2016年01月13日

Picture Manager 起動が遅い

写真や画像を開くときはマイクロソフト標準装備の
Picture Managerをデフォルトのアプリにしています。
サイズを変更したりトリミングするのに便利だからです。
起動も速く、クリックした瞬間に写真が表示される感じです。

ところがこのPicture Managerは使っていると
少しずつ起動に時間がかかるようになりました。

放置していたらPicture Managerの起動画面を1秒くらい表示してから
写真が表示されるような遅さになりちょっとストレス。

調べてみたら、解決方法がありました。

それは特定のファイルに追加された記述を数行削除するだけです。
この作業後は一瞬で画像を表示するように戻りました。

最初はファイルまでたどり着くのに手間がかかりますが、
その作業ファイルのショートカットを作っておけば
次回からは1分もかからない簡単な作業になります。

年に1回程度この操作をする感じです。
Windows7の環境で有効な方法ですが
Windows10のPCではまだ試したことはありません。

以下のサイトに詳しく操作方法が説明されています。

Microsoft Office Picture Manager の起動が遅い時の対処方法
http://pc.mogeringo.com/archives/431
posted by DIY建築士 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

プリンターがおかしくなった

P1180887.JPG使用しているプリンターは2004年モデルのHP製。
数カ月前から印刷品質ががおかしくなりました。

WEBページの印刷は問題ないのですが、
写真や年賀状の印刷をすると
なぜか発色が全体的に緑色っぽくなります。
インク切れと考えカートリッジを交換しても変わらず。

試行錯誤の結果、判明したのは印刷品質を下げると
正常な印刷色になるということ。

しかし、かなり粒状感が出てしまうので、
年賀状や証明写真には耐えられる印刷品質ではありません。

たぶんプリンタードライバーがおかしくなっています。
新たにドライバーを上書きしようと探しましたが
11年前のプリンターにはWindows7用のドライバーはありません。

本体を買い替えようにも、インクカートリッジの予備が
いくつか残っているので使えるのに廃棄するのはもったいない。
オフィス文書やWEBページの印刷は全く問題ないし。

そんな状況で年賀状印刷の時期となってしまい
仕方がなく年賀状用にプリンターを購入することに・・・。

選定にあたってはサイズとデザインとインクの持ちを優先。
写真印刷品質は最低限でいい。
FAX機能もなくていい。(この際FAXはやめる)

Amazonで評価を参考に探したら、brother製でいいものを発見。
ユーザー評価がかなりよく、意外と安い最新モデル。
インクの持ちがいい上に、インクカートリッジも安い。
brotherプリンター PRIVIO DCP-J963N-W

この製品はボディがホワイト色でコンパクト。(ブラックもあり)
そしてインク寿命が長いとのことで条件をすべて満たします。

新しいプリンターはWiFi(無線LAN)接続できるので
設置場所はコンセントさえあればどこでも自由。

今回の目的は年賀状だけなのでとりあえず電子ピアノの上で印刷開始。
旧プリンターはそのまま使うので移動せず。

使ってみたところ、問題点はありません。
年賀状はきれいに印刷できました。
用紙送りでずれが全くなく、全てピシッと位置があってる。
既存のプリンターより数段速いし、音もまあまあ静か。
インク残量.JPGスキャン機能も進化しており便利に使えそう。
レーベル印刷やADFなどの機能も満載です。

インクのもちもレビューのとおり優秀で満足。
本体ラインへの充填とテスト印刷終了後に
年賀状を50枚印刷した時点でほぼ8割残っています。
(本体付属品のインクカートリッジ)

P1240740.JPGなんといっても便利なのはWiFi接続。
年賀状印刷終了後に地下室に収納しましたが、
追加の年賀状は地下室で印刷しました。

デザイン的にもコンパクトでスッキリしている。
パソコンデスクに設置の旧型機と早く交換したい
ところですが・・・。

旧プリンターはインクカートリッジの在庫があるので
使いきった時点で新しいプリンターと交換を予定。
あと2年くらい持つかも。
posted by DIY建築士 at 13:38| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

古いPCがWindows10で快適

P1240566.JPGDVDからアップグレードを起動すると
開始後すぐにWindows7のプロダクトキーの
入力画面が出ますが、これを通過すれば
あとは数回の同意や設定の選択をするだけ。
アプリとデータを引き継ぐインストールを選択。
その後は放置で再起動を何度か繰り返します。

P1240569.JPG1時間くらいでWindows7だったときの
デスクトップが現れました。
タスクバー以外は全くのそのまま。
ただし解像度が適切ではなかったので
1280×1024に変更して正常化。

このまま使えるのかどうか試してみると、
P1240559.JPGネットもつながってるし、メールも受信できてる、
データも写真も今までどおりの場所にある。
オフィスソフトも何事もなく起動する。
しかも全ての動きが速い。すばらしい。

CPU使用率を見ると、アイドル時の使用率は
劇的に下がっていました。これなら問題なし。

CPU3%.PNGセキュリティソフトのMS Security Essentialsが
起動していないと思ったらWindows Defenderという
アプリに変わって起動していたのでこれも問題なし。

なお、Windows7へアップグレードしたときと同様に
休止やスタンバイができなくなりました。
見かけ上は休止に入るものの、その後に再開させると
途中で止まってしまいます。(強制終了で再起動可能)

これはビデオドライバが正常に設定されてないのが
原因なので、Windows7へアップグレードした時に使って
保存してあったXP用のドライバを使いました。

ドライバの実行前に右クリックの互換性メニューで
「互換モードで実行」にチェックを入れて「Windows7」を選択して実行。
デバイスマネージャーのビックリマークは消えませんが
電源の休止モードが使えるようになりました。
ただしスタンバイは設定できない模様で諦めました。
これはモニターの電源だけ切ることで代替策としました。

その後にOSのアップデートも終わらせて主要な設定はほぼ終了。
思っていたほどは再設定の手間がかかりませんでした。
引き継ぎアップグレードはクリーンインストールとは
比較にならないほど楽にできることを実感。

なお、Windows10のブラウザーは「IE」でなく「Edge」になるけど
お気に入りなどをインポートすれば使い勝手は問題なさそう。
これはメインブラウザをChromeにしていればほぼ影響なし。

設定画面.PNGそれにしても素晴らしくサクサク動く。
Windows7で使っていた時よりはるかに軽く速い。
もっと早くやればよかった。

ただし動画関係はCPUの限界みたいで
DVD再生やYoutubeの視聴時にCPUが100%に
張り付いて多少のぎこちなさを感じます。
動画だけは別の端末を使う方が良さそう。

わが家の一番古いパソコンが最新のWindows10で
快適に動いているのがなんだか不思議。
posted by DIY建築士 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

古いパソコンにWindows10

デスクトップの2号機は2006年製の静音PC。
CPUはPentiumMでメモリは2GB(最大)でドライブはSSD。

CPU100%.PNG当初のOSはWindowsXPで、2年ほど前に
Windows7化して最近までは問題なく使えていました。

しかし、ちょっと前から何もしていないのに
CPU使用率100%となり、クリックしてもしばらく
反応しない状態が発生。
バックグラウンドでアップデート処理でもしてるのか?

数十分放置すると、CPU使用率が10%程度に下がってましたが
先日は1時間たっても100%のままで使い物にならない状態。

原因はよくわかりませんが、SSDでさえこの遅さでは
数世代前のCPUの処理能力の限界なのかもしれません。

そろそろパソコン本体の買い替えが必要と考えていましたが
古いパソコンでもWindows10にアップグレードで快適に動くとの情報あり。
これは試す価値ありと判断しました。
アップグレードは2016年7月までは無料です。(既存のOSに制限あり)

Windows 10は貧弱マシンの強〜い味方!?(PC Online 日経BP社)
この記事からすると低スペックでも軽く動くOSらしい。

しかし通知領域に現れる「Windows10を入手」の手続きから進むと
「このパソコンではスペックが不足でダメ」とのメッセージでアップグレード不可。

それならばと、Windows10のDVD用データ(32bit版)をダウンロードして
DVDに焼いて、ディスクドライブからのアップグレードを試してみました。

その結果、既存のデータやアカウント設定などを
引き継ぐアップグレードがすんなりできてしまいました。
(つづく)
posted by DIY建築士 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

パソコンの電源が突然落ちる

P1240098.JPGこれはデスクトップPCで1か月前から起きた現象で、
文字通りに停電の如く突然の電源断が発生。

最初はたまたまの現象だと思っていましたが、
2週間後には1日1回あったりなかったりの頻度に・・・。

この現象が起きた後の電源投入後は
黒い画面で「起動方法選択」のメニュー画面になります。
Windows7のOS側からも不意に落ちたという認識。

発生のタイミングは以下のように様々で傾向なし。
・アウトルックで入力中
・ブラウザで検索のエンター時
・どこかをクリックした瞬間
・スリープからの復帰時
・ブラウザの閲覧中(操作なし)
・スリープからの復帰1分後(操作なし)

もうこれは何とかしなければダメな状態です。

この事例をネット検索してみましたが、あまり例が見つからない。
とりあえず以下のサイトを参考にしていろいろ試す。
http://johokankyo.com/trouble/memory_trouble/

メモリ診断するも異常なし。
仮想メモリの設定を変更しても再発するので設定戻す。
HDDの問題はSSDだから該当せず。

CPUのオーバーヒートの症状と似ていますが
システム管理アプリで温度を表示させても
30℃程度なので熱暴走の可能性はありません。
冷えているスタンバイからの復帰直後にも落ちたし。

P1240096.JPGでも念のためケースを開けてエアブローで清掃。
ファンに意外と埃が付いていたのでこれはやってよかった。
マザーボード上のコンデンサで膨張しているものが
あるかどうかも確認しましたが見当たらず。
目視の範囲では異常なし。

そして清掃後も不意に電源は落ちました。
原因不明・・・。
もしかして、これはBIOSの問題かも?

BIOSの設定画面を起動してメニューから
影響のありそうな項目としては電源管理。
ここでスタンバイの設定を変更してみました。
モードをS3(省電力スタンバイ)からS1(スタンバイ)に変更。

すると、その後は全く電源が落ちません。
そして2週間が経過しました。

原因はわかりませんが、解決です。
デメリットととしては待機電力が少々アップしますが
就寝時には電源を切っているので、たぶん月額にして数十円程度。

完璧を期するにはBIOSをアップデートするといいのかもしれませんが
万が一失敗すると起動しなくなるリスクがあるので現状で良しとします。
posted by DIY建築士 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

ipod touchを使ってみた

P1230625.JPGクルマのミュージックプレーヤーとして
息子からもらったをipod nano使っていましたが
ちょっと不満点が出てきました。

その1 バッテリーの持ちがよくない(小さいから)
その2 充電ケーブルのコネクタがLightningではない
     (Lightningは裏表がなく、とても使いやすい)

わが家では他のApple製品のすべてがLightning端子で
充電場所には常設の充電ケーブルが待機しているのですが
ipod nanoだけは旧式のケーブルに差し替える必要があり、
週に1回程度ですが、これがちょっと面倒でした。

この面倒を解消するためにはipod nanoをipod touchにすればいい。
ということでipod touchの中古をヤフオクで入手しました。

パソコンに接続してiTuneで同期をするとディスプレイが大きくなって
見やすく片手でのタッチ操作はとても楽なことに気づく・・・。
そういえば片手でタッチ操作できるタブレットは初めてでした。
これがスマホの操作感覚か・・・。

パソコンでiTuneに新たに取り込んだ曲をWi-fiで自動的に同期?
同期にケーブルが不要になるのか。これはすばらしい機能。

そして、いろいろと使ってみると思いのほか使える機能が・・・。
ネットにつながるのでブラウザのみならずメールチェックもスケジュールも。

天気予報が簡単に確認できるのが、想像以上に便利。
Chromeもインストールできるではないか。
片手操作なのでipad miniよりもはるかに手軽に使える。
写真も撮れるしLEDライトも付いてる。

ブラウザやメールにスケジュールは、小さい画面用に
設計された各アプリの画面がなかなか見やすい。
これはパソコンの使用率が下がるので省エネ効果あり。

クルマ用のミュージックプレーヤーとしてより、
家の中で日常的に使うようになりました。
通信回線は自宅の無線LANなので通信料金は不要です。
posted by DIY建築士 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

iPad miniのSIM契約変更

P1230497.JPG昨年10月に購入したiPad miniには格安SIMの
ServersMan SIM(DTI)を使用してきました。

このSIMの料金は月額506円(税込)で
通信速度が250Kbpsです。(通信容量制限なし)
チャージすれば高速通信に切り替えも可能です。

9か月間使ってきましたが、WEBサイトの表示、
メール、カーナビの利用では250kbpsでも
スピードに支障や不満はほとんど感じませんでした。

ところが、最近になってWEB情報でさらに安いSIMが
出現したことを知り、それは最低料金が月額323円(税込)!
FREETEL https://www.freetel.jp/

この安さで通信容量100MBまで3G/LTEのスピードで使えます。
さらに100MB/月をこえても1GB/月までは539円(税込)。

私の場合、週に1回の外出時に持ち出すだけなので
モバイル通信での通信容量は月に85MB程度でした。

ということは、今までどおりの使い方で月額323円になるうえ
通信スピードが3G/LTEになるのか。

これでは契約変更しない理由はありません。
強いて言えば初期費用の3240円(税込)が発生するが理由にならず。

早速、WEBサイトから申し込むと2日後に新しいSIMが届きました。
SIMを差し替え後に、説明書にある通りAPN設定を変更したら
すぐに3Gドコモ回線につながりました。

ところが、いざという時用のテザリングが・・・。
インターネット共有という機能をONにしようとすると
「オンにするにはドコモに問い合わせてください。」とのメッセージ。

とりあえず、iPad miniの再起動でダメ。
次に、iOSを最新にアップデートでもダメ。
これが落とし穴だったのか?

しかたがないので、SIMの問い合わせ窓口に電話したら
アップルの製品の場合は、設定項目のプロファイルを
修正する必要があることがわかりました。
(同封の説明書に書いてください!)

設定 → 一般 → プロファイル

ここで旧SIMのプロファイルを削除してから、
新SIMのプロファイルをブラウザからインストールです。
http://blg.freetel.jp/faq/868.html

なお、safariではインストールに進みますが
Chromeではダメでした。(セキュリティが強力なのか)

インストールしたらインターネット共有が設定できるようになり
試してみたら他のiPadでテザリングができました。

これで月額323円のモバイル通信環境を実現。(旧SIM契約は解約する。)
通信データ量の少ない方には最適なサービスと思います。
posted by DIY建築士 at 15:44| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

メガネ レンズ変更でもうひとつ

先日作ったパソコンモニター用のメガネで
PCモニターの文字がクッキリ見えるようになりましたが
30分以上つけていると度がキツイ感じがしてきました。

さらに、振り返って家族と会話をするときなど
数メートル先はボヤケて老眼鏡かけてる感がハッキリ。
さらにメガネしたまま歩くのは嫌な感じ。
これは近距離用のメガネとして作ったのだから
承知の上のことですがちょっと使い勝手がよくないことを実感。

メガネショップではPCモニターの距離専用ということで
選定したレンズなので、ちょっと離れた場所を見る時の利便性や
数時間の連続使用に対する疲労度まで考慮してませんでした。

そこで思いついたのは、このメガネから遠視の度を抜いて
乱視のみのレンズにしたら遠近に対しては裸眼と同じなのだから
そのままで遠近両用になるのではということ。

そこで翌週メガネショップを再訪問。
作ったメガネから遠視の度を抜いて、乱視の矯正だけを試してみたいと説明。
「それじゃ、完全に素通しですよ。」と言われましたが試してみたい。

そして、乱視だけ矯正したレンズで疑似PC画面のパネルを見ると
これでもクッキリ見えるしさらに手前のキーボードもクッキリ見える。
これでいいんですよ、これで。これでもう一つ作ってください。
フレームは前回選んだ時の第二候補で決定。

前回作ったメガネは老眼が進んだら使うようになるのではと予想。
これまでの老眼化から予測するとたぶん5年くらい先になるかな。

完成したメガネで自宅のPC画面を見てみると
文字は前回同様クッキリ見える。見え方に不足なし。
そして前回の遠視の度の入ったメガネで感じていた
30分以上の連続使用での疲労感・違和感はほぼない。

そして大きな改善点は、そのまま遠くも見えるので外さずに全ての行動が可能。
振り返って家族と会話も全く違和感なし、というよりよく見える。
本も読みやすくテレビで映画も見れるし運転もできる。
これは遠近両用ではないか。(近視遠視の度が入ってないので当たり前)
なんだかQOLがとても向上した実感あり。

メガネショップの対応で感じたこと。
メガネというものは近視か遠視を矯正し、
乱視があればついでに矯正するのが一般的であり
乱視だけを矯正するということはあまり経験がないと感じました。
(乱視だけのレンズで作るメガネは不本意という感じでした。)

メガネショップではハイテクな測定機器で本人の見え方を
伝えなくても、目の状態を測定して適した度数のレンズを
選定できるようですが、それが最も適しているとは限りません。

レンズの選定では主体性を持ってあれこれ試した結果として
自分の見え方や生活に適したレンズを選ぶことが必要であると感じました。

このメガネはとても快適なので、
外出用にもうひとつ作ることにしました。

ただし、このメガネは不思議なことに
至近距離(30〜35p)だけは裸眼よりぼやけて不利。
そして顔から30p以内では確実に遠視の度付きが必要です。
posted by DIY建築士 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

近視メガネと老眼鏡を重ねると・・

P1230206.JPGメガネは就職して初めてを作りましたが、それは
軽い近視用で目的がサーキット走行用だったので
日常生活では不要で、使うとしても映画館で映画を
見る時や夜間の運転時ぐらいでした。

その後も20年以上視力に変化は感じられず、
普段の生活もパソコンを使うときも読書も裸眼でした。

メガネを使うのは今もテレビで映画を見る時と夜の運転時くらいです。
それも30年くらい前に作ったもので十分に見えています。

しかしここ数年、パソコンモニターの文字がぼける感じで
これは老眼になってきたせいではないかと考えていました。

裸眼でも見えているものの、特に小さい表示の3と8を見分けるときなどは
顔を近づけたり目を細めたりしていました。

だからといって、近視の眼鏡をPCモニターの距離で使うと、
クッキリ見えるのだけどきつい感じで強い違和感があり、
かといって老眼鏡(+1.0)を使ってみると、
これでもなぜかクッキリ見えるものの強い違和感で使う気にはなれません。

そこで両方を重ねてみるとどうなの?と思いつき、やってみると
あ、クッキリ見える上に違和感なく自然な感じではありませんか!
これはかなり驚いた。このハイブリッドレンズを作ればいいのだ。

そしてメガネショップに行き、説明したところ...。
「それはただの素通しですよ。」
「えっ、でもこれでクッキリと自然に見えるようになるんですよ。」
「それは乱視の矯正だけが残った状態です。」

そうだったのか...。
近視でもなく老眼でもなく、乱視の矯正だけすればよかったのか。

納得して、レンズの選定のため測定機器を使っての検眼。
そして何度かレンズを入れ替えて試した結果
PCモニター専用(距離)のレンズとして選定したのは、
乱視と軽い遠視の度(+0.5)を入れたものになりました。

翌週メガネを受け取り、早速そのメガネを使ってPCモニターを
見たところ文字はクッキリ、フォントの色が濃く見える。
こんなにも違うとは。
これならモニターに小さい字が表示されても目を細めることもない。
とても快適、気分がいい。

当然ですが、モバイル用のChromeBookの液晶モニターもきれいに見える。
従来は文字サイズを大きくして見やすくしていましたが、ほぼ100%でOK。
もっと早く気づいていればよかった。

さらに、本の文字もクッキリ見えて違和感なし。
わかったぞ、度数+1.0という既成品の老眼鏡は度が強すぎたのか。

メガネを作ったのは20年ぶりくらいですが、
最近はレンズとフレームのセットで数千円と安いし、
こんなに快適になるならもっと早く作るべきでした。
posted by DIY建築士 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

SSDの空き容量を増やす

デスクトップPCで使用中のドライブは240GBのSSDで
3年前から使用していますが非常に速く音もなく快適。

ただし、SSDは空き容量が減少すると速度が低下する性質があるようです。
当初から使用容量は半分程度なので速度低下を感じたことはありません。
100GB以上の空き容量があれば十分と考えています。

ところが最近になって空き容量が99GBと表示されたので、
不要なファイルをクリーニングするためクリーナーアプリを
実行したのですが、今回は空き容量があまり増えません。

そこで、このアプリを最新バージョンにしたところ、
不要ファイルがなんとギガバイト単位で検出されました。

どこにそんな不要ファイルがあったのかと詳細表示を見ると
ブラウザの古いバージョンでの不要ファイルを見つけていました。
IE5の一時保存ファイル等で従来のバージョンでは見逃していました。

ssd.JPG使っていたのは何年も前のバージョンでした。
最新バージョン、ありがとう!
これでスッキリしました。

GLARY.JPGグレイソフトのレジストリークリーナは無料です。
メインの機能は不要なレジストリーを削除するもので
数年使っているパソコンであれば起動速度が回復します。
不要(リンク先なし)となったショートカットも
削除してくれます。
使っているのは「ワンクリックメンテナンス」だけです。
日経パソコンでもこのアプリを紹介していました。

窓の杜から無料でダウンロードできます。(最新バージョン)
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/glaryutils/

なお、初めての起動時にフランス語と漢字で文字化けのような
表示になりましたが、設定(ギアマーク)から日本語に変更すれば
正常に日本語表示します。
posted by DIY建築士 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

BGMにChromecastを試す

P1220852.JPGパソコンのスピーカーをBOSEに換えてから
Youtubeで聞いている音楽の音質が思いのほか
いいことに気づいてしまいました。

その後、Youtubeの音楽をリビングのAVアンプで
流すことを計画しクロームキャストを購入。
これはブラウザにChrome(クローム)を利用することと
AVアンプ側に余っているHDMI入力端子が必要です。

これでパソコン画面から操作してYoutubeの音楽を
全館に設置したスピーカーで流せるようになりました。

Youtubeで1時間とか2時間の音楽を選択すれば、
ネットラジオより詳細に好みの音楽をBGMとして使えます。

AVアンプからネットやPCの音楽を流すということでは
iPadで使えるAirPlayとかぶる機能ではあるものの、
パソコンに向かっているときに操作できるのがメリットです。

それなら、パソコンのスピーカーでいいじゃないかとなりますが
BGMは離れたスピーカーから聞こえる方が疲れないというメリットがあります。

Chromecastの本来の目的はネット動画や音楽をテレビで
見るもののようですが、テレビで動画を見たことはまだありません。
いずれ、これでネット配信の映画とかを見る日が来るのかもしれません。

いや、スカパーで撮りだめた映画や海外ドラマが大量にあるので、たぶんない。
posted by DIY建築士 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

iPad miniにもChrome

デスクトップのブラウザにクロームを使うようになり
モバイル用にもクロームブックを使うようになったことで
操作に慣れてきたのでiPad miniにもクロームをインストール。

ブックマークはメインマシンと同期されているし、
タブの1つをGmailにしておけばメールチェックも可能。

ブックマークを自動的に同期するという機能は
やはり便利でストレスフリーです。

iPadでは標準ブラウザのサファリと同じようにブラウザ上の
読みたい部分をダブルタップするだけでその部分だけを
画面いっぱいに最大化表示する機能あり。
これは老眼化しているので読みやすくなり非常に便利。

P1220643.JPGただし、宿泊するような出張でもしないとiPad miniで
ブラウザを使うことはあまりありません。

iPad miniの用途はほぼミュージックプレーヤーの
リモコンとなりました。音はAVアンプから出します。
ネットラジオかiTunesのリモコンとして使っています。

この使い方ではほぼカバーを閉じており、
バッテリーを消費しないので充電は月に2回程度です。
posted by DIY建築士 at 18:38| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

モバイル通信はちょっとだけ

iPad miniでモバイル通信を使い始めてからちょうど3ヶ月が経過。
週に1回くらいしか外出しないので通信容量は極小です。
P1220645.JPGこの1ヶ月間のモバイル通信(外出時)での
通信容量を確認すると30MBでした。

先月とほぼ同じで、やはりほとんど使っていない。
SIM利用の月額507円がもったいなく感じそうなくらい。

でも、あるとないとでは利便性に大きな差があるし、
自宅回線障害時のバックアップを兼ねているのだから許容。

このままだと、高速通信のチャージ(100MB/250円)の
有効期限(6ヶ月)が切れるので、明日から高速通信で使ってみます。
posted by DIY建築士 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

モバイル回線の通信容量

iPad miniに格安SIMをセットして約2か月が過ぎました。
回線速度は250kbpsですが、高速オプションを使うことはありませんでした。

モバイル時に低速でもストレスなく使えるのは以下の利用方法だからだと思います。

外出が週に1回程度しかない。
メールとブラウザしか使わない。
移動がクルマなので移動中は利用しない。(カーナビ時は通信する)
外出時に動画は見ない。

このような利用状況で毎月の通信容量がどの程度になるかを記録してみました。

利用開始の月は、外出時にいろいろと試したりして積極的に使っています。

P1220301.JPGといっても週に1日程度しか外出しないので、
出先で使うだけでなく駅までの家族の送迎に
カーナビのテストとして使ったりしました。
それでも1か月の通信容量は145MBでした。

そして、その翌月は週1回の外出時にブラウザと
メールしか使っておらず、あとはカーナビで1時間程度なので
月間の通信容量はたったの32MBでした。
思いのほか少ないことがわかりました。

ということは、このペースなら100MB分の高速チケット(270円税込)を利用しても
約3か月使えることになります。1か月あたり約100円。

DTIのSIMは基本料金が507円/月なので、私の利用状況では高速で利用しても
約600円/月で済むのだから常に高速オプション状態でいいかもしれません。

しかし今のところ低速でもストレスがないので高速通信にする気になりません。

このままであれば、購入した高速チケット100MB分が無駄になるので
有効期限(6か月)の3か月前から高速チケットを使ってみようかと考えています。

その後、低速に戻るとストレスを感じるようになってしまうのかもしれません。
posted by DIY建築士 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

クロームブックを採用

Chromeブラウザを試し始めて数日ですが快適で安全なブラウザとしてだけでなく
ブラウザで文書や表計算シートのオフィス文書も作成できることがわかりました。

そうなると、ChromeBookというブラウザだけのパソコンでも
ほとんどのことはできるので外出用としての採用を検討。

P1220380.JPG検討対象の製品は米国からの並行輸入品なので
USキーボードになるのがちょっと気になりましたが、
WEBサイトで利用者のレビューを見ていると、
日本語入力も差し支えないようで満足度が高く、
セカンドノートはこれで十分というコメントもあります。
価格がリーズナブルなのでAmazonで注文してみました。

HP ヒューレット・パッカード Chromebook 11 (Snow White) 並行輸入

このパソコンの最大のメリットはWindowsPCとは比較にならないスピードです。
OSが軽いため起動も動作も終了も速く、タブレットの感覚で使えます。
軽いOSのためハードのスペックは低いもののSSDの効果が大きいようです。

画面を閉じたスタンバイの状態から開くと同時に使える状態になっています。
これはiPadと同じ感覚です。電源が切れた状態からでも10秒程度で起動します。

従来は外出時にWindows7のネットブック(10インチ)を使用していましたが
スペックが低かったためSSDに換装したにもかかわらず起動後にバックグラウンドで
動く処理やサービスによってCPU使用率100%が10分程度続くので、
まともに動くようになるまで本を読んで待っていました。
ですから、この起動の速さは劇的な違いです。

あと、10インチから11.6インチになると画面の小ささをあまり感じなくなりました。
2割近く大きくなったことで見え方はずいぶん楽になります。

またネットブックはバッテリーの持ちが3時間程度でしたが、
クロームブックは6時間程度持つようで、この違いは大きいです。
日本語入力(ローマ字)もでき、USBの無線マウスも設定なしで使えました。

困ったこととしては、USキーボードなので句読点の「。」のキーがなく、
文書作成時に「まる」と入力して候補に出てくる「。」で入力しています。
面倒なので同期しているデスクトップ側で追加入力するようになるかもしれません。
(追記)いつの間にか、「>」キーで「。」が出るようになった。(学習機能かも)

P1220379.JPG画面を開くとちょっとMacBook ぽいですが、
液晶画面の品質は数世代前のレベルです。

ニュースサイトでは見出しのゴシック文字が
にじむように見えるのでフォントを明朝体に変更しました。
外出時の利用ならこれでいいという割り切りが必要です。

(追記)2016/01/04 乱視のメガネを使ってみたら結構きれいな液晶でした。
posted by DIY建築士 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

Chromeブラウザ 便利かも

chromeアプリ2.JPGChromeブラウザはセキュリティ面でIEより
有利なだけでなく、さまざまな機能が使え、
同期の設定により複数のパソコンで全く同じ
ブラウザ環境になるという機能も大きな魅力でした。
(ブックマークや文書が自動で同期など)

この同期を試してみるため、モバイルPCでクロームを立ち上げると、
あら不思議(不思議ではない)、デスクトップと同じブックマークになっている!
拡張機能も同期されてマウスジェスチャーも機能する、素晴らしい!

ただし、同期はちょっと注意すべき点があり複数のPCでブックマークの
フォルダを編集すると同じフォルダが複数出来たりすることがあるので、
フォルダの編集はメインマシンだけで操作するのががいいみたい。

同期データがおかしくなってしまった場合はクラウド上の同期データを
全て削除してから修正すれば正常化します。(実際に経験した。)

なお、すべての情報を同期すると銀行サイトなどのログインIDだけでなく
パスワードも同期の対象になるのでパスワードだけは同期の対象から外しました。
そうしないと、もしグーグルのIDとパスワードがハッキングされたら
ブラウザでできるすべての操作が乗っ取られてしまいます。

ADBLOCK.JPG拡張機能でYouTubeの動画にかぶさる広告を
出さないという機能は素晴らしい。

音楽を流すだけでも再生前に動画広告が始まり
数秒間は消せなかったので、これがなくなるというのは、
目障りなものが消えただけでなく、☓マークをクリックするまでの
待ち時間と手間の節約効果が大きく、YouTubeがストレスフリーになりました。
posted by DIY建築士 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

GoogleのChrome(クローム)

chrome.JPG2年ほど前からブラウザにOpera(オペラ)を使っており、
これはとても快適で安全なブラウザでした。

しかし最近になってキチンと表示しないサイトが少しずつ増えています。
画像を一部表示せずに代替テキストでの表示になります。
そしてレイアウトが崩れた表示になります。
傾向としてログインが必要なサイトがそうなります。

具体的にはネット銀行のログインサイトやソフトバンクのログインサイトです。
代替テキスト表示でクリックすべき部分が分かるため、そのまま使用してましたが
快適性に欠ける上、全体的な表示速度も優位性が失われてきたように感じます。

以前にOperaはバージョンアップすると使い勝手が悪くなるという情報を見たので
12.17からバージョンアップをしておらず、それが原因なのかもしれません。

軽くて速くて快適な上、ユーザーの少ないブラウザなのでセキュリティ的にも
安心度が高かったのですが、将来性を考えると圧倒的なシェアの低さから
対応しないサイトが増えそうなので、IE以外のブラウザを試しておこうと思い
グーグル製のChromeを代替ブラウザとして使ってみることにしました。

とりあえずブックマークをインポートして通常使用できる環境を構築中ですが、
全体の動きを通して表示速度や切り替えのレスポンスなどはとても軽快です。
回線のスピードテストをしてみるとOperaで測定するよりもなぜか1割ほど速い。

ただしブックマークを固定したままで順番にサイトを表示するといった
閲覧操作ができないらしい。
Operaでこれに慣れていたので、かなり違和感があるもののブックマークの
固定表示領域がなくなるため全面で表示するため文字が大きく見やすいかも。
最近は字の表示サイズを大きくしたいと感じていたのでこれは逆にメリットかも。

当面は慣れるためにChromeで試行錯誤の日々になると思います。
よく考えたら、毎日Googleのニュースサイトを新聞がわりにしているし、
Google検索はよく使うし、Gmailも使っているのでなじみやすいかも。

なお、Operaでとても便利だったマウスジェスチャー機能は
拡張機能でインストールできました。
これも動きはOpera同様にスパッと切り替わり快適です。

Chromeを標準ブラウザにするならChromeBookというブラウザしかない
モバイルPCも視野に入ってくるかも。
posted by DIY建築士 at 10:04| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

格安SIMでカーナビは?

P1220363.JPGメールやWEBの閲覧では格安SIMの250kbpsで
支障なく使えることがわかりましたが、
カーナビはどうなのか試してみました。

カーナビアプリはユーザーの評判を見て
Yahoo!カーナビ(無料)をインストール。
これは地図データをアプリに入れてないのでとても軽いアプリです。

アプリ起動後の現在位置の地図の読み込みやスクロール時には
数秒かかるものの、その後は案内開始後も全く問題なく
音声案内のタイミングにも不自然さはありませんでした。

一人での運転時はiPad miniの画面は見ないので音声だけで利用します。
曲がる手前の音声案内で交差点名を読み上げることには驚きました。

カーナビの画面をちょっと見たら次の曲がる位置まで
10m刻みでカウントダウン表示している!恐るべしGPSの精度。

渋滞とかがあるとVICS情報を織り込んでルート検索をするので
現在渋滞している道路が赤く表示されて迂回するルートを案内します。
先日初めてVICS機能を体験しました。

ルート表示後に画面を見ながらこっちの道を通るとどうなの?
と経由地としてタップするだけで即座に新ルートを表示する
Yahoo!カーナビの使い勝手の良さにもちょっと感動。
それも全て低速回線のままで問題なく機能している。
音声での目的地の検索も問題なし。

結論として250kbpsの速度でカーナビは利用可能です。
これなら車載のカーナビはいらないと感じます。

SIMの通信速度制限の解除が必要な場面はまだありません。
posted by DIY建築士 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

iPad miniに格安SIM

CIMG7867.JPGiPad miniにDTIのSIM(月額504円)をセットして
1か月半が経過しました。
自宅ではWi-Fi接続のため、
速度の影響を受けるのは外出時だけです。

使用開始後の1か月は外出時に積極的に使ってみました。
でも週に1日程度しか外出しないので使う時間は少ないです。

標準のスピードは250kbpsなので、速度不足時に制限解除できるように
スピード制限なしで使えるチャージ(100MB/270円税込)をしておきました。
アプリで切り替えれば即時に速度解除が行われます。

結果としては制限解除を必要とする事態は起きませんでした。
私の利用方法では回線速度は250kbpsのままで不満なく使用できることが判明。

メールは数秒待てば数日分でもまとめてダウンロードするし、
画像の多いWEBサイトの表示も数秒の待ち時間はあるものの
ストレスになるほどではありません。
ニュースサイトもヤフオクも結構サクサク表示します。
Amazonサイトで買い物をしても通信速度による違和感なし。

もしかしたら、ほんの数秒の待ち時間は通信料金が504円/月という
意識があるから気にならないのかもしれません。

なお、速度制限解除のチャージは使われず残りましたが
有効期限が6か月あるのでとりあえず放置です。
posted by DIY建築士 at 12:42| Comment(4) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

モバイル回線のタブレット端末

先日無線LANルーターのファームウェア―の
バージョンアップをしたところ処理中にルーターがダウン!

パソコンから無線LAN親機の認識すらできない状況に・・・。
AOSSでの自動認識も作動せず・・・。
ネットにつながらないので対処方法の検索ができない・・・。
これはかなりまずい状況でした。

寝る前だったのに2時間も格闘し、最終的にルーターを初期状態に
リセットし、ノートパソコンで親機を認識して復旧させることに成功。

復旧後に再度ファームウェア―をダウンロードしようとしたら
先ほど障害を起こしたバージョンがなんと削除され、なくなっている?
使ってはいけない失敗バージョンだったに違いありません。
数週間前にダウンロードしておいたので知らずに使ってしまいました。

こういうことがあるのでファームウェアなどは更新するその場で
最新のものをダウンロードするのがいいみたいです。

そのときにネット通信障害に対する対策の必要性強く感じました。
バックアップのネット回線がないと、現在使用している回線で
障害が起きたら、かなりのことができなくなるということ。
暮らしがネット回線に大きく依存していることを改めて認識。

家族で誰もスマホを持っていないので代替手段がありません。
ガラケーはネットに繋がるもののパケ放題などの契約はしていないので
パケット通信を使ったら課金が大変なことになります。

そこで対策としてモバイル回線のSIMを利用できるタブレット端末を
用意して無線ルーターの親機として使えるようにしました。
テザリングという機能で複数台のパソコンやタブレットが使えるようです。

どの端末にするか悩みましたが、結局iPad miniのSIMフリーモデルに決定。
通信回線は格安SIMのDTIを利用してDocomoのLTEか3Gを利用できます。
通信速度は低速で250kbpsですが使い放題で月額505円(税込)。

P1220172.JPGこの速度ではどのくらいイライラするのか
試すため、普段閲覧しているWEBサイトを
表示させてみたところ、ほぼストレスなし。
なんだ結構速いではないかというのが実感です。

速度が必要なときは追加料金で
いつでも高速回線化できますが、移動中にYoutubeなどの
動画を見るようなことでもなければ使う必要なし。
自宅ではWi-Fiで接続するので動画も各種ダウンロードも問題ありません。

これで無線ルーターや回線障害に対するバックアップができたと同時に、
モバイル通信のタブレットを持ち歩けるのでちょっと便利になりました。
電子書籍が読めるので出張時はかなり便利になるかもしれません。
posted by DIY建築士 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする