2017年04月24日

カレンダーアプリ

2003.JPG13年ほど前からパソコンのスケジュールアプリに
日々の行動やさまざまな予定を入力しています。

同時に紙のシステム手帳の使用をやめましたが
当初予想していた以上の利便性がありました。

従来の手帳では1年以上先の予定や数ヶ月毎に
繰り返す予定などは転記の手間が必要でしたが、
パソコンやクラウドで管理すると大きな省力化になります。

P1190527.JPGしかも従来であれば多発していたと思われる
うっかり忘れが激減しています。

今回は備蓄の飲料水の消費開始が表示されました。
賞味期限を確認すると約2年で期限2ヶ月前に
表示するように入力してありました。
(自分自身は忘れてます。)
P1270874.JPG
カレンダーアプリで予想外に便利なのは、
過去の記録の検索機能。
過去の作業やメンテナンス、行き先や面会者など
キーワード検索をかければ時系列で表示します。
HDDをSSDにしてからは待ち時間はほぼ数秒。

だから前回はいつだったけ?
というようなときでも素早く確認可能。

特に時間の短縮になるのは、見た映画の記録。
スカパーで数十本以上撮りためている映画は
基本的には見たら削除していますが残したものもあるし、
それ以前にレンタルDVDで見ていたものもあります。

これから見ようとしたり録画予約しようとしたときに
見たような気がするな?と思ったときは
とりあえずカレンダーアプリで検索します。

これで見ていたかどうかが瞬時に確認可能。
無駄に録画予約したり見始めてしまう無駄が省けます。
読んだ本も同様に記録しています。

現在使用しているスケジュール管理アプリは
13年前から変わらずMicrosoftのOutlook2003です。
これを週に1回グーグルカレンダーに同期させることで
あらゆるデバイスから確認が可能になりました。
(2017年6月からは有料アプリで自動同期化)

ただしちょっと不安なのは、
万が一、グーグルアカウントをハッキングされると
生活や行動記録が全て見られてしまうという可能性。

対策としてパスワード管理やアクセス許可を多重にしています。
自分自身で新しいデバイスからアクセスしても他のデバイスに
アクセスの許可を求める通知や「このアクセスは本人ですか?」と
通知が来るので、ちょっと面倒ですが仕方ありません。

グーグルのセキュリティは強力な体制で
ユーザーデータには政府にも直接アクセスさせないとのことです。
https://privacy.google.com/intl/ja/your-security.html
posted by DIY建築士 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

初めてのスマホ(音声通話可)

P1270593.JPG先月、息子にとって初めてのスマホが届き、
SIMのセットや設定などを行いました。

高校3年生までは駅までの迎えに電車時刻に
変更があった場合は、テレホンカードで駅から電話。

高校3年生の8月からデータ通信のみのSIMを入れた
スマホを持たせてSkypeでの連絡で十分に機能していました。

そのスマホは9700円の端末で動きはもっさりと遅いものの、
Skypeでの作動には支障はなく、データ通信専用のゼロSIMは
月額0円の範囲で収まっていました。

しかし大学生となれば通話が可能なスマホにせざるを得ません。
本人の希望を聞くと、iPhoneはバッテリーが持たない上に
高額すぎるのが嫌だという意見あり。
学校で周囲の友人たちがスマホを落として画面が
割れたり傷つけたりを何度も見ているためか、
壊れるリスクを認識した上での機種選びになりました。

よって、高額でないandroidスマホで候補選び。
バッテリーの持ちを優先事項として、2万円台で
ユーザーレビューから無難な機種を探した結果が
ファーウェイの「P9 Lite」。
Amazonで22000円程度で購入しました。
指紋認証もありサクサク動き満足している模様。
早速LINEをインストールしていました。

動画視聴など通信容量の大きいものはほぼiPadを使うので
格安SIMはFREETELの「使った分だけ安心プラン」で契約。
月額2000円以下で収まると予想。

入学式も終わり、息子はすでに一人暮らしを始めました。
これからは配送品の在宅確認などいろいろな電話がかかってくるでしょう。
posted by DIY建築士 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

ネット回線のボトルネック?

現在使用中の無線ルーターは3000円台の製品です。
メーカーでは低スペックモデルとして推奨は一人暮らし用。
データ転送速度は最高で300Mbps(11n)、54Mbps(11g)。

これに接続する端末はだんだん増えて
現時点でデスクトップパソコン3台、ノートパソコン2台、
iPad3台、iPod touch3台、プリンター、AVアンプ、Kindle2台、
プレステ、Chromecast、スマホ1台と全部で18台。
これは一人暮らし用というモデルでは想定外の接続台数のはず。

しかし、これでも速度の低下は感じていません。
3人家族なので同時接続が最大でもほぼ3台だからだと思います。

今回気になったのはデスクトップパソコン3台が
無線コンバーター(無線子機)に有線接続しており
それが古い規格(11g)なので最高速度が54Mbpsであること。

ネット回線はそれ以下の最高20Mbpsコースですが、
無線子機が最大速度を出せずにボトルネックになっていないか?

もしそうなら無線子機を300Mbps(11n)規格の製品に
交換すればネット回線が多少でも速くなるかと思い調べてみました。

まず、現在のネット回線はCATVで最大速度は20Mbps。
これ以上の速度は出ませんが体感的には不満はありません。

回線速度201612.PNG通信速度の測定サイトでは時々測定していましたが
だいたい18〜10Mbpsの結果を表示していました。

今回測定してみたら、
あ、現時点でネット回線の最大速度がでてる?

何度か測定を繰り返すと、18〜10Mbpsにもなりますが
1度であっても最高速が出るということは、
無線ルーターや子機はボトルネックになっていないということ?
これでは買い換えても速度向上の見込みなし。

ということで無線LAN環境の機器買い替えは止めました。

今後ネット回線を100Mbpsコースに変更するなら
11g規格(最大54Mbps)の機器を買い替える意味がありますが
現時点で速度の不満はないのでこのままになりそうです。

Amazonビデオ(プレステ使用)の映画を50インチの
モニターで見ても画像の劣化や遅れカクツキなどは全く感じません。

4K映像のネット配信を利用するようになるまでは
20Mbpsコースで十分なのかもしれません。
posted by DIY建築士 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

So-netの0SIMはどうするか

P1250755.JPGiPadminiで使用していた0SIMは
あまりに遅いのでFREETELに変更しました。

もう1枚0SIMの契約がありますが、
それは息子のskype専用スマホで使用中。
通話はせず使用するのはメッセージ機能だけです。
遅い通信速度でも支障ないので使用継続中です。

よって、1枚は不要のSIMとなってしまいましたが
0SIMは毎月0円で全く負担はないのでそのまま契約を維持します。

通信速度が改善されるかもしれませんし、
新たなサービスやオプションが追加されるかもしれません。

ただし3ヶ月に1回も使わないと自動解約で要返却らしい。
余った0SIMを使うデバイスはわが家には存在しないので
息子のスマホを余った0SIMと3ヶ月毎に差し替えることで
当面は契約を維持しようと考えています。

いずれ0SIMを使うことになる機器が現れるのではと考えています。

クルマやスーツケースにSIMを挿すようになったりとか。
いつの日か、靴にSIMを挿して徘徊防止システムのお世話になるかもしれません。
でもその頃にこの0SIMという製品が使えるかどうかは不明です。
posted by DIY建築士 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

0SIMをFREETELに変更

P1260701.JPG先日の記事のとおり、いつの間にか
とても遅い通信速度になっていた0SIMは
このまま使えるかどうかが懸案事項でした。

そんな折に、
0SIMをFREETELに戻すきっかけが発生。

きっかけ その1
外出中に自宅の息子から画像添付のメールを受信して
その画像を開こうとしたら、やけに時間がかかる。
待っていたら数分かかった。その画像容量は2.7MB。
たったこれだけの画像を受け取るのにこんなに待つのか!
まともな速度が出てれば数秒で読み込むはず。
これはやはり通信インフラとしてはストレス大きすぎ。

きっかけ その2
どうしようかなと思い、以前契約していたFREETELの
WEBサイトを見たら1年間0円キャンペーン中だったこと。

基本料(299円)が1年間無料になるということは
月に100MB以下の通信容量なら毎月無料?
これは0SIM化しているではないか。

1年後からは毎月299円(税抜き)になるけど、
まともな通信速度で使えるなら必要なコストと納得できる。

このように、不満とラッキーがちょうどいいタイミングで
重なったことから、すぐに申し込みました。

今回はFREETEL SIM for iPhone(iPad)。
Apple Storeのアプリダウンロードの通信は無料になるらしい。

なお、息子のスマホに使っている0SIMはそのまま使います。
通信速度が支障にならないskype専用機なので問題なし。

申し込み翌日にSIMが届きました。
前回使っていたFREETELなので各種設定は問題なく終了。

とりあえず、節約モード(200Kbps)で使ってみる。
あれ?速い!!!(これは午前11時ころ)
設定が節約モード(低速)になっていないのではと思い
何度確認しても節約モードがONになっています。

WEBサイトの表示は、どれもタップして2~3秒で一気に表示。
表示待ち時間のストレスはほぼないですね。
So-netの0SIMはどれだけ遅かったか改めて驚く。

通信速度は低速モードで十分に快適。
というか、これなら高速モードはいらない感じ。
外出中に動画とか見ないからこれ以上の速度は不要。

この節約モードだと通信容量をカウントしないので
月に100MBを超えても課金が発生しません。
通信容量を全く気にする必要がなくなります。

再び通信容量を気にせず快適に使えるモバイル環境となりました。
0SIMの月額0円から月額299円(税抜き)になりましたが、
来月から1年間はキャンペーンで毎月無料。
(ただし初期手数料の3666円はかかります。)

なお、いろいろ試していたら時間帯によって
節約モードの速度がかなり落ちることに気付きました。

そのときは節約モードを解除することでサクサク表示することを確認。
こういう使い方でも月に100MBは超えないと思います。
実用的な使い方がわかってきました。

追記(2016年10月18日)
節約モードの速度が外出中の時間帯で常に遅いようなので
原則通常モードで使うことにしました。
(モードの変更作業が面倒になった。)
posted by DIY建築士 at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

0SIM(ゼロシム)が遅い

P1250755.JPGiPadminiのモバイル回線は週に1回の外出時にしか
使わないので最近になって感じるようになりました。

モバイル回線で使っていると、ニュースサイトや
メールの取り込みの待ち時間がちょっと長い。
遅すぎないかこれ?

そういえばDTI(格安SIM)の200kbpsの時より明らかに遅い。
なんかおかしいなと思って、WEB検索をしたら
ユーザーが遅くなっていることを記事にしていました。

無料で使っているユーザーだけ遅いのか?
ユーザー全体が回線容量に対して増えすぎているのか?
原因はわかりませんが、気分はよくない。

ただし実害はあまりありません。
iPadminiでのモバイル回線はそもそも週に1回の
外出時しか使わないので使用頻度が低いからです。

ヤフーカーナビではどうなのか試したところ、
自宅のWi-fiで地図を取り込んだ後であれば
音声案内で運転している限り速度の影響は全く感じられない。

また、息子に持たせたスマホ(0SIM)ではSkypeの
メッセージ機能しか使わないので通信速度の影響は現れず
回線速度が劇遅になっていることに息子は気付いていません。

息子は公衆電話のない場所からでも連絡(週に1回程度)が
できるようになり、2か月前に導入した格安スマホと0SIMで
連絡に関する利便性は明らかに向上しました。

しかし、この0SIMの現状の遅さを許容できるユーザーは少ないはず。
私自身も使用頻度がもう少し増えるようならストレスを感じるのは確実。
そうなったFREETELの格安SIM(月額300円)に戻るかもしれない。

月額100円や200円なら有料にしてもいいから
1Mbpsくらいのスピードは出してほしいところ。
So-netは大丈夫なの?無料のままで?
posted by DIY建築士 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

Kindle Unlimited 読書が楽しい

P1260423.JPGKindle Unlimitedは先月から始まった
Amazonの読み放題システムで月額980円で
約12万冊の電子書籍の書籍やマンガ、
雑誌などが読み放題になるというものです

しかし読み放題の書籍リストに読みたい本が
少なければメリットはありません。

このサービスが気になってきたので確認してみました。
確認したのは、Amazonのほしいものリストに登録しておいた書籍。
数年前から書籍の評価メルマガで高評価であったり気になった本を
片っ端からほしいものリストに登録していました。
管理しやすいように書籍だけのリストを作成しています。

このリストを確認すると110冊以上がリストアップされており
この中でKindle Unlimitedの読み放題になっているのは
どれだけあるのか?

片っ端から調べてみたら意外とあるので、
「Kindle Unlimited」のリストを作り逐次移動しました。
移動後に確認してみるとなんと26冊もある。

ここから毎月10冊読んでも3か月程度かかります。
少なくても3か月は使い続けることが決定。
その間にもきっと読みたい本がKindle Unlimitedの
読み放題リストに増えていくと思います。

そして、そのままずーっと続くような予感。
図書館通いから読書の形態が変わるのは確実です。

そういうことでAmazonの読み放題システムに登録しました。
30日間は無料お試しです。
Kindleの端末は持っていませんがiPadで読めます。

リストの中から、特に読みたい本から順番に10冊を
「Kindle Unlimitedで読む」でクリックしていくと
隣に置いたiPadのKindleの書棚画面に現れる。
これは大きな画面のPCで作業するほうが快適。

P1260424.JPGiPadの中に本が増えていく。
なんだこのワクワク感。
図書館でたくさん借りたときと同じうれしさ。

なお、複数の端末にKindleアプリを入れておくと
1台のiPadだけではなく、別のiPadにも入っていきます。
複数のデバイスで読めるので、書籍や場所に応じて
デバイスを変えることが可能。

しかも読みかけのまま別のデバイスで開くと、
「読みかけの場所から開きますか?」と確認が出る。
これは便利だ。

画面が大きいほうが見やすいし読みやすい。
さらに読みやすいように文字サイズやフォント(明朝とゴシック)も瞬時に変えられる。
自分にとって読みやすいのは紙の書籍より大きい文字であることが分かった。(当然か。)
不思議なことに本を読むスピードが2割ほど速くなっている感じ。
文字が読みやすく、ページ送りの処理も一瞬だからだろうか?

これで自宅ではiPad、外出時はiPadminiで読書することが確定。
出張時に書籍を携帯せずに済むので荷物が軽くなるがうれしい。
ただし端末が使用不可となる可能性も考慮して、
予備に薄い文庫本でも1冊入れておくとしよう。

ん、Amazonがどんどん生活のインフラになってきた気がする。
住民税とか健康保険税とかは無駄に使われている気がするけど
Amazonの有料サービスは住民サービスとして喜んで払いたい。

役所もAmazonが運営すればいいかも。
posted by DIY建築士 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

格安スマホが意外と使える

ほぼSkype専用端末として購入した息子用のスマホ。
HUAWEI Y6 (Android5.1/5.0インチHD)。

スペックが低いためゲームが目的なら対象外になるような機種。
人気がないためか1万円以下で販売されていた端末です。
しかし目的が限定されていれば予想以上に使えます。

まず、Skypeとしての使い勝手を試してみると問題なし。
ただし、いきなり通話を実行すると相手側の呼び出し音が
出ないことありましたが、これは対処法を発見。
まずメッセージを1文字でも送れば着信音が出て、
その後の通話着信で確実に呼び出し音(メロディ)が鳴ることが分かりました。

さらに自宅で3台のタブレットでSkypeを起動しておけば
3台同時に呼び出し音が鳴り、いずれの端末で出ることも可能です。
これなら着信に気付かない事態を防げます。

ブラウザの作動もレスポンスも問題なし。

メールアプリの作動もレスポンスも問題なし。

P1260330.JPGテザリング機能もiPod touchで試したところ問題なし。

あとはバッテリーの持ちですが、
通常は機内モードにしておけば通信を一切行わない上、
画面の電力消費もないのでバッテリーは結構持ちます。

というより、使っていないからほとんど減らない。
下校予定時刻が変更しない限り使わないので。
P1260416.JPG
満充電から1週間後で十分に残っていました。
設定画面で確認すると電池残量67%。
(通学時に全く使ってない模様。)
これなら2週間でも持ちそうですが
充電は週1回することにしました。

P1260417.JPGあと試しておきたかったのがカーナビとしての機能。
ヤフーカーナビをインストールして使ってみました。

自宅からスシローまで約30qの案内で試すと問題なし。
iPadminiでヤフーカーナビを使っているのと同じ動きで
高速道路の合流でも音声案内のタイミングは完璧。
カーナビとしても支障なく使えそうです。

ヤフーカーナビでは距離30qの案内でデータ通信量を13MBしか使いません。
それも行き先を自宅内(Wi-Fi)で設定したのでモバイル通信は7MBでした。
posted by DIY建築士 at 05:59| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

息子に月額利用料0円のスマホ

高校3年生の息子は携帯電話もスマホも持っておらず
駅への送迎で時間が変更になった場合の連絡方法は公衆電話。
テレフォンカードを常備しています。

高校入学時の保護者説明会で奥さんが
学校に公衆電話はありますかと質問したら
先生たちは即答できず固まったそうです。

学校からや駅に着く前に連絡を取りたい場合は
周囲の友人にスマホを借りて30秒の通話でも100円を渡す。
高校3年生までこの状態でOKでした。
借りるのも年に数回程度。

このまま卒業まで行けると思いましたが
私自身がiPadminiで0SIM(ゼロシム)使うようになったことで
息子にスマホ持たせるかという心境になりました。
なんといっても月額無料のインパクトは大きい。

安いスマホ端末を購入して、0SIMを使えば
端末は1万円以下で毎月の通信料金は私同様に無料。

月額無料のSIMはデータ通信専用タイプですが
電話はできなくてもデータ通信でSkypeを使えば
電話同様に会話ができるし、その電話料金は無料です。

制約としては無料の範囲が月に500MBまでなので
スマホの使い道としてはSkypeとメール程度。
WEB検索程度はいいけど動画はダメということで。
この条件で使ってもらえばOK。

目的は公衆電話に替わる連絡手段であるということ。
ゲームをしたり動画を見たり音楽を聴くスマホではない。

この使い方であればローコストで利便性が大きく向上。
うまくいかなくても、この端末は他にも使い道あり。

P1260328.JPGこの計画を実行するために、スマホ本体は
HUAWEI Y6 (Android5.1/5.0インチ)を選択。
このモデルはスペックが低くてゲームには
向かないので価格が下落しているみたい。

Amazonより安いショップを価格コムで確認。
9700円(税込み送料込み)で購入できました。

So-netの0SIMは家族名義で1枚を追加で契約。(初期費用3394円)
いつの間にか0(ゼロ)の付く日にしか申し込めなくなっていた。

これであとはずーっと無料。毎月無料。
ちょっと便利になるかな?(利用頻度は低いと予想)

実際にはどのくらいパケット通信量になるのだろうか?
夏休みが明けて通学を開始しないとわかりませんが500MBは超えないと予測。

なお500MB超えた場合は100MB毎に100円で2GB使うと1600円。
ここで課金が止まり5GBまではこのまま1600円の定額。
5GBを超えると速度制限がかかるプランとなっています。

大学生になったら、たぶんスペックの高いスマホで
通話できるSIMを使うことになると思うので、
P1260331.JPGその時は奥さんのデータ専用端末になる予定。

息子の通学リュックに入れっぱなしになるので
疵だらけにならないようにカバーケースを付けました。
これはAmazonで注文、ドイツから発送の商品、
航空便送料込みで920円で届くのが不思議。
posted by DIY建築士 at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

0 SIMでデータ通信開始

P1250755.JPGiPad miniで使用していた格安SIMを
0 SIMに交換することにしました。
月間通信量500MB未満なら料金が無料です。

WEBから申し込んだところ
翌々日にSIMが届きました。

封筒を開けると、とてもシンプル。
SIMカードの台紙は真っ白で無印刷。

このシンプルさが徹底したコストダウンを
追及しているようで気持ちいい。

まず使用中のSIMを挿し替えます。

次にAPN(接続先)の設定ですが
アップル製品は単なる設定の入力ではなく
設定ファイルをインストールする必要性を
前回の交換時に学習しています。

これはマニュアルを見てインストール終了。
なお使用中だったSIMのAPN設定を残していたら
削除するようにとメッセージが表示されました。
削除しないとインストールできません。

インストール後、すぐに通信ができました。

次にテザリングを試します。
設定からインターネット共有をON、
iPod touchでWi-fiアクセスポイントとして認識、
新着メールを受信できたのでOKです。

この後、So-netのWEBサイトでユーザー登録のため
SIM電話番号とパスワードを入力。
いずれの番号もSIMのカードの台紙に記載されています。
(通話機能のないSIMだけど電話番号がある)

これでWEBサイトから通信容量の利用確認や
ユーザー登録内容の管理ができるようになりました。

データ通信量はiPadの端末側で確認できるので、
今後はアクセスすることはないと思いますが、
端末側と大きな差がないかを最初の月だけは
確認してみようと思います。

0 SIM のポイント
初期費用が3240円。
月間通信量500MB未満は無料。
以降100MBごとに100円(税抜)。
http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/
事業母体はソニー株式会社。

無料の範囲で利用を続けるユーザーは
これから大量に増えるのではと思います。
そういうユーザーが一定の割合を超えたら、
このサービスは事業として成り立たなくなるはず。

一定のユーザーを獲得した後に有料化を計画しているのだろうか?
毎月100円に変更しても大多数が契約を継続するはずなので、
最低価格の格安SIMとして事業を継続してほしいものです。
posted by DIY建築士 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

iPad miniに 0 SIM

P1250750.JPG格安SIMで1年半が経過して
iPadの通信料金が毎月325円で落ち着き、
この先契約変更することはなさそうです。

ということでしたが、
月間通信量500MB未満は無料になるという
「0 SIM」(ゼロシム)のコメントを
複数いただき、気になってきました。

ゼロシム・・・。
毎月の通信料金が無料?
響きが良すぎる。

契約変更すると初期費用がまた3240円かかるので、
当面は現状維持の予定でしたがよく考えてみました。

現在は月間通信量100MB未満なので毎月325円です。

週1回の外出なので1日あたりは約25MBですが
このデータ容量で、メールのチェックや返信、
ニュースや天気のチェック、カーナビや地図を
少々見る程度なら収まってしまいます。

ただし、「この辺でやめとくか」という抑止力が働いている。
月末には100MBを超えないように通信量を気にしているのも事実。

0 SIMにした場合はこれが500MBまで無料になる。

現状の5倍も使えるというのは無制限に近いイメージ。
現状の使い方なら通信量を気にする必要がなくなる?

もしかして、これは精神的に大きなメリットでは。
使い勝手(精神的に)が良くなって初期費用は10か月で償却か。

そう考えたら、0 SIMの採用決定。
早速申し込みました。
コメントありがとうございました。
posted by DIY建築士 at 08:47| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

iPadに格安SIMで1年半経過

P1250682.JPG2014年10月にiPad miniを購入して、同時に
格安SIMの利用を始めて1年半が経過しました。
携帯電話を使い続けているのでSIMはデータ専用です。

利用当初はDTIの格安SIM。
速度が250Kbpsでしたが通信料金は月506円(税込)。
この速度でも大きなストレスはありませんでした。

外出が週に1日程度なので、1か月の利用通信容量は
予想していたとおりほぼ100MB以下。

そこで2015年08月に通信容量100MB以下なら299円の
FREETELのSIMに契約変更しました。
速度は3GかLTEになりましたが、山間地での環境のためか
そんなに速さは実感できず。でも不満はありません。

その後の利用で100MBを超えたのは1回だけ、
外出の少ない月は30MB以下。
100MB以下なので毎月の請求は325円(税込み)です。
カーナビが意外と通信容量を使いません。(Yahoo!カーナビ)

これでモバイル用iPadの通信料金は落ち着いたようです。
FREETELのSIMは100MBを超えても1GBまで540円なので
この先契約変更することはなさそうです。
posted by DIY建築士 at 09:26| Comment(4) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

ネットブックもWindows10化

P1250224.JPG2011年に購入したB5サイズのモバイルノート。
ネットブックと呼ばれていたパソコンです。

これはモバイル用並びに停電時用に購入しており
図書館での利用、海外旅行などで使っていました。

しかし、だんだん動作が重くなってきて
電源を入れるたびにCPU使用率100%の状態が
しばらくの間発生するので使い勝手が悪くなっていました。

そして2014年末にChromeBookを購入したことで
ネットブックは外出用としては全く使わなくなりました。

ChromeBookはほぼブラウザだけのパソコンですが
その起動の速さはWindowsとは別物で快適。
購入して1年以上使ってますが現在も問題なく使えます。

よって、Windows7 Starterのネットブックは出番なし。
現時点での利用価値は無線LANの親機管理だけです。
それもデスクトップが無線LANに繋がらないとき限定。
無線LANにトラブルや買い換えがない限りは
使い道のなさそうなパソコンになってしまいました。

このままでは廃棄することになってしまいそうなので
製品寿命を延ばすために、このネットブックも
Windows10にアップグレードすることにしました。
7月までなら無料だし、動作が軽く安定することを期待しました。

外付のDVDドライブから起動してインストール。
ところが実行してみると途中で止まる?
「このパソコンではダメです。」と表示されショック。

具体的には「お使いのプロセッサでNXがサポートされていないため、
Windows10をインストールできません。」とのメッセージ。

でもちょっと調べたら解決方法が見つかり感謝。
http://hyperneetprogrammer.hatenablog.com/entry/2015/10/06/211337

P1250225.JPG対処後に実行したら無事にアップグレードできました。

やはり、動作が少し軽くなった感じがします。
CPU使用率100%にもなりません。
これで当面は緊急時の予備機として使えます。
posted by DIY建築士 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

ついにプリンターを交換

P1250220.JPG2004年モデルのhp製のプリンターが紙詰まり。
従来はその紙を取り除けば復旧しましたが
今回はセットしなおしても復旧できず何度も再発。

これは一時的な不具合ではなく紙送り機構の劣化と
思われるので、このプリンターの寿命と判断しました。

今回は壊れてちょっと喜んでます。
これでようやく昨年末に購入した
新しい(brother製)プリンターに交換できます。

地下室から運び出し、パソコンデスクに設置。
スッキリしたデザインでコンパクト。
パソコンデスク周りが一新した感じ。

そして使い勝手が大きく変わりました。
旧型機は待機電力があまりに大きかったのでコンセントに
スイッチを挟んで使用時だけ電源を入れてました。

新しいのは待機時で約0.2W、スリープモード時でも約1W。
これなら就寝時以外は常時通電させてもOKです。
印刷前の電源投入と終了後の電源断作業が不要になり楽々。

P1250221.JPGまた無線LANで繋がるというのはとても便利。
有線接続時のプリンターの親機という概念はなくなり
どの端末からでも直接印刷ができます。
アプリを入れるとiPadからの印刷も可能です。

印字品質は新しいので当然かも知れませんが不満なし。
黒インクが顔料でカラーインクが染料という設計が合理的。
そしてインクの持ちがいい上に純正でも低価格。

安価なのでもう1台買っておきたい衝動に駆られました。
posted by DIY建築士 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

パソコンの買い換え

P1170300.JPG先日パソコンが壊れたので、2週間ほど
スペックの低い2号機を使いながら
修理を試みてきましたが、結局買い換えました。

新たなPCは中古で購入しました。
それでもCPUは2世代も新しくなり、
メモリーは16GBも搭載していたので
Windows10の64bit版をインストール。
SSDは既存品を使います。(事前にデータのコピーが必要。)

クリーンインストールになったので、
各種設定や作業環境の復旧に数日かかりました。
アプリだけでなくデータに写真にメールなど全部戻さなければいけません。

問題は32bit版でしか動作しない既存のアプリですが、
これは数少ないので、32bit版の2号機で使うことにしました。
これでアプリの買い替えは不要。

壊れる前はWindows10(32bit)をSSDで使っており
十分に軽快で速いと感じていましたが、CPUが2世代も新しいと
ネットの回線速度が上がったかと思えるほどブラウザも速くなり感動。
起動(15秒程度で起動)や終了なども驚きの速さ。

ただし2号機に問題あり。
この2週間の2号機での作業でスペックの低さを痛感。
10年前に購入したパソコンにWindows10(32bit)を入れており
SSDを使っていたものの古いCPU(PentiumM)とメモリ(2GB)では
限界だったようです。この3か月で徐々に重くなった模様。

クリックしたときの反応だけでなく、
WEBサイトの閲覧でも描画速度の違いがはっきり出ます。
快適に使えなければ、2号機(予備機)としての価値が低いことを痛感。
これを使っていた奥さん。ちょっとゴメンね。

P1250171.JPGよって、この際に2号機も買い換えました。
新1号機と同じ世代のCPUの機種を中古で購入。
こちらはWindows10(32bit)をインストール。
メモリ4GBでも十分軽快に動作します。

今回の2台のパソコンも従来と同じCUBEタイプの製品に
買い替えたため、既存の高価なACアダプター電源を
使うことができ、ちょっと節約できました。
ケースファンも静音タイプに交換して無音化終了。

これで当面は壊れないでほしいものです。

P1250173.JPG久しぶりに降った昨日の雪、
20p程度積もりました。

除雪車が来る前に奥さんは通常通りに出発しました。
帰ってくるまでに雪かき作業です。

写真は室内から見るデッキ部分。
posted by DIY建築士 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

パソコンが壊れた

P1050746.JPGメインマシンが起動しなくなりました。
BIOSの表示もしません。

原因調査をしていますが、
電源ユニット全てを交換しても変化なし。
クローンのHDDに交換しても変化なし。
CMOSクリアーしても変化なし。
CMOSの電池を抜いて一晩おいても変化なし。
メモリーを抜き挿ししても変化なし。
メモリーを全部抜いてもビープ音なし。

故障の原因はマザーボードの可能性が大きいようです。

とりあえず、メインマシンのSSDを取り出して
外付けドライブとして2号機に接続しました。

これでほとんどの作業は行えるようになりました。

今後、どうするか考え中。
posted by DIY建築士 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

Picture Manager 起動が遅い

写真や画像を開くときはマイクロソフト標準装備の
Picture Managerをデフォルトのアプリにしています。
サイズを変更したりトリミングするのに便利だからです。
起動も速く、クリックした瞬間に写真が表示される感じです。

ところがこのPicture Managerは使っていると
少しずつ起動に時間がかかるようになりました。

放置していたらPicture Managerの起動画面を1秒くらい表示してから
写真が表示されるような遅さになりちょっとストレス。

調べてみたら、解決方法がありました。

それは特定のファイルに追加された記述を数行削除するだけです。
この作業後は一瞬で画像を表示するように戻りました。

最初はファイルまでたどり着くのに手間がかかりますが、
その作業ファイルのショートカットを作っておけば
次回からは1分もかからない簡単な作業になります。

年に1回程度この操作をする感じです。
Windows7の環境で有効な方法ですが
Windows10のPCではまだ試したことはありません。

以下のサイトに詳しく操作方法が説明されています。

Microsoft Office Picture Manager の起動が遅い時の対処方法
http://pc.mogeringo.com/archives/431
posted by DIY建築士 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

プリンターがおかしくなった

P1180887.JPG使用しているプリンターは2004年モデルのHP製。
数カ月前から印刷品質ががおかしくなりました。

WEBページの印刷は問題ないのですが、
写真や年賀状の印刷をすると
なぜか発色が全体的に緑色っぽくなります。
インク切れと考えカートリッジを交換しても変わらず。

試行錯誤の結果、判明したのは印刷品質を下げると
正常な印刷色になるということ。

しかし、かなり粒状感が出てしまうので、
年賀状や証明写真には耐えられる印刷品質ではありません。

たぶんプリンタードライバーがおかしくなっています。
新たにドライバーを上書きしようと探しましたが
11年前のプリンターにはWindows7用のドライバーはありません。

本体を買い替えようにも、インクカートリッジの予備が
いくつか残っているので使えるのに廃棄するのはもったいない。
オフィス文書やWEBページの印刷は全く問題ないし。

そんな状況で年賀状印刷の時期となってしまい
仕方がなく年賀状用にプリンターを購入することに・・・。

選定にあたってはサイズとデザインとインクの持ちを優先。
写真印刷品質は最低限でいい。
FAX機能もなくていい。(この際FAXはやめる)

Amazonで評価を参考に探したら、brother製でいいものを発見。
ユーザー評価がかなりよく、意外と安い最新モデル。
インクの持ちがいい上に、インクカートリッジも安い。
brotherプリンター PRIVIO DCP-J963N-W

この製品はボディがホワイト色でコンパクト。(ブラックもあり)
そしてインク寿命が長いとのことで条件をすべて満たします。

新しいプリンターはWiFi(無線LAN)接続できるので
設置場所はコンセントさえあればどこでも自由。

今回の目的は年賀状だけなのでとりあえず電子ピアノの上で印刷開始。
旧プリンターはそのまま使うので移動せず。

使ってみたところ、問題点はありません。
年賀状はきれいに印刷できました。
用紙送りでずれが全くなく、全てピシッと位置があってる。
既存のプリンターより数段速いし、音もまあまあ静か。
インク残量.JPGスキャン機能も進化しており便利に使えそう。
レーベル印刷やADFなどの機能も満載です。

インクのもちもレビューのとおり優秀で満足。
本体ラインへの充填とテスト印刷終了後に
年賀状を50枚印刷した時点でほぼ8割残っています。
(本体付属品のインクカートリッジ)

P1240740.JPGなんといっても便利なのはWiFi接続。
年賀状印刷終了後に地下室に収納しましたが、
追加の年賀状は地下室で印刷しました。

デザイン的にもコンパクトでスッキリしている。
パソコンデスクに設置の旧型機と早く交換したい
ところですが・・・。

旧プリンターはインクカートリッジの在庫があるので
使いきった時点で新しいプリンターと交換を予定。
あと2年くらい持つかも。
posted by DIY建築士 at 13:38| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

古いPCがWindows10で快適

P1240566.JPGDVDからアップグレードを起動すると
開始後すぐにWindows7のプロダクトキーの
入力画面が出ますが、これを通過すれば
あとは数回の同意や設定の選択をするだけ。
アプリとデータを引き継ぐインストールを選択。
その後は放置で再起動を何度か繰り返します。

P1240569.JPG1時間くらいでWindows7だったときの
デスクトップが現れました。
タスクバー以外は全くのそのまま。
ただし解像度が適切ではなかったので
1280×1024に変更して正常化。

このまま使えるのかどうか試してみると、
P1240559.JPGネットもつながってるし、メールも受信できてる、
データも写真も今までどおりの場所にある。
オフィスソフトも何事もなく起動する。
しかも全ての動きが速い。すばらしい。

CPU使用率を見ると、アイドル時の使用率は
劇的に下がっていました。これなら問題なし。

CPU3%.PNGセキュリティソフトのMS Security Essentialsが
起動していないと思ったらWindows Defenderという
アプリに変わって起動していたのでこれも問題なし。

なお、Windows7へアップグレードしたときと同様に
休止やスタンバイができなくなりました。
見かけ上は休止に入るものの、その後に再開させると
途中で止まってしまいます。(強制終了で再起動可能)

これはビデオドライバが正常に設定されてないのが
原因なので、Windows7へアップグレードした時に使って
保存してあったXP用のドライバを使いました。

ドライバの実行前に右クリックの互換性メニューで
「互換モードで実行」にチェックを入れて「Windows7」を選択して実行。
デバイスマネージャーのビックリマークは消えませんが
電源の休止モードが使えるようになりました。
ただしスタンバイは設定できない模様で諦めました。
これはモニターの電源だけ切ることで代替策としました。

その後にOSのアップデートも終わらせて主要な設定はほぼ終了。
思っていたほどは再設定の手間がかかりませんでした。
引き継ぎアップグレードはクリーンインストールとは
比較にならないほど楽にできることを実感。

なお、Windows10のブラウザーは「IE」でなく「Edge」になるけど
お気に入りなどをインポートすれば使い勝手は問題なさそう。
これはメインブラウザをChromeにしていればほぼ影響なし。

設定画面.PNGそれにしても素晴らしくサクサク動く。
Windows7で使っていた時よりはるかに軽く速い。
もっと早くやればよかった。

ただし動画関係はCPUの限界みたいで
DVD再生やYoutubeの視聴時にCPUが100%に
張り付いて多少のぎこちなさを感じます。
動画だけは別の端末を使う方が良さそう。

わが家の一番古いパソコンが最新のWindows10で
快適に動いているのがなんだか不思議。
posted by DIY建築士 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

古いパソコンにWindows10

デスクトップの2号機は2006年製の静音PC。
CPUはPentiumMでメモリは2GB(最大)でドライブはSSD。

CPU100%.PNG当初のOSはWindowsXPで、2年ほど前に
Windows7化して最近までは問題なく使えていました。

しかし、ちょっと前から何もしていないのに
CPU使用率100%となり、クリックしてもしばらく
反応しない状態が発生。
バックグラウンドでアップデート処理でもしてるのか?

数十分放置すると、CPU使用率が10%程度に下がってましたが
先日は1時間たっても100%のままで使い物にならない状態。

原因はよくわかりませんが、SSDでさえこの遅さでは
数世代前のCPUの処理能力の限界なのかもしれません。

そろそろパソコン本体の買い替えが必要と考えていましたが
古いパソコンでもWindows10にアップグレードで快適に動くとの情報あり。
これは試す価値ありと判断しました。
アップグレードは2016年7月までは無料です。(既存のOSに制限あり)

Windows 10は貧弱マシンの強〜い味方!?(PC Online 日経BP社)
この記事からすると低スペックでも軽く動くOSらしい。

しかし通知領域に現れる「Windows10を入手」の手続きから進むと
「このパソコンではスペックが不足でダメ」とのメッセージでアップグレード不可。

それならばと、Windows10のDVD用データ(32bit版)をダウンロードして
DVDに焼いて、ディスクドライブからのアップグレードを試してみました。

その結果、既存のデータやアカウント設定などを
引き継ぐアップグレードがすんなりできてしまいました。
(つづく)
posted by DIY建築士 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする