2008年09月29日

給湯の節約 その1

P1160601.JPG自宅の給湯の熱源は灯油です。
入居当初は1リットル35円で購入できていた価格が
現在は1リットル115円です。

あんまり高いので節約を考えました。
給湯の利用は、キッチンと浴室です。

キッチンについては、習慣的に常にお湯(38度)を使っていました。
ちょっとした手洗いも歯磨きも食器洗いもお湯でした。

ほんの少ししか流さなくてもボイラーを点火させていました。
設定温度のお湯が出る前に使い終わることも多いわけです。
本当にお湯が必要でなくてもボイラーを点火させて、
無駄にエネルギーを使っていたことになります。

そこで、この習慣を見直し、本当にお湯が必要なとき以外は
ボイラーのスイッチを切っておくことにしました。
そうすれば、混合水栓の向きもお湯方向のままで今までどおりです。

これで3週間経ちましたが、キッチンでお湯を使うのは食器洗いのときだけで
時間にすると1日数分しかないことがわかりました。
すすぐときには水でいいわけです。

この方法はストレスもなく、かなり節約できそうですが、
冬は冷たい水がつらくなるので季節限定になりそうです。

ラベル:給湯 節約 灯油
posted by DIY建築士 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

増えるスラックス

P1160449.JPGここ数年スラックスを買っていません。
しかし、私が履くスラックスが増えてきました。

それは、妻のおさがりなのです。
ここ数年、食生活を変えたせいでウエストが細くなり
妻のスラックスが履けるようになってしまいました。
しかも、ピッタリのものがあったりします。
足の長さが合わず短くて履けないのもあるので全部ではありませんが。

しかし、普通に履けてしまうことが、なんだか不思議です。
男女の形状の違いがあると思うし、身長差も10cmはあるのに・・・。
私が朝食にフルーツしか食べなくなってから体重はかなり近づいているようです。

衣服を無駄にしないで済むのはいいことなのですが・・・・。

妻が履かないで私にくれる理由は、
「おばあちゃんが買って送ってきたものだから。」
それって・・・・・?

posted by DIY建築士 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

ネット銀行で節約!

これからは普通に暮らしていく上でも、ネット銀行は必要なインフラになります。

資産運用や投資、ネット通販、オークションを行ううえでは
ネット銀行を使わないと不要な出費を重ねることになります。

それは、銀行に支払う 振込み手数料(送金手数料)です。

通常の銀行を使えば、ネット送金でもATM送金でも
振込み手数料(送金手数料)を負担することになります。

しかし、以下のネット銀行から行うと無料でできるようになります。
取引条件に応じて月間無料回数が決められている銀行もあります。

複数のネット銀行に口座を持てば、
少なくとも毎月数回は無料で支払いや資金移動が可能になります。
なお、同行内では送金手数料が回数無制限で無料の銀行もあります。

自宅が送金手数料無料のATMになっているようなものです。

しかも、一度送金したところは登録しておけば
次回から送金先の選択画面に表示されるので
面倒な金融機関や口座番号の入力作業なしです。

1回315円の手数料で毎月5回の送金や支払いをしたとすると、
これが無料なら年間18900円を節約することになります。

24時間ATMでの引き出しが無料の銀行は下記の新生銀行です。
コンビニATMなら24時間、さらに郵便局のATMでも無料で引き出せます。

ネット銀行は普通預金金利も普通の銀行より高めです。
ネット銀行を使わない理由は考えられません。

現在お薦めのネット銀行は以下から口座開設ができます。

新生銀行
コンビニも郵便局のATMも手数料無料です。(同行内送金無料)
http://www.shinseibank.com/index.html

楽天銀行 2010年5月まではイーバンクという名称でした。
ネットオークションで使っている方が多いです。(同行内送金無料)
http://www.rakuten-bank.co.jp/

ジャパンネット銀行
この銀行を振込先にしているネットショップは多いです。(同行内送金52円)
また、この銀行は証券口座などへの振込み時のクイック入金への対応率が高く
証券会社などの取引サイトからそのままログインして無料で送金できます。
これは月間無料回数にカウントされません。

住信SBIネット銀行 
ここも一定回数どこの銀行へも振込み無料です。(同行内送金無料)
ここの取引WEBサイトはレイアウトがわかりやすく、動きが軽く快適です。
セブンイレブンのATMでの入出金は24時間365日無料です。

上記のネット銀行口座を使い分けて送金手数料がかからないようにしています。
posted by DIY建築士 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

日用品のネット購入で節約

P1150627.JPGネット購入でとても安いサイトを見つけました。

ホームセンターのような品揃えのネットショップです。

ここでは通常ホームセンターで購入しているようなものを
まとめて購入しておけば、安いだけでなく、
ホームセンターに行く回数も減り、時間の節約にもなります。

ほんとうに安いのです。
たとえば、軍手(1ダース)が188円だったり、
布粘着テープが151円、封筒(長形3号)が100枚で197円なのです。

事務文具、布つなぎ、作業服、工具、各種機器なども取り扱っています。
自分で車のメンテナンスをする方であればメリットはとても大きいと思います。

支払いにクレジットカードが使えるのでポイントもしっかりつきます。

インターネットホームセンターはここです。 IHC.MonotaRO
http://ihc.monotaro.com/

なお、事業者(個人を含む)の方はさらに安価に購入できます。
トップページの画面右上に事業者用の入り口があります。

ラベル:節約 日用品
posted by DIY建築士 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

新聞のない快適な暮らし

別荘地に移住する前から新聞を取らなくなり、生活は快適になりました。

やめた当初は、住宅建築のために節約することが理由でした。
今では、インターネットの常時接続で報道としての重要性はなくなりました。
通常はネットで最新ニュースを5分も眺めれば十分です。

チラシ広告を見ないで済むようになったことも大きなメリットでした。

チラシ広告を一通り見ないとどうしても気が済まない習慣になっていたので
都会にいた頃はかなりの時間を使っていました。

興味のある分野のチラシ広告を見始めると、目的なく目を通し始めてしまい、
自分が何がほしいのかを探し始めてしまいます。

ほしいものと必要なものが不明確になっていました。
チラシ広告は、心理学的に非常に研究されているのではないかと思います。

週末は、マンションや住宅のチラシに加え、大型スーパー・大型電気店やカー用品、
スポーツショップなどのチラシが大量に入るため30分以上真剣に見いってしまい、
結果的にその時間に対して妻に不満を持たれていました。確かに無駄な時間です。

新聞とチラシが無くなったことでこの無駄な時間はなくなりました。

新聞購読はチラシ広告の利用による経済面を考えてもメリットはありません。

日用品や食品をチラシ広告で購入するような環境ではなくなったことと、
その他の買い物は、ネットで最安値の店舗検索が簡単にできてしまうからです。

ここはとても便利です。
価格.com  http://kakaku.com/

そして、ごみが減ったことも大きなメリットです。
古新聞をひもで束ねて運び出す面倒もなくなりました。

新聞が無くても何も不便は感じません。

今まで新聞やチラシを読んでいた時間を読書に当てたり、
家族との会話が増えることのほうが大事であると思います。
ラベル:広告 チラシ 新聞
posted by DIY建築士 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

ネットで不用品の売却

P1130006.JPG身の回りから不用品を取り除くことは、
経済面だけでなく、収納スペースの開放、
精神衛生面にとてもメリットがあります。

自宅で仕事をするようになって、
自由な時間が取れると、ネットオークションで
不用品の販売をしようという気になりました。

忙しく生活していると、自宅にある不用品の存在自体を意識できずに、
廃棄せざるを得ない状態になるまで収納し続けることになります。

その結果、不用なもので自宅内の収納スペースを使い続けることと
早めに判断すれば売却できたものをゴミにするまたは処分料を支払って
処分することにもなります。

ですから、身の回りの整理、自宅の整理と実益を兼ねて
一石二鳥以上の効果があります。

具体的にはどのようなものが不用だったのかあげてみました。

まず電気製品では、
オイルヒーター、ホットカーペット、洗濯機、コードレス掃除機、オーディオアンプ、
携帯ラジオ、CDウォークマン、電子辞書、PHS電話機、BSチューナー、
不要蛍光灯・電球、アイスクリームメーカー、CDデッキ、インテリア照明器具、
ICレコーダー、コードレスヘッドフォン、DVDプレーヤー(買い替えのため)、

日用品では、
もらい物の新品なべやブランド物のバスローブ・バスタオル、
もらいものの食器類、福袋に入っていた小物類、使わない天体望遠鏡、
使わなかったレインパーカー、引き出物の小物類、

パソコン関係では、
買い替えて余ったCRTディスプレイや液晶ディスプレイ、
不要になったISDNルーターや無線LANカード、
不要になった外付けのCD-RWやDVD-RW・HDD、
買い替えで不要になった各種周辺機器、古いデジタルカメラ、

書籍関係では、
資格取得時に使った参考書、専門書、雑誌、読み終えて必要ないと思った単行本、
古い自動車のカタログ、自動車のパーツリスト・整備マニュアル類、
過去の映画のパンフレット、映画の前売半券、過去に購入したCDアルバムやセット、
映画DVD、

自動車関係では、
買い換えて不要になった普通車・軽自動車、そのスペアタイヤ・ホイール、
買い換えたレーダー探知機、はずしたカーオーディオ、はずしたタイヤ、

子ども用品では、
おもちゃの電子ピアノ、使用ずみの英語CD教材・パソコンソフト、電動乗り物、
もらったけど使わないキャラクターバッグ類、あまり遊ばなかったゲーム盤類、

そのほかでは、
株主優待で送ってきた各種優待券、旅行先のホテルで余ったオプション利用券など、
昔のガスエアガンやモデルガンなどもありました。

以上の不用品は全てネットオークションで売却できました。

売却したものの中にはどうしようかなと思ったものもありましたが、
もし必要となったときにはまた新しいものを購入できるのだから
それでいいと割り切って考えれば、迷ってもほとんどのものは出品できました。

その後、購入しなおしたものは現時点ではありません。
2年間使わなかったものは、今後も使う機会はないと判断していいと感じます。

また、現時点で使用していないものを誰かが使ってくれるのであれば
ゴミにならずに製品の寿命が延びたことになるのでエコロジーに貢献できた気もします。

これまでネットオークションで売却できたものは、自動車を別にしても、
売却代金は100万円を超えました。(期間は8年間程度)

自宅の収納はすっきりするし、使うかどうか不明なものを管理するストレスは
なくなるし、経済的にはプラスになるしで、ぜひお薦めです。

デメリットといえば、ネットで出品するまでに写真を撮ったり説明文を
書いたりということが少し面倒なのと、発送するときに梱包と発送作業(持ち込み)が
面倒かなということぐらいです。

配送料金(通常落札者負担)を安くしようと思わなければ、
集荷を依頼することで、自宅から一歩も出ずに不要品を処分できます。

これだけ処分してきましたが、
そろそろ不用品がなくなってすっきりできるかなと思っても、
なかなか不用品というものはなくならないものです。

自分で何かを購入するときも、不用品にならないだろか?と
考えてから判断をするようになると同時に、長く使えるいいものを
身の周りに置きたいという気持ちも強くなりました。

いずれにしても、自宅内の不用品を処分することは家計にも
健康にも環境にもプラス面が大きいのは間違いありません。
posted by DIY建築士 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

資格取得のメリット

PB280021.JPG資格や免許は職業とした場合の収入だけでなく
人生の大きな出費の削減に大きく貢献すると思います。
場合によっては、数百万円の出費を抑制できます。
ですから、仕事に直接つながらなくても
無駄にならない資格もあります。

自宅を建てるにあたり、以下の資格を取得しました。

二級建築士
宅地建物取引主任者
福祉住環境コーディネーター
ファイナンシャルプランナー

受験したのは全て35歳を過ぎてからです。5年間は受験生でした。
目的があったからこそ受験勉強のモチベーションがキープできたのだと思います。
目的・動機は仕事に生かすことではなく、出費の抑制ということでした。

上記資格は、サラリーマン時代の通勤時間や出勤前後の時間に
スターバックスコーヒーの店舗を使って勉強しました。

出費の抑制とは、リゾート地に建てる自宅建築のためでした。
いい家を建てたいが、予算は限られるし、設計事務所に依頼するのも費用がかかるし、
大手メーカーを儲けさせるのもいやだし、工事で手抜きされるのもいやだし、
ということで自分で設計から見積もりの判断、現場の監理までできるように
建築士の資格をとりました。

その後、関連資格を取りましたが全て住宅の設計に役立ちました。

宅地建物取引主任者の勉強をしたわかったことは、ほとんどの人は
不動産業者に搾取されている可能性があるということです。
民間の賃貸物件を借りた人はほぼ100%の人が余計な出費を強いられています。
これは今でも慣習として行われています。

上記については、クライアントから相談を受けて対応した結果、
複数の方が不動産業者から必要ない支払いの返還を受けました。
知っている人、気づいた人だけが損をしないで済むのが社会の実態です。

ファイナンシャルプランナーの受験科目は高等学校で必修科目にすべきです。
この勉強をしていたおかげで、独立の不安はずいぶん軽減されました。

なお、資格は取得までのプロセスも人生にとてもプラスになると思います。
勉強時間の確保から、教材選び、スケジュール管理、勉強場所の工夫など
仕事や人生を凝縮したような調査・判断・決定・実行のプロセスを
集中して経験することになります。

実際に受験までしなくても、同じ分野の調査や勉強をすれば同じ効果は得られますが、
受験というイベントがあることで、相当なモチベーションとプレッシャーがキープできます。

私自身、自分を追い込まないと集中力が保てないので、
受験を申し込んでからスケジュールどおりに勉強を始めるようになりました。

そのためには、願書提出(受験料振込み)後から勉強を開始して
間に合うようにスケジュールを組みました。(ほとんどが3ヶ月)

よって、教材選びと勉強のスケジュール設計は
願書提出までに終わらせなければ間に合わなくなります。
このように日程から逆算してペース配分を行いました。

なお、資格取得のような勉強は教材選びが、その後のやる気に大きく影響すると思います。
教材選びの比較検討には十分時間を使うべきです。

お得な講座を検索、無料で資料請求
posted by DIY建築士 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

登記で節約(地目変更登記)

土地の地目変更登記はとても簡単です。

別荘地に住宅を建てた場合は地目を山林から宅地に変更します。
これをしないと、金融機関が融資してくれません。
融資を受けない場合は、変更登記をしなくても支障ありません。

申請書はワープロで20分位でできます。

登記費用はなにもかかりませんが、
司法書士等に依頼すれば報酬を請求されます。

私は自分(DIY)で行いました。
ラベル:地目変更 登記
posted by DIY建築士 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

登記で節約(建物の表示登記)

不動産登記は自分(DIY)でできます。

住宅を建てたら最初の登記が、建物の表示登記です。

図書館で借りた参考書を見て図面を作成し、自分で申請しました。
申請書と図面(建物輪郭と敷地)の2種類の書類を作成します。

これは通常は土地家屋調査士が行う業務で、報酬は10万円程度です。
図面は縮尺が指定されてますが、公図と拡大縮小のできるコピーが
あれば作成可能です。

パソコンでCADを使えば拡大縮小コピーの作業は不要です。

建築主が受け取っている建築確認申請書の写しには
建物平面図と敷地図が添付されているので、
それを利用すれば、難しいものではありません。
図面のレベルは中学生の製図程度です。

図面の用紙には決まったものがあるようで、
土地家屋調査士事務所に行けば売ってもらえるようなことを法務局で言われました。
しかし面倒なのでコピー用紙に書いたもので受理してもらいました。

何か言われましたが、法的には問題ないようで拒絶はされませんでした。
(強靱な用紙?・・・あいまい?)

申請自体に費用はかかりません。かかったのはコピー代のみでした。
これだけでも約10万円節約できました。

書類さえ作れれば、申請は関連知識のない主婦の方でもできます。

実際に私がサポートした結果、主婦の方が何の訂正も受けずに申請を終えました。
しかし、本人は不安ですから当日は法務局の窓口からでも
私と携帯電話で連絡が取れるように待機してました。
かかってきた電話は、「無事、終わりました。」との連絡でした。

一連の不動産登記を本人登記で節約すると、
住宅ローン返済額の数ケ月分の効果があります。
posted by DIY建築士 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

登記で節約(土地所有権移転)

不動産登記は自分(DIY)でできます。
法務局では「本人登記」と呼ばれています。

本来は、自分ですることを司法書士などに代理を依頼しているのが
通常の慣習になっています。
しかし、この代理依頼は報酬が安くないので自分で行うことで
大きな節約ができます。

土地を購入して所有権移転登記を行う場合、自分で法務局に
申請すれば、所有権移転登記の報酬(5〜10万円)は節約できます。
法務局に3回出向いたとしても日給2万円程度の作業ということになります。

申請書は書式に沿ってワープロで作成できます。
実際に自分でやってみたら、資料さえあれば簡単でした。
書類の作り方についてはインターネットでも見つけられます。

わからない部分は、直接法務局に電話で聞けば教えてくれます。
法務局の窓口にも様式は閲覧できるように置いてあります。

ワープロのない時代だったら、修正(書き直し)の手間とストレスで
いやになるでしょう。

登録免許税は、収入印紙で支払います。
収入印紙は金券チケットショップで買えば1%割引で購入できます。
額面が大きいので1%でもばかになりません。

ただし、ローンで購入する場合は通常は金融機関で手続きを進めるため、
自分でする場合は金融機関と交渉が必要です。
通常は金融機関が指定した司法書士が行うことになります。
ラベル:不動産 登記
posted by DIY建築士 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする