転者は夫婦限定の上に35歳以上だから全く契約者にメリットのない変更です。
運転者年齢条件を35歳以上補填にするオプションはありませんでした。
これにより大幅な保険料の上昇で相当の顧客が離れると思います。
それでも契約者全体では保険料の増収を見込めるから行っているのだとは思います。

ですから、他社の一括見積もりを行って同じ条件で最も安かったところに変更しました。
そこでは以前より安くなったので、今回は保障を大きくしたり弁護士特約を付けました。
それでもそのまま継続するより約1万円安くなりました。

いつでも前回同様という習慣的な行動をとらずに、
さまざまな変化に対応していかなければいけません。
posted by DIY建築士 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

確定申告のDIY

設計事務所を開業してから確定申告を自分で行うようになりました。
自分でできるのは国税庁のWEBサイトのおかげです。

国税庁 確定申告書等作成コーナー
https://www.keisan.nta.go.jp/h22/ta_top.htm

このサイトはすばらしく良くできています。
質問によって選択肢を進んでいき、
各入力項目に金額を入力すると自動計算で納税額(還付額)が表示されます。
自分で計算する必要がどこにもないのです。電卓すら不要です。
最終的には、PDFファイルとなり印刷すればそのまま確定申告書として完成です。
申告は郵送でできるので、あとは封筒に入れて送るだけです。
税務署宛の宛名ラベルまで印刷されます。

しかし、ただ自動計算や数字が印字されるから便利だというわけではありません。
途中でデータを保存(自分のPC)して、あとで続きを行うこともできます。
さらに、一度入力したデータをなしにしたり変更したりすると再計算されます。
ということは、納税額を減らしたり、還付額が最大になるように工夫ができるのです。

これは節税です。

たとえば、こどもを扶養家族として申告している場合、
夫婦どちらの扶養にすると節税になるか、複数の扶養家族なら振り分けるとどうなるか。

また、医療費控除の項目にかかった医療費を大雑把に入力してみて、
もどる還付金を見てから実際に入力するかどうかを判断するものありだと思います。
医療費の明細書も入力の過程で作成できるようになっています。

このシステムはほんとうにすばらしいです。
こういうことに税金を使うのならとても価値のある税金の使われ方だと思います。
posted by DIY建築士 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

携帯使用料金が過去最安に!

P1150892.JPG携帯の機種変更をしてから2年が経ちました。

10年以上使っていた第二世代の機種のままでも
問題なく機種変更の予定はなかったのですが
第三世代に切り替えるので使えなくなるから
機種変更するようにとソフトバンクから補助金つきの
案内が来たので仕方なく機種変更をしました。

その結果、夫婦で2台分の毎月の支払額が3800円程度から4500円程度となり、
なんか納得いかなかったのですが・・・。
機種変更のメリットは、海外で使えたことと、
メールの作成が楽になったことぐらいでした。
それ以外の機能はほとんど使っていません。

その後2年が経過して携帯端末の分割払い分の支払いがなくなったことで
毎月の支払額が夫婦の2台分で2800円程度になりました。

わが家は携帯電話をほとんど使いません。
夫婦でメールを少々、通話(ソフトバンク同士は無料)も少々なうえに
パケット通信は必要性を感じないので全く使いません。

携帯は電話とメールさえできればいいので、
今後も10年くらい機種変更せずにすませたいと思います。
でも息子が携帯電話を持つようになると使用環境が変わるかもしれません。
posted by DIY建築士 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

丸太の土木作業

本日は天気がいいので土木作業を行いました。
住宅の外構もDIYで何とかしています。

P1240720.JPG自宅内のロータリー兼駐車場となる部分には
砕石を敷いていますが、砕石と土の境界に置いた石に
年月とともに土がかぶり、植物が砕石側に侵出してきます。
徐々に駐車スペースの幅が狭い感じになってきます。
この状態で10年経ってしまったので、
砕石の境に丸太を置くことにしました。

P1240727.JPG一番大変な重労働は、
伐採した唐松の丸太を庭から持ってくることです。
昨年11月に伐採した唐松で、伐採後10ヶ月を経て
乾燥したかと思っていましたが・・・。

1本を2m程度に刻んであるものの、
それでも100kgくらいあるのではと思う重さです。
やけに重いのです。

垂直に立てた状態で抱えながら持ってきます。
移動距離はたぶん25m位で、ちょっと上り勾配。
これ1本を運ぶだけで相当体力を消耗します。

P1240739.JPGそして今までの境界部分を掘り起こし、石を移動して、
増えすぎたミントなどの植え込みを引き抜いて
土を掘って、丸太が1/3くらい沈む溝を作ります。
そして、ドンッと丸太を落としたら砕石を寄せて終了です。


P1240744.JPG境界が10m以上の距離なので丸太5本の作業をしました。
へとへとになりましたが、きれいになってすっきりです。
こういった作業をした日はビールを飲みたくなります。
でも年に数日です。
運動不足なのでもっとしたほうがよさそうです。

これで通路幅がちょっと広くなりました。
駐車部分で3m20cm、現在は軽自動車なので余裕ですが
これなら幅の広い車になってもOKです。
posted by DIY建築士 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

固定電話の節約 会社変更2

NTTからケーブルを使ったKDDIへの会社変更で検討を要したのは以下の2点です。
1回線(1番号)のみになるのでFAXを同じ番号で使用することになる。
住宅内の電話線はそのままで工事をせずに従来どおり使えるようになるか。

まず、FAXですが待機電力を10W以上も消費しており、
しかも夏は熱源となってしまうので使用時以外はコンセントを抜いています。
私のFAXの使い方は月に1回程度なのでそのときだけ電源を入れればいいのです。
ですからFAXを送ってもらうときには直前に電話かメールで連絡があります。
(相手にはちょっと不便をかけますが頻度が極小)

ということは、その連絡時にFAX番号が電話番号と同じになったことを
伝えれば支障ありません。
以前のFAX番号に送信されることがあってもエラーになる旨の連絡があれば
その場で解決です。

次に電話線の宅内配線ですが、壁の中なので新設や変更は大変な工事になるため、
そのままの住宅内配線を利用するのがベストです。
(できなければNTTのままにするつもりでした。)

そうなるとNTTの電話線と同じ場所から電話通信線を引き込む必要があります。
ケーブル回線を利用した電話は既設のインターネット用ケーブルから
分配器によって取り出すのでNTT配線と異なり電話通信線はすでに自宅内に
入ってしまうことになりますが、
これを建物外壁の従来のNTT回線の入り口まで配線できればOKです。
これは保安器戻しという配線方法らしいですが、これで解決しました。

上記のように特に問題なく工事は終わり、
数日後に固定電話会社はNTTからKDDIと変わりました。

なお、NTTとの契約は休止(期限なし)という扱いになり
基本料金などはかからなくなりますが解約ではないので
再度NTT回線に戻すことが可能です。
posted by DIY建築士 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

固定電話の節約 会社変更

電話会社を変更しました。
電話回線は今までNTTのISDNを利用していました。
ISDNにしていた理由は、入居時(2000年)のインフラ環境では
インターネット回線として最速だったからです。(64Kで!)
さらに電話番号が2つ使えるので電話とFAXで別の番号を使っていました。

しかし、ネット回線は2006年にケーブルTVが来るようになったことで
インターネット回線としての役割はなくなり、電話とFAXの回線となりました。

ここ数年FAXの使用頻度が非常に低くなっていたこともあり、
電話回線の見直し(電話FAX共通番号にしてアナログ化)を考えていたところ、
現在ネット回線として利用しているケーブルTV電話の会社から連絡があました。

既設のケーブル回線を利用して電話会社をKDDIに変更すると
電話料金がNTTより基本・通話料金ともに安くなるとの提案を受け、
料金形態、工事方法、NTTへの復帰の可否など説明を受けた結果、
電話会社を変更することにしました。

変更のメリットは、毎月の基本料金が1回線での利用なら約1200円
(ナンバーディスプレイ含む)となり、従来のISDNで2番号利用の基本料金から
一気に約2700円も安くなるのでした。

NTTのままで1番号に変更する方法も検討しましたが、
それでもNTTで1回線より月額約1000円安くなります。
NTTで1番号だけのローコスト化するにはISDNのデジタル回線を
アナログ回線に変更する工事で1万円程度かかると言われました。(NTTの案内)
ケーブルTVを利用した電話への工事料金は無料とのこと。
こうなるとどう考えても変更しない経済的理由はありません。

しかし、ネックになったのは以下の2点です。
1回線(1番号)のみになるのでFAXを同じ番号で使用することになる。
住宅内の電話線はそのままで工事をせずに従来どおり使えるようになるか。

(次回に続く)
posted by DIY建築士 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

ガスレンジのエネループ 7ヶ月経過

P1230322.JPGガスレンジの着火用電池をエネループにして
7ヶ月が経ちました。
最近ちょっと着火しにくくなったように感じるので
電池を交換してみたところ着火性が復活しました。

満充電のエネループに交換すると
スパークのパチンパチンという間隔が短くなり
それに伴い点火性能が上がってます。
やはり電池の容量が減っていたようです。

単三のエネループを使っても7ヶ月間程度持つことことがわかりましたが
今後は早めに半年毎に交換することにします。
ガスレンジの点火用電池としても単三のエネループは十分に実用に耐えます。

追記(2015/03/25)
最終的にエネループの交換周期は3か月ごとになりました。
これはスパークの勢い(点火の速さ=利便性)を重視した結果です。
posted by DIY建築士 at 11:52| Comment(1) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

シャツの延命処理

襟が擦り切れるまで着てる人はあまりいないのではと思います。

P1230729.JPGこれはたぶん、
7〜8年前に購入したユニクロのシャツです。
ここまで切れば十分でしょう・・・。
と思いますが・・・。
しかし、この状態から始まるのです。

P1230766.JPG奥さんが、まだ着れるわよといって
デザインチェンジします。
襟の部分を内側に織り込んで縫うのです。
すると、擦り切れのない襟無しシャツになります。
ありがとうございます・・・。
(奥さんは新しいのよく買ってるみたいですが・・・)

このシャツの状態をシーズン2と呼ぶことにしました。
これで、シーズン2のシャツが2着目です。
あと何年着られるのだろうか・・・。

シーズン3はないことを願います。
次は掃除用のぼろきれでいいと思います。
posted by DIY建築士 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

DIYでボート免許の更新

IMGP0377.JPG小型船舶の免許の更新は5年毎です。
東京で暮らしていたころは、
1年を通じて毎月何回もボートに乗っていました。

遊びではありません。
小型船舶の免許取得のための実技講習の
インストラクターをアルバイト?で何年かしていました。
天候の影響を大きく受けるかなりハードな仕事でしたが、報酬がよかったのと、
生徒さんが無事に国家試験に合格してくれることでやりがいはありました。

長野県に住むようになってボートに乗ることはなくなりましたが
また5年目の更新年となり、免許を失効させるのもちょっと
抵抗があるので先月更新しました。

指定の更新講習は受けなければいけませんが、
その後の手続きを全て自分で行うと安上がりです。
今回は手続きを海事代理士に依頼せずに自分で行ってみました。

自分でといっても申請は郵送でできるので、
書類の記入(鉛筆とボールペン)、封筒の宛名書き、
そして郵便局での発送事務だけです。書類作成は時間にして10分かかりません。
総額は6390円で済みました。
これは事務手続きを依頼するより3500円程度安くなります。

木曜日に郵便局から発送したところ、
3日後の日曜日の午前中に簡易書留で配達され、
これは役所の手続きとしては意外と速いです。
今後は必ず自分でやることにしました。
ラベル:小型船舶
posted by DIY建築士 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

省エネ加湿装置

P1040323.JPG一人のときは電気の加湿器を使わず加湿をしています。
タオルを濡らして絞ってハンガーにかけているだけです。
ポイント?はシンプルなデザイン(無印良品)です。

これはあまり即効性もなく湿度計の数値にも
ほとんど変化が出ません。
しかし、私が一人でリビング(兼オフィス)で過ごす場合は
加湿器を作動させずに、これで不快感なく過ごせています。

これを使って加湿しているときのリビングの湿度計の変化は数時間後で
36%から38%への変化といった感じです。
ただし、その間に室温が上昇している上での相対湿度であることと
最終的には約1日でタオルが乾燥するので3枚であれば約750cc分の
水分が室内を加湿したことになります。

乾燥した室内で洗濯物を干すのと同じことですが、
洗濯物を干すのはインテリア的に美しくありません。

しかし、前述の通り湿度計の数値がほとんど上昇しないので、
家族が帰宅するころには電気の蒸気式加湿器を作動させています。

意味ないのかも・・・。
知らない人が見るとやっぱり洗濯物干してるみたいだし・・。
でも一人のときはこれでいいのです。
これで何年も風邪もインフルエンザにも罹ってないし・・・。

冬の電気代節約には間違いなく大きな貢献をしています。
ラベル:加湿
posted by DIY建築士 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

ゆたんぽ お湯の再利用

P1210284.JPGゆたんぽに入れていたお湯は
加湿器の水として使っています。
たまたま容量がぴったり3リットルでした。

加湿器を使わない時期は
ゆたんぽの残り湯は洗濯機にいれてます。
このため洗濯機の洗物重さセンサーは正確に測定できず
手動で洗濯水位をセットしています。

いろいろと良し悪しというかメリットデメリットを
考えながら暮らすのも考える癖がついていいのではと思います。
ラベル:ゆたんぽ
posted by DIY建築士 at 23:10| Comment(1) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

ロウガン 老眼?

P1190773.JPG老眼鏡を衝動買いしてしまいました。
最近、至近距離にピントを合わせにくいことは
自覚していました。
顔から約20cmより近づけるとピントが合わないのです。

普段はメガネを使いませんが、テレビで映画を見るときと
夜の運転時だけは近視のめがねを使っています。

普通に本を読むのには裸眼で不都合はありません。
今までどおりの距離で読書はできています。

しかし、すごーく小さい字を判別しようとすると困ります。
また、刺抜きを使って手に刺さったトゲを抜こうとする場合などに
「あれっ、ピントが・・・?」と思うことがありました。

そんなときに、100円ショップで老眼鏡のコーナーがあったので
試しにちょっとかけてみたら、「あっ、至近距離が良く見える!!」。
ルーペで見ているようによく見えます。
これはすごいと思い、買ってしまいました。

老眼鏡の度数も+1.0から+3.0まで0.5刻みで品揃えがあり、
あまり強いのをかけると気分が悪くなりそうでしたが、
サンプルを何度もかけかえながら、ちょうどいいものを選びました。

ピンセットを使うような精密作業をするときには必需品になりそうです。
しかし、そういう作業は短時間しかしないと思うので
100円ショップの老眼鏡で十分だと思いました。

精密作業を長時間または頻繁にするようになったら、
きちんとした老眼鏡が必要かなとは思います。

なお、購入して約1ヶ月過ぎましたが一度も使う機会がありません。
普通の生活では老眼の支障はまだ出ていないようです。
ラベル:100円 老眼鏡 老眼
posted by DIY建築士 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

携帯電話の節約失敗!

P1150892.JPG先月に携帯電話のオプション契約から
「あんしん保証パック」というプランを
解約して節約したつもりだったのですが
節約になりませんでした。

なぜかというと、携帯端末の割賦料金の
月々の割引額が減ったのです。
これはどういうことかとソフトバンクにメールで問い合わせたら、
以下の要旨の説明がありました。
-------------------------------------------------------------
 「月月割(新スーパーボーナス特別割引)」は、購入機種に応じた
設定額を上限として、以下の料金の合計額を割引いたします。
  ・基本使用料/通話料/通信料
  ・定額料
  ・月額使用料
  ・その他手数料
 「月月割(新スーパーボーナス特別割引)」は上記割引対象合計
額から割引する為、割引対象が割引額に満たなかった場合、割引
対象合計額を上限に割引いたします。
--------------------------------------------------------------
要するに、オプション契約などの料金が少なくなれば割引額も
少なくなるということです。ここまで詳しくは理解していませんでした。

しかたありません。
実際にオプション契約の解約による節約効果が得られるのは、
端末の割賦支払いが終了する1年後からとなるようです。

よりいっそう、携帯電話を使わない暮らしを徹底したくなりました。
posted by DIY建築士 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

携帯の電池無料サービス

P1180869.JPG昨年の夏にソフトバンクからの依頼で
携帯電話の機種変更をしてから1年過ぎました。

昨年の依頼は、第2世代の古い端末を使っていたので
第2世代携帯サービス終了に伴う機種変更の案内でした。

その機種変更の契約時に追加したオプションの
「あんしん保証パック」の特典に電池パック無料サービスがあり、
受け取れる時期が来たので早速申し込みました。

ソフトバンクサイトより----------------------------------------------
電池パック無料サービスとは、1年以上同一機種をご利用で、
かつ1年以上「あんしん保証パック」または「スーパー安心パック」に
ご加入の場合に限り、1機種につき電池パック1個、無料で進呈させて
いただくサービスです。
電池パック無料サービスはお申し込み制です。
お申し込み期間は無料提供の権利発生後、1年間とさせていただきます。
------------------------------------------------------------------

上記のように権利発生後1年間を過ぎると権利がなくなるようなので、
該当する方はスケジュールに入れておくことをお薦めします。
充電済みのスペアバッテリーを携帯できるようになれば
電池切れのストレスを軽減できる方も多いと思います。

電池パック無料サービスを受けた後は「あんしん保証パック」の
オプションを契約(1台につき毎月498円)から外すことにしました。

故障や紛失のリスクと修理の特典や再購入時のメリットとの
バランス次第ですが、メリットのほうが小さい気がしています。
このあんしん保証パックを5年続けると支払い総額は約3万円です。
この10年間で端末を無くしたり水没させたことはありませんでした。

家族2台で毎月の請求額が4500円程度なので、
このオプション料金がなくなれば毎月の請求額が3000円台になります。

携帯端末はほとんど使わないので、週に1回の充電で間に合います。
このため電池の寿命も長そうで、電池の持ちは新品時と同様に感じます。

電池が2個になったことで、今回の携帯端末も10年程度機種変更を
せずに済むかもしれません。
posted by DIY建築士 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

差出人スタンプ

P1180643.JPGネットオークションでさまざまなものを
売却するようになって、宅急便やゆうパックを
使わない出品物も増えてきました。

封筒で発送するものもかなりあります。
雑誌や書籍、小さなものは定形外郵便を使います。
最近はメール便も使います。

そうなると、発送時の封筒への差出人の手書き作業が面倒に感じるようになりました。

そこで、差出人のスタンプ(住所・氏名・郵便番号)を作って
まとめて封筒に押しておくことで負担感が激減しました。

差出人のシールラベルも考えたのですが、
スタンプのほうが資源の節約になると判断しました。

ここで購入したのですが、かなりお得です。
高級名刺サービスの日本市場に新規参入した「VistaPrint」です。
《住所ラベルが無料!》
《無料お試し名刺!》
《ゴム印が無料!》
ネットで簡単!制作費無料名刺はVistaPrint

制作費のみが無料で送料・手数料は別途発生します。

差出人のゴム印をオーダーして送料込みで1013円でした。
インク台不要のシャチハタタイプです。
デザインやレイアウトをWEBサイトで編集して注文するので
イメージどおりのものが届きました。

ここのオーダーは急ぎ扱いにすると追加料金が発生します。
ベルギーから届いたので、急ぎだと航空便料金がかかるのだと思います。
納期が3週間ほど先でよければかなりお得です。
posted by DIY建築士 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

古い携帯電話の利用法

P1180064.JPG写真の古い携帯電話は半年前に
機種変更するまで使っていたものです。

この携帯電話ですが、今でも毎日使っています。

音を出さない目覚ましとしてこの数年使い続けています。
バイブレーションモードにして枕の下に入れてます。

この機種は、電源を切ってもアラームの設定時刻になると
自動的に電源が入るので目覚まし時計として使っています。
最近の携帯電話は、電源を切るとアラームは使えないようです。

起きたら、すぐに電源を切ってしまうので充電をするのは月に1回程度です。
あと何年使えるかわかりませんが、10年くらいいけるのではと思います。
posted by DIY建築士 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする